アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『鬼灯の冷徹』

第2期13話視聴完了。

第1期放送時はまだブログ初めていなかったのだなと。

安定安心の単話で楽しめる地獄を舞台にしたコメディアニメ。また、キャラクターも魅力的で、主人公である鬼灯様はどこか頼りない閻魔大王の第一補佐官として、亡者への呵責や極卒たちの指導と、多能な日々を送っている。また、鬼灯と犬猿の仲である中国の神獣、白澤。御伽噺で有名な桃太郎に、そのお供のシロ。かちかち山の兎、芥子さん。座敷童の一子と二子に、アイドルのマキ、ミキちゃん。新米極卒の唐瓜に茄子。それに、金魚草など。騒がしくも楽しい地獄の日常。

単なるコメディではなく、地獄や死後の世界をネタ元としているため、繰り返し見ても楽しめるだけの奥深さがあるなと思う。

そして最終話。12月30日とか特番でアニメ放送するとは思わなかったよ。基本、録画で見ているのだけれども、たまたまテレビ点けたら放送中で、それも忘年会のシーンで、嗚呼、年末だな。良いなと。

総評として中の上。オープニングの「地獄の沙汰も君次第」が印象的。来春に第2期後半も放送決定で、楽しみ。