アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

全24話視聴完了。

王道ファンタジーラブストーリー。絵が綺麗。動きが良い。とてもクオリティーが高いアニメ。全体として凄く安定していて、映画でも観ていたかのような感覚で、24話と長いのにあっという間だった。本当に、3時間位で終ってしまったかのような。まるでお手本のような作品だったなと。面白かった。良い物を観たなと、満足感が半端なかった。

アニメ自体はソーシャルゲームが原作で、2014年に放送した『神撃のバハムート GENESIS』の10年後。第2期とのことなのだが、多分、観ていたとは思うが定かではないものの、特に第1期もゲームも知らずとも問題はなかった。

舞台となるのは、「人」「神」「魔」あらゆる種族が入り混じる神秘の世界ミスタルシア。世界を崩壊しかけたバハムートの復活と封印。それから10年。人間の王は神の神殿を襲い消え行く信仰心により力を失った神と、魔の国を攻め落とし王都の糧として奴隷となる魔により、世界の復興と更なる発展させて世界の均等を崩してきた。それぞれの正義が交錯し、ぎりぎりの所で成り立った世界。

主人公の少女は人間と竜のハーフで天真爛漫で元気なみんなに好かれるピンク髪のニーナ。恋に恋する彼女は若い男性に近付くとドキドキして赤い竜に変身してしまう。そんな彼女と、街に変装して紛れた目的の為には手段を厭わない冷酷な人の王であるシャリオス17世。偶然出会った二人に芽生える恋に、それを許さぬ王としての立場と目的。純粋なニーナは色々あって竜であることを利用されそうになったり、悪魔と組んだり、神の国に行ったり、それでも王の真の目的、バハムート討伐を一緒に、王の抱える物を一緒に背負うと。

本当に、物語としては古典的王道であったと思う。主人公である魅力的な女の子に王子様とのシンデレラストーリー。だけれども、ただ王子様を待つだけでない、自発的に動く女の子。でもって、女の子の周りには力強い仲間達。居候先の神であるバッカスにアヒルで神のハンザ。師匠であるアフロのファバロ。悪魔であるアザゼルアザゼルの横にいる少年でジャンヌダルクの息子であるムガロちゃん。ネクロマンサーで医者なリタ。真面目過ぎる騎士でリーゼントなカイザル。其々の持つ思惑に過去に立場に意思に。雑多なメンバーではあるが、其々同士が気持ちを通じ合わせたり、王の暴走を止めようと力を合わせたり。最終的にバハムートを倒すという王の真意の元に立つ。色々あったけれども、物語を動かすのは愚かな者の存在なのが、シェイクスピア的な。ムガロちゃんを殺したアレサンドというキーになる凡人。凡人で愚か者こそが、事の重要性をわかならいままに物語の重要な局面を作るのだなと。そして最後に残るのも愛で、代償を払った王とニーナはそれ以上の物を手に入れたように思える。

まぁ、色々浪漫ちっくで素敵な場面はあったけれども、あの街のお祭りでのダンスに、お城の舞踏会でのダンス。でもって最終回のダンス。どれも本当に素敵でため息がこぼれるが、それ以上にニーナが「ぎゅっとして」と王様に抱き付いた13話が凄く好きだった。抱き付くというよりも、飛び付くというか、しがみ付くというか、子供的な感じ。足癖の悪い、あの体制。凄く可愛い。最終回で竜になって王の元に行き、上空から全裸で飛びついたのも、良かった。天真爛漫な彼女のロマンチックなだけになりきれない感じは魅力的だったよ。

それと個人的に凄くツボだったのは、イケメンパラダイス。それも癖の強いイケメン。ヒロインはそうでもないのに、イケメンは睫バッサバサのキラッキラ。素敵。まずカイザルさんの、リーゼントという個性的な髪型でありながら、その目だけでなく歯までキラッと光りそうな爽やかイケメン。悪魔である癖のある中2病的イケメンなアザゼルさんつぶらな瞳でニーナに一番寄り添っていた師匠のファバロさんの兎に角優しくて思わずキュンってなっちゃう感じ。でもって、やっぱり王子様。完全に自分の趣向として街に出るのにしていたメガネと眼鏡とめがねが好き過ぎた。あのアラビアンなお衣装に眼鏡で、そのレンズの奥に隠されたバサバサの睫にやられたよ。めろめろきゅーだよ。そこで夢中になった後だったら、もうメガネがなくても好きに決まっているよ。仕方ないね。更には、あの第17話でニーナと思いを通じ合って素直になりかけた可愛い感じから、第19話の舞踏会での無表情なダンス。最後まで貫かれた何を考えているかわからないクールな感じ。格好良過ぎだろう。惚れない理由がないよ。様々な平凡でないイケメンパラダイス最高。良かった。

総評としては上の中。本当に、無茶苦茶バランスの良く安定した綺麗なアニメ。音楽も格好良いし、何一つ文句のない作品だった。面白かった。

youtu.be

第3弾のPVが一番好きだった。

youtu.be