読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

2016年悪印象だったアニメ10。

アニメ(その他)

アニメってもう絵が動いている。それだけで素晴らしい物だと考えるのです。一つの作品には大勢の人が関わり、大勢の人の手で作られている。それはもう『SHIROBAKO』『それが声優!』でも描かれている通りで、それでもって私個人が楽しめる楽しめないとは関係なく、個人的にこの作品はちょっと…と思うことがあっても、それを好きな人、面白いと思う人は必ず何処かに存在し、決してそれらを否定する意図はこの記事ないと予め書いておこうかと思う。

世の中には数多くのアニメが存在し、私自身、日々、それらを消化する日々を送っているわけだが、勿論、それらを全て心から楽しんでいるというわけではない。逆に不快感、嫌悪感などを感じる事もあるのは事実だ。だが、それでもその作品を見続けているのは、ラスト間際に急に面白くなるのではなかろうかという期待感も勿論あるのだが、それ以上に、不快感や嫌悪感がある作品こそが貴重だと考えるからだ。

私の思う一番よろしくないアニメとは、何の印象にも残らず忘れ去っていく作品である。だから、2016年に私が観た作品の中で、途中眉を顰めながらも最後まで視聴を続けたアニメ。今、この年末に思い返して「嗚呼、アレね」などと思い出せるアニメ。そういった作品をあえてランキングしてみた。

評判が良かったり、面白かったアニメはいくらでも見返したり話題にする機会がある。だが、一方で不快感や嫌悪感などがある作品を振り返ることは少ない。だが、そこまで感情を動かされる作品というものは自分の中に確かに残る。「2016年悪印象だったアニメランキング」というと言葉は悪いが、私はこれらの作品を決して嫌いではない。

 

第1位 『あんハピ♪

もうここまで来ると下手に面白いアニメよか印象深いね。幸福度という格差社会。幸福度による差別意識。それを意図的に作っているという、もう、何とも言えないもやっと感を常に感じる作品だった。もうここまでくると凄いなと。

 

第2位 『パンでPeace!

突っ込み所満載過ぎて、もう、本当に細かく見てしまった。パンが重要なのに、パンに付いて詳しくなさそう。色々と爪が甘い、甘過ぎる作品。


第3位 『初恋モンスター

改めて顔の良し悪しでなく、馬鹿な男ってイラっとすると再確認。小学生だから仕方がないのかもしれないが、小学生だからと馬鹿にしている気がするのは自分の気のせいではないと思う。更に馬鹿な女子高生もイラっとした。同じ小学生男子と女子高生の恋でも『オトナになる方法/山田南平』はとても楽しめたのに。

オトナになる方法 (第1巻) (白泉社文庫)

オトナになる方法 (第1巻) (白泉社文庫)

 

 

第4位 『うさかめ

兎に角、よくわからなかった。絵が水彩っぽいふわっとした感じで、内容もそんなふわっとした感じで、ただそんな作品があったというだけが頭に残る。

 

第5位 『ゴットイーター』

内容としては悪くはなかったはずなのに、総集編や特番が凄く多かったなという印象ばかりが残る。壮大なゲームCMだったのかもしれない。


第6位 『銀魂

面白かったよ。面白かったのだけれど、最後はなんだか込み入りすぎて内容が破綻している気がしてならない。凄く面白かったはずなのに。はず。


第7位 『ゆるゆり さん☆ハイ』

本当に、タイトル「ゆるゆり」なのに「ガチゆり」じゃんに尽きる。毒にも薬にもならない感じだったのに、それだけ頭に残ってしまった。

 


第8位 『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件

OPの異様に印象に残る感じと、ゲッツという黄色が頭の中をちらつく。特にOP。今年、一番自分の頭の中でリピートされた。怖い。


第9位 『私がモテてどうすんだ

年末ギリギリのランクイン。寧ろ第一話を観てこのランキングに入れるべきと昨日一気観したよ。痩せたら美人神話と腐女子の表層を浚った感じ、主人公のビッチっぷり。自分は同じ腐女子なら『腐女子のつづ井さん』さんが好きだし、同じ男を侍らすなら叶姉妹を愛している。

腐女子のつづ井さん (MF comicessay)

腐女子のつづ井さん (MF comicessay)

 

 

fabulous beauty “kyoko kano”/ファビュラス ビューティ (DVD付) (GLAMOROUS BOOKS)

fabulous beauty “kyoko kano”/ファビュラス ビューティ (DVD付) (GLAMOROUS BOOKS)

 

 

第10位 『甘々と稲妻

面白かったよ。面白かったけれども、どうにも枠組みや設定だけが先に出来上がって、中身が付いて行かない気がしてならない。グルメ系好きとしては、ここまで作者の趣向のでない料理レシピは珍しいなと。観易くもあったけれど、薄っぺらくも感じてしまう。


 

 

今年もたくさんのアニメを観たなと。ここに感想を書いていない作品や、アニメ映画、更に『名探偵コナン』や『ヒミツのここたま』などまだまだシリーズが続いている作品を含めると、本当に我ながらどうかと思う。それでもまだHDの中にはまだ観ていないアニメが容量を圧迫しており、本当にたくさんのアニメが毎期毎期放送されているなと新番組予約表が作られる度にびっくりする。

だが、まだ観ぬ面白いアニメがあるかもしれない。すでに放送された物もこれから放送された物も、もう、そんな出会いが楽しみでならない。また、時間があったら面白かったランキングも作りたいと思う。