アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『RWBY Volume 1-3: The Beginning』

アメリカのアニメ。Volume 1からVolume 3までの日本語吹き替え版を特別編集したバージョン全13話視聴完了。

ちょっと前まで、個人的に海外アニメが苦手で観られなかった。絵もキャラクターもストーリー構成も全然慣れないと。だけれども、このRWBYはなんだか凄く可愛い。絵も萌系に寄っているというか。3Dアニメも『亜人』やら『正解するカド』なんかで見慣れたせいかな。ただ、どうしても色数が少なくのっぺりした印象はある。また、キャラクターの骨格がしっかりしているというか、肩幅が広いというか。そしてテンションが全然違う。海外ドラマを見ていても網のだけれども、個人主義と言いますか、我が強いというか、ダンスパーティーとか踊れなくて仕方ないよと思ってしまうというか。それが面白かったりもするのだけれどもね。

ストーリーとしては、科学と魔法が同居する世界「レムナント」には、人類や獣人、動物、そして「グリム」と呼ばれるモンスターが存在した。そして、暮らしを脅かすグリムを討伐したり、治安の維持をする「ハンター」により世界は守られていた。主人公の赤頭巾をモチーフにした少女、ルビー・ローズはひょんなことからハンター養成学校「ビーコン・アカデミー」に飛び級で姉と共に入学することになる。そこで出会う仲間達と一緒にプロのハンターを目指す。

ストーリーの全体としてはわかり易いのだが、細々色々あって展開が凄く速い。テンポ良くぽんぽん進んで行く。キャラ数も少なくないので、ちょっとでも目を離すとわからなくなるが、アクションも良くて、音楽も個人的に英語の歌が流れるとなんか格好良いとなるので、つい夢中になってしまった。面白かった。

また、グリム童話をモチーフにしたルビーの衣装が凄く可愛い。単色なのが余計に映えるというか。好き。お姉ちゃんヤン・シャオロンの黄色いのも良かった。

最終的に、俺たちの旅はこれから始まるオチ。その絶望の先にあるものは。「これは終わりの始まりだ」とのことだが、まぁ、まだ本編ノーカット版が続いているのかな。仕方ないね。

総評として中の上。

youtu.be