アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『文豪ストレイドッグス』

全24話視聴完了。

文豪のイケメン擬人化。衝撃だったよ。もう、漫画が話題になった時から、頭の中が??? でしたよ。文豪ってヒトだよね。擬人化ってヒト化させることだよね。ね。私の中に既に存在している漱石先生や芥川とか中原中也とか、マークトゥエインとかモンゴメリとか、あの、『細雪』が好きで好きで仕方がなかった谷崎潤一郎先生とか。もう、どうしたら良いの。話題性なの? で、どうなの?? と、漫画読んだよね。出落ちだと思って読んだのよ。まぁ、面白い。アクション。キャラ数多いけれど、既に知った文豪たちの名なので、するすると頭に入ってくるのですぐにストーリーにおいてけぼりになる自分でもわかりやすく楽しめるなと。

そこからのアニメですよ。アニメ。イケメン化? イケメン良いよね。イケメンアクションめっちゃ格好良い。素敵。と、なりました。イケメンパワー凄い。流石です。イケメンって最強で最高です。

ただ、一つだけ、個人的にとても残念だったのは、太宰と芥川の関係性。なんか、逆のイメージだったよ。これはあえて何か意味があるのかなとか。それにしてもしっくりこない。この2人が重要なキーパーソンなだけに、凄く気になってしまった。

まあ、芥川の「羅生門」連発が凄く面白かった。めっちゃツボった。良かった。

もう一つ。今、『文豪とアルケミスト』を進められているのだが、いくら富を積めば文豪を養えるのかわからない。居を構えるために。結婚するので。体調が良くないので軽井沢辺りで療養するので。までは、良くないけれど良いとしても外遊に行きたいとか言われたら、もう、どうして良いかわからないよと。事ある事に金を無心する手紙が届くのでしょと。まぁ、ソシャゲ自体やらないのでよくわからないのだけれど。前に、海賊イケメンとのお付き合いに夢中になっている時は、上に「キス大特価」の広告に目眩がして別れを告げて以来、怖くてできないよ。

 総評としては中の上。兎に角、格好良い。

 

文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース)
 
細雪 (上) (新潮文庫)

細雪 (上) (新潮文庫)