アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『Bloodivores』

全12話視聴完了。

中国アニメブランド「HAOLINERS」の作品。

もう、中国作品を見る上で重要なのは「家族」「一族」「兄弟」といった血の繋がりの概念が濃いということ。なんとなく違和感を感じる。それと、目上の人にきちんとしがち。これは個人的に凄く好感の持てるところなのだが、粋がっていても自分より上の人には敬語を使う。良いね。『一人之下the outcast『一人之下 the outcast』 - アニメ視聴否忘失録』や『霊剣山

『霊剣山 星屑たちの宴』 - アニメ視聴否忘失録を観ている時から、嗚呼、見始めるまで中国作品と知らなくても、こういった所で特長が出るのだなと思ったよ。まぁ、ハリウッド映画を観ていてアメリカ人のギャグセンスは心から理解できないし、わかりあえないと思う事と同じでもあるのだけれど。

ストーリーとしては、かつて「不眠症」が世界を襲い、それにより精神が病み自殺や凶悪犯罪が蔓延していた。それを収めるために新薬が開発されるも、その副作用により「嗜血種」と呼ばれる吸血人種が生み出されてしまった。そして人類と嗜血種の間に喧騒が勃発。人類が勝利し、「国安部特管局」を新設して嗜血種を管理下に置いた。表面上は人類と嗜血種の平和的共存を営んでいるも、首輪によって異常を発すると居場所が察知され殺されるか捕まる嗜血種。そんな世界で、主人公のミリュウは人類と嗜血種の間に生まれた平和の象徴とされた子であったが、銀行襲撃事件の主犯格として逮捕、拘置され、特殊刑務所に送られることとなった。しかし、その護送中、何者かによって襲われ、目が覚めると謎の施設に収容されており、モンスターに襲われる。

まぁ、前半は面白かったよ。いきありミリュウとヒロインである地味目だけれど巨乳な少女、アンジとのカーチェイス。何が始まるのだろうという期待感があった。何か大きな力の策略でやってもいない殺人の罪を着せられ、死刑を宣告され、これは無実を証明するために戦う物語なのかしら。脱獄する物語なのかしらと、思っていた所の、謎の施設と怪物。予想外。そしていきなりのファンタジー。惹き込まれるよね。惹き込まれたけれど、もう、ミリュウがアンジを連れて移動をし、アンジが死んで生き返るあたりからもうよくわからなくなった。ミリュウは結局何のために、まぁ、生きるためなのだろうけれど、戦っているのかな。ヤヤといういきなり出て来た少女は何なのかなとか。チェンフォンはいつまで裸なのだろう。なんかヒロインの当馬のようなチョウイフェンと画面で並ぶと、もう、この2人だけ異様だよ。服、着たら良いのに。と、なんだかよくわからなくなってしまったよ。結局、最終回まで見ても根本的なことは何も解決しなかったし。謎に継ぐ謎過ぎて、謎だなという印象のまま終わってしまった。続編、作るつもりの作品なのだろうなと。作中、「一方その頃」という表現が多くて、余計によくわからなくなったよ。

総評としては中の下。OPは中国語なのかな。格好良かった。好き。

 

 

 

広告を非表示にする