アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

『響け!ユーフォニアム2』

全13話視聴完了。

2期待っていました。1期(『響け!ユーフォニアム』 - アニメ視聴否忘失録)の最終回で何も終っていない。すっきりしない気持ち、を全て綺麗に流してくれた。よかった。

少女達のスポ根青春群像劇。少女達の思春期の複雑さを織り交ぜつつ、全国大会を目指す。綺麗な絵の迫力。適切な場面で流れる音楽。もう、府大会で演奏を流して、全国で演奏来るぞと思っていた所が何にもなく、最終話の3年生を送る回で色々あったよねと演奏があって、こっちとら感情移入しまくりだったから、本当に色々あったよ。1期から2年の間はあったものの、思い出される苦しい練習の日々と、まぁ、アニメ見ていただけなのだけれど、もう、喉が詰まるかと思った。よかった。終った。

個人的に、実家にいた頃、家が中学校の近くで、放課後や夏休みなどの長期休暇、土日も、もう、毎日休みなく吹奏楽部の演奏が聞こえてきた。嗚呼、吹奏楽部って部活きついのだろうな。文化部なのになぁ。何が楽しいのかよくわからないなと、今までそんな感じで、吹奏楽に興味を持ったことなかったが、始めて良いかもと思えた。良いなと思える物が増えるってきっかけが何であれ、楽しい事が増えるので、嬉しくなれる。

それと、同姓同士の物語りが描かれるとき、どうしても同性愛的物を連想して穿った見方をしがちな、少々歪んだ視点を持っているのだが、前作では主人公の久美子と同級生である麗奈が付き合っているよねと思って、今回も基本はそうだったのだが、そこにあすか先輩の登場で、もう、久美子の人タラシっぷり流石の主人公でした。

総評としては上の下。安定して良い作品だった。出来れば1期と2期の間を空けずに見たかったなと思う。

 

 

『アトム ザ・ビギニング』

全12話視聴完了。

今、アトムを過去の名作としてではなく、本当に知っている人ってどれ位いるのだろうか。鉄腕アトムというキャラクターのみが一人歩きをし、ストーリーや細々したキャラクターを知っている人って少ない気がする。少なくとも、自分は知らなかった。

このアニメ、手塚治虫の『鉄腕アトム』を原案とし、鉄腕アトム誕生までの物語とのことで、綺麗にできてはいるのだけれども、鉄腕アトムを知っていることを前提にできている気がしてならない。

主人公は天馬午太郎とお茶の水博志の2人なのだが、なんとなく見たことはあるレベルだと、キャラクターに愛着が持てないし、持ていたら楽しめたのだろうなという場面が多々あった。そして、石と人格をもつ自立型ロボットA106がアトムの元なのだろうけれど、その意思がプログラムなのか自我なのか、最終話付近では「ロボットレスリング」に出場しロボット同士が戦うという展開になるのだが、A106視点をはさみ、急に話しを把握しにくくし、なんだかよくわからないまま終ったという印象だった。また、彼らを追う謎の組織も良くわからないし。更に、お茶の水博志のロボットの自我に追及するのもよくわからないし、それと対極な午太郎は非道に見えるし。最後、どうしてどうまとまったのか、それで良いの。嗚呼、アトムに続くから。と、疑問でいっぱいになってしまった。

どうも手塚治虫作品は面白いにも関わらず、その作品という遺産を食い潰しているように思えてしまう。

総評としては中の下。

 

『王室教師ハイネ』

全12話視聴完了。

イケメンわっほい。BがLしないけれど、イケメンパラダイスないちゃいちゃアニメ。それ以上でもそれ以下でもなかった。

舞台は架空のファンタジー世界、グランツライヒ王国。王室教師、それは王子を教育する専属の家庭教師であり、国中から選りすぐられた最高の教師に与えられる役職であった。そんな王室教師に選ばれたのがハイネという子供のような外見の成人男性だった。そんなハイネの前に現れたのは、本当は優しいのだけれど口下手で目付きが悪く誤解されがちなカイ王子。天才的な頭脳の持ち主であるが、実は密かな努力家のブルーノ王子。教師嫌いで勉強嫌いのプライドが高いが、実はマイナス思考で運動神経が良いレオンハルト王子。女の子大好きチャラ男だけれど、人当たりが良く実は真面目なリヒト王子。今まですぐに辞めてしまった王室教師たち。そんな個性的な四人の王子に真っ直ぐな目で向かい合うハイネの教育的指導。

