読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

『けものフレンズ』

全12話視聴完了。

個人的に、なんか、タイムラインがこれで埋まり過ぎていて、そういうの、よくないと思っていたのだけれど、それだけでお腹がいっぱいダヨ。リアルタイムで乗れなかった分、尚更ダヨ。なんか、なんだか、それを呟いていらっしゃる方々がこのアニメを好きな感じとかちょっとわかっちゃう感じが、なんか、なんだかな、そうダヨネと。良かったは良かった。楽しかったよ。ほら、女児向けって感じ。自分、一番好きなアニメとか『アイカツ』だから。『ヒミツのここたま』とか毎週観ているし、『ジュエルペット』も『プリキュア』もお気に入り。もう、いつ通報されていても可笑しくない感じに拗らせているから。だから『アイカツ』の誰も悪い人が出て来ない、穿った見方をしないでも、真っ直ぐに生きて行ける。そこにネタに走らない『プリパラ』的オトナ受け感を突っ込んで、更に動物というある種のマニアックさを加えられたというか。でもって追加すると、絵は綺麗さを追い求めたらキリがないけれども、それでも、想像の余地を残させる拙さとかの方が良かったりする場合があるよね。ほら、エロ漫画、綺麗なのも良いけれど、フェティズムを追求すると、綺麗さでないというか。特に例に挙げちゃうとどこからそれ出したたの? そういう趣味なの?? となりそうで、本棚の奥に隠しておくけれど。面白かった。楽しめたよ。『きらりんレボシューション』とか思い出した。きらりん、凄く好きだった。可愛かった。実際に映像を見ていた時も脳内でかなり可愛く変換されていたなと。勿論、あれから3D技術はかなり進化したのだけれどもね。

トーリーとしては、この世界の何処かに作られた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこではサンドスターという謎の物質により、「アニマルガール」と萌え擬人化された野生動物たち。ある日、そんなパークに迷子の姿。かばんちゃん。かばんちゃんは自分が何の動物か調べるために、サーバルちゃんと図書館を目指す旅に出る。でもって、いなくなってしまった人間を探す旅にと、他のアニマルガールちゃんたちと出会ったり、仲良くなったりの大冒険。セルリアンという敵がいたり。でもって、ジャパリパークは何かのテーマパークの廃墟だったり。最終話でテーマパークが復活していたり。なんだか謎が多かった。

何も考えずに可愛い楽しいと観ている分には良いのだけれど、考察しようとしたり、考察的な感じのツイードでタイムラインが埋まると、本当にお腹いっぱいになる。そんな感じ。

総評としては中の下。先日、これとは関係なく上野動物園に行ったのだけれど、久々に動物見ると大きくてびっくりするね。パンダってやっぱり可愛いね。凄く可愛い。おっさんっぽさが良いね。

 

 

ぼくのフレンド

ぼくのフレンド