アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『キリングバイツ』

全12th Bite視聴完了。

エロと暴力。そんな単純な少年漫画的なアニメ。尤も、エロと言いつつも、わかりやすいエロ記号であるパンツとかそんな子供騙しで、メインは戦闘ではあるのだけれども。

主人公は平凡で主体性がなくて流され易い男子大学生、野本裕也。謎の女子高生ヒトミと出会い、ヒトミが獣の姿になるのを目撃する。「獣闘士(プリート)」という人間の脳と獣の牙を持った存在。ヒトミは最強の闘争本能を秘めた「蜜獾(ラーテル)」であった。獣闘士たちは日本経済を支配してきた四大財閥に抱えられ、その代理人として決闘を行い、覇権を争ってきた。そして野本はヒトミと出会ったことで、「牙闘(キリングバイツ)」に参加することとなる。

十二大戦(『十二大戦』 - アニメ視聴否忘失録)』の大会での代理戦闘と、『テラフォーマーズ(『TERRA FORMARS』 - アニメ視聴否忘失録)』的な人間が他の生き物の能力を手に入れて戦うという感じと、目新しさは何もないものの、単純だからこそ見易さがあった。わかりやすいって大切だよね。

個人的に野本の性格が、徹底的に主体性がない。だから他人を信用する。その中で自分にできることをするという成長と。それが面白かったかな。ただ、ヒトミとの日常パートなどほとんどなかったはずなのに、ラストの方に思い出を振り返っていて、行間を読めってことか。何時の間にそんな仲良くなっていたのだろうとか。そんな後出しがありつつの、最終話で殺されて本当にびっくりしたよ。尤も、第二章に続くで、本当にヒトミに殺されたのではないであろう含みはあったが。

好きだったのは、大会の優勝者がウサギの稲葉ちゃん。可愛い。漁夫の利的な。そしてそれでも大丈夫的な。それも含めて色々予想外なストーリー展開で、単純でわかりやすいにも関わらず、面白かった。

総評としては中の中。

 

youtu.be

youtu.be

 

キリングバイツ1(ヒーローズコミックス)

キリングバイツ1(ヒーローズコミックス)