イケメンパラダイスは良いのだよ。金髪のいかにも王子様たちとか嫌いなはずないですよ。だけれども、個人的に、もう、二次元限定なのだよ。実写、基本的に受け付けない性分で、今までちらちら色々見ていたけれど、まぁ、無理。自分には楽しめない。できがどうのとかでなく、本当に、自分には無理というだけなのだよ。だからもう何も言わないし、嗚呼、やっているのねとそっと記憶の外に追い出して、だから、だからアニメ公式HPとミュージカルのHPが一緒なのはびっくりして声が出ちゃったよ。二次元絵が急に三次元写真に切り替わるのは、本当に、無理です。見ない自由を下さいと。もうそれがこの作品の一番の印象的なことになってしまった。

総評としては中の下。キラキラしてた。

 

広告を非表示にする

『ID-0』

全12話視聴完了。

マインド・トランスSF。宇宙。ロボット。人類の危機。正統派SFという感じ。そして見易い。個人的にSFってストーリーが入り組んでわけわからなくなることが多いのだが、基本が優秀な主人公の少女が不条理に犯罪者にされ、非合法っぽい船の乗員となる。そこにいる記憶をなくした謎の男。そして現れる謎の女児。人類滅亡の危機に立ち向かう。

面白かった。さっくり見られて12話があっという間だった。そしてその分、印象に残らなかった。見易い分、なぁと。何処か引っ掛かりがあった方が面白い、その逆でも印象に残るんだよねと。

個人的には採掘したオリハルトから現れた謎の少女アリス。もう、名前が良いよね。アリスの白痴っぷりがなかなか良かったなと。わかっている、最低の感想だよ。更に、そんなアリスを構う主人公の少女ミクリマヤがアリスの世話を当たり前のように元軍人でどうみても子供が苦手そうなアマンザに頼むのが良かったなと。アマンザさん、目の下に両方に黒子があって、ワンショルダーで何故か背中が四角く開いたオールインワンという衣装で、ワンレンパッツンおかっぱという個性的な出で立ちで素敵だった。

全体的に女の子が可愛い。主人公のミクリマヤは勿論、正統派眼鏡女子クレアに、美人なお姉さんカーラ。そしてアリスちゃん。

総評としては中の中。

 

広告を非表示にする

『ラブ米 -WE LOVE RICE-』

全12膳完食。

気が違っている5分アニメ。久々に笑い過ぎて引き付け起こしそうになったわ。可笑しい。くだらなくて最高に笑えた。

ストーリーとしては、廃校寸前の穀立稲穂学園に入学した新米5人のイケメン。米の人気を取り戻し「ハーベストショー」という穀物たちが自身の美味しさを周囲にアピールするライブをし、「ハーベスター」という素晴らしいショーをする穀物に捧げられる称号を得るべく、日々、練習に励んでいる。食の欧米化により穀物の人気がパンに取って代わられた近年、ハーベストショーはパンのハーベスターイーストキング」独壇場であった。そこに立ち向かう「ラブライス」。お米の擬人化。ハートフル米ディ。

そりゃぁ、もう第1話の「銀シャリみたいなピッカピカの学園生活」という台詞に軽いジャブを入れられ、人物紹介の名前の下に表記される「農林番号」に只のアニメではない雰囲気を感じつつ、主人公のひのひかりの「おまんまの食い上げなんだよ」から「ドン米」「YESか農家」「米ったね」で心を鷲掴みされた所のEDの米米CLUDですよ。可笑しい。面白い。もう、こんなの見たことない。さらにTV放送版では画面下にイベントやDVDなどの告知の文章まで入って、情報量が多い上に、もう、全てが面白い。終始こんな感じで。こんな笑ったアニメ、他にないよ。最終回の米粉パンはもう卑怯だよ。笑いすぎて顎が痛い。

第2期も楽しみだ。「ご麺だ」との引きに、もう、楽しみで仕方がない。

総評としては中の上。5分の濃縮され具合ヤバイ。そして笑い過ぎて苦痛だけれど見ずにはいられない。本当に、こんな笑うことないから苦し過ぎる。繰り返し見てしまっている。

 

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

 
「ラブ米」キャラクターソングCD vol.1 「米の飯より思し召し」

「ラブ米」キャラクターソングCD vol.1 「米の飯より思し召し」

 
Special Love

Special Love

 
【精米】長崎県産 白米 ひのひかり 5kg 平成28年産

【精米】長崎県産 白米 ひのひかり 5kg 平成28年産

 

