アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『潔癖男子!青山くん』

全12話+第1話応援上映に第8話のオーディオコメンタリーも視聴完了。

ちょっと青山君、病院案件ではないですかね。完全に精神的疾患で日常生活に支障をきたしているので、専門医の診断を受けた方が生き易くなると思うよ。そして、青山君が潔癖症であることをわかっているのにも関わらず、勝手にタオルのにおいを嗅いだり、ロッカー開けたり、抱き付こうとしたり、これって虐められているのでわなかろうか。凄く嫌だし、やる方も最低だよねと。

個人的に凄く苛々してしまった。よく最後まで見たよと、思う。ストーリーは青山君は潔癖症の男子高校生で、サッカー部のエース。汚れることが嫌いなのに、サッカーは好き。弱小サッカー部に所属しているが、青山君はサッカー上手くて全国大会に出ちゃうレベルだよ。青山君大人気でモテモテでキャーキャー言われているよ。それだけの青春コメディーなのだが、男子高校生の馬鹿なじゃれ合いというか、嗚呼、駄目だった。個人的に相性が悪い。演出が完全に滑っているように思えてしまう。あのレトロなEDも最初は良いけれど何度も聞かされると寒いなと。ストーリーも大半が1話の最後にちょっと音楽かけて格好良い感じでまとめれば良いような、嫌、言っていること普通のことだから。最終話の青山君がどこか行っちゃうかもも本人の自由でしかないし、財前さんの母親の件も、勝手に周りが創造して本人と話すとか聞くということをせず独りよがりで話しが進んで行って、気持ち悪い。

一番駄目だったのは、第10話の謎の多い青山君の家を突き止めようと、部員たちが尾行し、ある民家に入っていく青山君。インターホンを鳴らしたら出て来ないよと、勝手にドアを開け進入する財前さんたち。不法侵入ですよ、それ。ギャグということで許される範囲を超えて、と言うか、最初から笑えない。更にその家は別の人の家で、そこで食事をし、ごろごろ寛いで寝るとか、どれだけ厚かましいの、彼らと。どん引きだよ。でもって、その家の主である幼馴染のサッカー選手である伊吹君と、幼馴染の梢ちゃんの食事エピソードとか、酷いにも程がある。梢ちゃんと伊吹君のサッカーシーンとか、良い話風にしているけれど、馬鹿だろうと。好意に無頓着な感じが無理。

でもって第4話の青山君のクラスメイトの成田君が実は潔癖症を我慢していてという話しも、同じクラスメイトの不潔な女子がとか、体操服泥棒の濡れ衣を着せられてとか、こいつら自分のことばかりで相手がどう思うとか考えないのかな。学校とか教室とか閉鎖空間が自分たちの常識を形作って視野を狭くしているとか気付きもしないのかなとか。嗚呼、本当に駄目だ。話し合いもできない。思い込みで動く。本当に受け入れ難い。

そもそも、青山君の潔癖症は不特定多数の使うトイレ掃除をしてまで、自分が綺麗な空間でいたいという、何と言うか、イメージで作った安易な潔癖症な気がして矛盾が所々に生まれるため、薄っぺらいなと。いや、本当に笑いに消化できない、安易さがいっぱいなのと、お前も自分の意思とか考えとか言えよ。少しは上手くやろうとか思えや。何でそんな青山君がもてるとか、どれだけイケメン設定なのだよ。絵から伝わらないよと。因みに漫画も1巻のみ読んだが、同じ感想だったな。

総評としては下の上。久々に個人的に完全に駄目だわというアニメ。好きな人には申し訳ないが、最後まで見るなよと思うほど、苛々してしまった。