アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』

全12話視聴完了。本編と平行した時間経過で他の側面から見られるって、なんだか新鮮だった。間が空いたから余計に、嗚呼、こんな感じだったとか。

面白かったよ。第1話を見た時は、前作の記憶がヘスティア様のロリ巨乳パッツン前髪ビジュアル好きだな。そして主人公の性格が可愛くて仕方がなかったなとか。

sobraniepinks.hatenablog.com

まぁ、今回はロキ・ファミリアを舞台に、剣姫アイズ・ヴァレンシュタインを中心に話しが進む。人間味の少ない彼女の思考がこういう流れでベル君を思い、修行をして、と。なんだか主人公だったキャラクターを客観視する、でも、そのキャラ中心ではなく、というのが印象的だったな。そして、今回の見所はベル君と同様もアイズの強さに憧れるレフィーヤというエルフの少女の視点で動くという。更なる客観視。そして、少女特有の百合的健全さ。それはアイズの性格もあるのだろうが、ラノベ特有のハーレム的や強引な露出的展開が感じられないというのが、今回、外伝の特筆すべきことだったかなと。本編はヘスティア様がうざ可愛くて、そんなこんなでもなかったかれど。主人公が少女目線って、あまりないなと思ったり。あまりラノベ自体を読むことが少ないせいかもしれないけれど。

始まった当初はキャラクターが多くて、僅かな前作の記憶しかなかったため、これ、誰だっけ。覚えきれないよ。と。もう、全然楽しめる気がしなかったけれど、面白かった。いつの間にか、嗚呼、狼耳の嫌な奴なイケメンなベートも憎めないじゃんとか。ロキ様の糸目もなかなか味わい深いな。そして腹筋が好き。腹のラインと衣装のバランスが凄く好きだと。これはストーリーというよりも、本当にキャラが魅力的な作品だよなと。

総評としては中の中。前作見返したい。そして続編はできるのかな。これからアイズの人生とベル君の人生がどう交差するのか見たい。