 

 

『文豪ストレイドッグス』

全24話視聴完了。

文豪のイケメン擬人化。衝撃だったよ。もう、漫画が話題になった時から、頭の中が??? でしたよ。文豪ってヒトだよね。擬人化ってヒト化させることだよね。ね。私の中に既に存在している漱石先生や芥川とか中原中也とか、マークトゥエインとかモンゴメリとか、あの、『細雪』が好きで好きで仕方がなかった谷崎潤一郎先生とか。もう、どうしたら良いの。話題性なの? で、どうなの?? と、漫画読んだよね。出落ちだと思って読んだのよ。まぁ、面白い。アクション。キャラ数多いけれど、既に知った文豪たちの名なので、するすると頭に入ってくるのですぐにストーリーにおいてけぼりになる自分でもわかりやすく楽しめるなと。

そこからのアニメですよ。アニメ。イケメン化? イケメン良いよね。イケメンアクションめっちゃ格好良い。素敵。と、なりました。イケメンパワー凄い。流石です。イケメンって最強で最高です。

ただ、一つだけ、個人的にとても残念だったのは、太宰と芥川の関係性。なんか、逆のイメージだったよ。これはあえて何か意味があるのかなとか。それにしてもしっくりこない。この2人が重要なキーパーソンなだけに、凄く気になってしまった。

まあ、芥川の「羅生門」連発が凄く面白かった。めっちゃツボった。良かった。

もう一つ。今、『文豪とアルケミスト』を進められているのだが、いくら富を積めば文豪を養えるのかわからない。居を構えるために。結婚するので。体調が良くないので軽井沢辺りで療養するので。までは、良くないけれど良いとしても外遊に行きたいとか言われたら、もう、どうして良いかわからないよと。事ある事に金を無心する手紙が届くのでしょと。まぁ、ソシャゲ自体やらないのでよくわからないのだけれど。前に、海賊イケメンとのお付き合いに夢中になっている時は、上に「キス大特価」の広告に目眩がして別れを告げて以来、怖くてできないよ。

 総評としては中の上。兎に角、格好良い。

 

文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース)
 
細雪 (上) (新潮文庫)

細雪 (上) (新潮文庫)

 

 

『ViVid Strike!』

テレビ放送全12話+特別番組「ViVid Strike! 〜ViVid Xmas〜」視聴完了。

魔法少女リリカルなのはシリーズ』の続編なのね。リリカルなのはは一切見たことなかった。だから可愛らしい絵柄で予想外にガチな格闘物。そして近未来要素に、魔法要素。でもって必要性の見えないマスコット。戸惑いしかなかった。

可愛い少女が結構ガチで殴り合って、肋骨が砕けたり、歯が抜けたり折れたりは、衝撃的だった。更に、主人公フーカが「親無し子」と直接的言葉で虐められているシーンを見ながら、これは絵柄だけが可愛いだけで、其のうち、橋の下に住む片目の見えない男なんぞが出て来るのではなかろうかと思ったよ。でもって、気持ちのすれ違った幼馴染のリンネに対し、「あの目が嫌だから、殴って元に戻させる」とか抽象的理由過ぎるだろうと、なんか、いまいち、乗り切れなかったよ。更に、リンネのいじめられた過去。壮絶だったけれども、だから「何もかも終わり」と反撃して起こした暴力沙汰からの格闘技を始めるのも、感情移入できなくて、完全に置いてけぼり感。そこから、最後のフーカとリンネの戦い。「おまえのくれた優しさが、つないでくれた手が、わしを人間らしくしてくれた」とか感動的なラストにしようとしたところで、「暴力だけでない心での殴り合い」とか言いつつも、なんというか、個人的にはガードを止めてひたすら殴りあうってすでに格闘技としてどうなのと思ってしまって、ノー突っ込みで見られなかったよ。駄目だ。最終話で今まで酷いことを言ってきたリンネの対戦相手からのビデオメッセージとか、それは、流石にないわぁ。急に全てちゃらにはならないよ。自分が傷付いているからって、他人を傷付けて良い理由にもならないし。とか。

なんか、色々駄目だった。なのは知っていたらちょっと違ったのだろうけれど。まぁ、久々にサンドバッグ思いっきり殴ったり蹴ったりしたくなった。

総評としては下の上。

 

広告を非表示にする