アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『殺戮の天使』

12話視聴完了。

最後まで追いかけきれなかった。テレビ放送分が12話までで、最終回と表記されていたので、まったく好みでないものの途中まで観てしまったからと惰性以外何物でもなく視聴を続けて、ようやく最終話だわと観ていたら、あれ? なんか引いているのにも関わらず何も終っていなくて、で、続きは「Amazonプライム」でって。でって。一体どういうことだよ。これが来春放送とかなら追い掛けていたかもしれないけれども、常々、続編は映画でとかにも言っていたれけども、同じ媒体でちゃんと完結させて欲しい。無理。メディアの壁を乗り越えて別の何かで見るほどの気力ってよっぽど面白かったり、好みであったりとか、何かないと無理だよ。

探索型ホラーゲーム原作とのことだけれども、観劇の演出を使った会話中心で進む脱出ゲームなのかな。中二病的要素が詰まっており、多分、はまったら凄い好きになるのだろうなと思う。中二病的ってすでに一周回って格好良いよね。素直にそう言っても許されるようになったよね。ラジオでその名前が出て来た頃から随分ニュアンス変わったよね。やっとそれがわかってきたよ。

自分を殺してくれと言う金髪少女、レイチェル。包帯に覆われ、死神のような鎌を持った殺人鬼ザック。一緒にここを出ることができたら殺してやるよという、約束の元に生まれた関係性と、絆。

多分、ゲームは面白いのだろうなと思う。キャラ同士の会話の掛け合い、もっとテンポが良かったら爽快で楽しめたのだろうなと思う。演出の問題か。

神の概念とか、ザックを神と呼び出したレイチェルとか、良かったよ。レイチェルの隠された秘密とか、気になるよ。気になるけれども、続きはネットでか。うん。そうだね。

総評としては中の下。原作ファン向けな気がする。

 

Kill me. please.

Kill me. please.

 
殺戮の天使 Vol.1 [Blu-ray]

殺戮の天使 Vol.1 [Blu-ray]

 
TVアニメ『殺戮の天使』OP/ED主題歌

TVアニメ『殺戮の天使』OP/ED主題歌