アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『戦闘員、派遣します!』

全12話視聴完了。
悪の組織と戦闘員という前書きで食わず嫌いしなくてよかった。バッタのヒーローとかキーキーわらわらする的とか、上手く楽しめないなと思っていたのだけれども、全く違っていた。原作が『この素晴らしい世界に祝福を!(『この素晴らしい世界に祝福を!2』 - アニメ視聴否忘失録)』と同じで、確かに同じ雰囲気。
地球上にある、自ら悪の組織と名乗りヒーローたちを倒し、世界征服を成し遂げようとする、秘密結社キサラギ。しかし世界征服を達してしまうと不要になりリストラとなるであろう大量の戦闘員たち。その問題を開設すべくキサラギの幹部たちは、地球によく似た別の惑星に、美少女型高性能アンドロイドのアリスと共に、戦闘員六号はスパイ活動を命じることとなる。こうして地球とよく似た別の惑星に強制転移されられた戦闘員六号とアリスは、グレイス王国の戦闘のプロとして雇われ、そこで知り合った近衛騎士団隊長のスノウ、戦闘用人造キメラのロゼ、邪神ゼナリスに仕える大司教グリムたち仲間のため、魔王軍の侵略と戦うこととなる。
と、ストーリーの導入を文字化してしまうと、なんだか良い話し風になるのだけれども、結構、びっくり最低なコメディがテンポよく一気に畳みかけるように展開する。戦闘員六号は酷いセクハラや性犯罪すれすれの行為を行う。相棒のアリスもそんな六号に負けず劣らず辛辣っぷり。スノウもヒロイン的立ち位置にも関わらず、明らかな残念ヒロイン。グリムに至っては美人らしいが、あまりに癖が強く、不死のため神殿で死体と供物を与える事で一晩で何度でも甦ることが可能で、何故か戦闘が始まる前にほぼご臨終中という。
個人的に砂漠の旅の途中、悪行ポイントを得るために亡くなったグリムにエッチなことをしようとする主人公六号に衝撃を感じたし、なのにグリムならありなのでわと思っている状態にもちょっと驚いた。
水の出る機械の故障を直すついでにパスワードを「おちんちんまつり」に変更し、国民の前で一国の王がそれを叫ばなくてはならない状態にしり。六号が街を歩く女性の前でズボンのファスナーを下ろそうとする行為を繰り返して「チャックマン」と呼ばれていたり。なんだろう、かなり酷いことばかりなのに、何故か非人道的に感じない。そしてちょっと愛嬌すら感じる不思議。
総評として中の上。

 

youtu.be