アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『裏世界ピクニック』

全12話視聴完了。

絶妙に怖くないラインのキャラクターデザインに、積み重ねられる不気味さ。そして面倒臭そうな性格。微妙な百合要素。誰も彼もメンがヘラってそうな性格。

ネット上で有名な怪談が実在する裏世界との入り口を偶然に見付け、迷い込んだ眼鏡女子大生の紙越空魚(そらを)。偶然に出会った金髪美少女仁科鳥子(とりこ)。現実と隣り合わせで謎だらけの世界。そこでいなくなった元家庭教師の冴月を探すため。非日常という、恐怖と魅力の詰まった裏世界。互いに意識し合う空魚と鳥子の曖昧な関係性から。二人の裏世界を探索するサバイバル。

「くねくね」「八尺様」「リゾートバイト」「きさらぎ駅」、怖いよね。怖いのは苦手なので、前に読んだのを思い出して怖くなったよ。アニメ自体はアクション重視で怪談とう風な作りではなかったけれども。特に、きさらぎ駅は、迷い込んで帰れなくなった米軍と出会って、『ゲート(『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 - アニメ視聴否忘失録)』みたいだなとちょっと嬉しくなったり。何処から持っていたという銃でガンガン打ったり。嗚呼、でも現実世界と異世界の狭間が曖昧なのは怖いなと思う。第10話で焼き肉を食べに行って異世界に行ってしまうのは、悲しいね。無事お肉食べられて良かったよ。焼き肉行きたい。

主人公の空魚と鳥子の二人の百合感。鳥子の元カノ的冴月の存在も加わって、単純に好き嫌い以外の感情に振り回される感じは、正直、個人的にはいらない要素だった。更に、この子、他人に相談する前にググれと思った空手の得意な瀬戸茜理ちゃんと、幼馴染の市川夏妃ちゃんとの関係も、なんだろう、この人たち、友達作るの下手そうとう勝手な暴言。同性の恋愛にどうのはないが、常に恋愛と友情を同列で混在し続けるのは大変そうだなと思ったり。その分、ロリっ子異世界研究者の謎の豪邸に住む小桜さんが癒しに感じた。

総評としては中の中。元ネタがわかって見た方が楽しい作品。

 

youtu.be