アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』

全12話視聴完了。

凄い。第1話で心を鷲掴まれた。それもOP。ただそれだけで。今まで『少年ハリウッド』『ツキウタTHE ANIMATION』『スタミュ』など、数多くのイケメンアイドルグループをモチーフとしたアニメを観て来たけれども、OPを観ただけでここまで夢中にさせられた事はなかった。凄い。

まぁ、ストーリーとしては、主人公であるガンダーラミュージックの新人A&Rである少女、澄空つばさは3グループ10人で構成されるアイドルユニット「B-PROJECT」の担当となる。つばさは癖のあるメンバーに翻弄されながら、彼らと共にアイドルとしての道を駆け上がろうとする。と、特に取り立ててどうこうということなく、アイドル格好良い日常物的な感じ。

第1話のOPはテレビ番組のリハーサルという設定だった。キラキラと歌って踊るイケメンたち。最後、びしっとポーズを決めた彼らの息遣い。必死で踊っていたというのが伝わってくる。多少、やり過ぎ感を感じないこともなかったが、それでも、アイドル男子に求める物が全て詰め込まれていた。ちょいダサいお衣装。わかりやすい歌とダンス。様々なタイプのイケメンたち。頑張る若いイケメン。たくさんのイケメン。イケメンやばいよ。イケメンわっほいだよ。笑ってしまったけれどね。

更に、第1話では「キタコレ」の新曲レコーディングがあり、温厚王子様的リーダーの北門とおかっぱ頭の小悪魔女の子的ビジュアルの是国の歌声がキラキラしている映像で流れるの、本当によかった。ガムのCMかよという感じでキラキラが出ていた。わかりやすくて、個人的には凄く好き。

主に第3話までで其々のグループ紹介。第4話目で一区切り、ライブイベント。その後は各々のキャラクターをピックアップしている感じ。でもって、最後はドーム公演目指して頑張るよ。と、いう流れで、10人もアイドルいても覚えきれないよという自分にはとても観易かった。

ただ、主人公つばさちゃん、ガンダーラミュージックの社長にレコードを売っていただけの素人ではあったものの、その耳を買われてA&Rという肩書きで入社し、B-PROJECTを担当するのだが、なんだろう。A&BってArtists and Repertoire(アーティスト・アンド・レパートリー)の略で、アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当する役割らしいのだが、主にマネージャーとどう違うのかな。『アイマス』だとプロデューサーさんだよね。あえてA&Bと耳慣れない言葉を使うことで特別感が必要だったのかな。でもあまり必要性がなかったかのように思える。人数か少ない会社だから余計にね。

さらに、最終話では「B-PROJECT」がハイエッジレコードへ電撃移籍することをテレビのニュースにて知ったつばさとメンバー。事情を聞くために連絡のつかない、ガンダーラミュージックの取締役である夜叉丸の居場所を探す。メンバーはとても夜叉丸を信頼していたが、夜叉丸はつばさの父への復讐のために「B-PROJECT」を立ち上げたことを語る。一方で決定していた念願のドーム公演が中止の危機とか。もう、最後の最後でストーリーは破綻していたよ。ちょっと、もう今まで突っ込み所がないわけではなかったけれど、ここに来て、流石に無理だったわ。普通にドーム公演大成功で終わってくれたら多分、良かったね。頑張ったねと、泣けていたはずなのに。

それにしても、記憶障害に女装に霊感に呪いどうこうに、無人島漂流に。この辺のお話しってテンプレでもあるのかな。ただ、急に放り込まれるファンタスティックなストーリーも良い具合にリアリティがあって受け入れ易かった気がする。特に刀のツバに宿った攘夷志士の怨霊に狙われたピンクのおかっぱヘアの音済百太郎君。霊感あるんだよねと、普通に話しを続ける眼鏡の二次元好きの釈村帝人に、ありえないと突っ込む黒髪ロックな金城剛士が良かったなと。更に、第7話では撮影中に万病に効くという薬草「醍醐草」の存在を知った、不治の病を患うけれど明るく元気で食いしん坊、緑なロングヘアの王茶利暉。ロケに薬を忘れた彼に、彼の病を気遣う、個人的に一番好きだった色黒好青年な野目龍広がその薬草を取りに行くのだが、最終的にそれがヨモギという落ちだったり。ヨモギ、確かに万能。個人的にはドクダミの次に凄い薬草だと思っているよ。なんか、そんな感じでリアルとファンタスティックなバンランスが良かったように思える。だからこその最終話の意味のわからなさが残念でならない。

まぁ、色々思うところはある物の、やたらと脱ぐ作品だったなと。もう、脱がれちゃったら何も言えないよと。つい画面、見ちゃうよ。仕方ないよ。肌色が画面に多いと、大丈夫なのか不安になる。『ヴァルキリードライヴ マーメイド』みたいに光が入らないし。

第4話まででよかった。でもって、西川貴教が総合プロデュースなのね。曲がとても良かったなと。ここまで、ストーリーがいらないと思うアニメも中々ないよ。「B-PROJECT」の歌っている映像だけ繰り返し見たかったと思った。

総評として中の中。

 

 

 

無敵*デンジャラス(初回生産限定盤)

無敵*デンジャラス(初回生産限定盤)