アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『クジラの子らは砂上に歌う』

全12節視聴完了。

終始、目が潤んだ状態だった。子供が運命とかに翻弄されて戦ったり殺されたり殺したりして悲しい感じになる物語り。そして、それが面白くて一気に12話観ちゃったよ。悲劇はドラマチック。そしてファンタジーは美しい。

砂の海に覆われた世界で漂流する巨大な島「砂くじら」の上で下界と隔離され、暮らす人々。彼らは「サイミア」という超能力を有する代わりに短命な「印」と、能力は持たないが長命な「無印」の二つの種族から構成されており、小さな共同体の中で穏やかに暮らしていた。主人公は「印」の記録係りである少年、チャクロ。物語りは、彼が漂着した廃墟船の調査中に出会った初めての下界の少女、リコリスと出会う所から始まる。突如の下界からの襲撃に合う泥くじら。多くの亡くなった人々。再びの襲撃に対抗し、つかの間の平和を手に入れた住人達。そして、感情を食べるヌースという謎の存在。泥くじらの住人の祖先が罪人であり、泥くじらは印の命で動いているという事実。チャクロは泣きっぱなしだよね。自分も泣きっぱなしだったよ。そして前に進みたいなと健気に直向に進む彼ら。そして、それを記録し続けるチャクロ。

色気がある絵に、音楽も良くて、嗚呼、凄く好きな作品だわ。多分、物語はまだまだ続くのだろうけれど、きっと、切ない感じばかりなのだけれども、それでもまた見たいなと思う。良かった。

総評としては上の下。

 

『チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜』

全12話視聴完了。

絵も綺麗。ストーリーも悪くはない。なのに、なんだろう。上手く乗れない感じは。原作ゲームで、世界感など予め知っている事前提の作りであった気はする。おそらくファンが一定数いるのだろうなと。これ、ゲームでキャラに愛着あったら楽しめたのかな。

ストーリーとしては、よくあるファンタジー物。最果ての大陸、ユグド。突然現れた暗黒の魔物たち「黒の軍勢」によって滅亡の危機に瀕していた。人々の心を絶望が支配した時、一人の戦士ユーリが義勇軍を結成し、立ち上がった。旅。様々な困難。仲間達。まぁ、最終的に絆の力で頑張るよ。戦うよ。仲間最高。ざっくり言うと、そんな感じ。

個人的には、ブルクハルトの闇落ちあたりで、こいつも脱ぐのかとか小さく期待した穿った見方しかできない自分を反省しか感想として残らなかったなとか。最終的に娘を救って消えた黒の王のシーンに、正義とか大多数の仲間大切とか声が大きな物が勝つ悲しさを感じたり。いや、黒の王は悪い奴で、凄くわかり易い正義と悪の攻防戦だったのだけれども。でもって黒の王とか反省して悔やんでいたのだけれどもさ。

総評としては中の下。よくホラーゲームとかで聞こえる「キュゥイーン」という高音が凄く苦手なのだが、作中、よく使用されており、何度か視聴を断念しそうになった。

 

 

『ゲーマーズ!』

全12DAY視聴完了。

アニメのぼっちキャラって、初めはぼっちでも仲間ができて物語が動き出すので、自分が知っているそのキャラってすでにぼっちでも何でもないのだよなとなる。そしてぼっちにはぼっちの理由があると思うし、長年、人付き合いしてこなかった弊害ってあると思うのだが、そういうのないよね。凄いよね。必要上の設定みたいな。

ストーリーとしては、主人公の男子高校生のぼっちゲーマー雨野景太。ある日、突然、学園一の美少女でゲーム部部長である天道花憐に声をかけられる。そこでゲーム部に入部してラブコメ展開、と見せかけての誘いを断ってから動き出すラブコメ展開。何故か天道花憐に惚れられて、偶然、ゲームセンターで出会ったクラスメイトのイケメン上原祐と仲良くなって、更に、ゲームの価値観以外はそっくりな運命的出会いの星ノ森千秋。でもって祐の彼女でありゲームよくわからないギャルっ子亜玖璃を巻き込んで、お互いの勘違い、空回り、迷走を繰り返す、こじらせゲーマーたちによる、すれ違い青春錯綜系ラブコメ

普段、この手のラブコメに対して、話し合ったら良いじゃない。ちゃんと本人に確認したら、そんなちょっと冷めた感じで見ていたのだが、この作品は凄く良い奴がいて、嗚呼、仕方ないかな、そういう風な誤解とか起きちゃうの。そんな風に楽しめた。もう上原祐がめっちゃ良い奴。良い奴過ぎて、10円ハゲ作っちゃうタイプの良い奴。もう、彼にちゃんと彼を愛する可愛い彼女がいて良かったよ。この手のアニメって主人公ばかりがもてて、その横にいる親友ポジの子ってスルーされがちじゃん。一途で可愛い亜玖璃ちゃん良かった。

それにしても、恋愛が錯綜し過ぎていて、三角関係なのか、四角なのか、はたまた五角形なのか、もう、恐ろしいなと。軽く面白げに描いてはいるけれど、結構、どろどろしているよ。最終話の合宿、温泉回とか、このメンバーで行っちゃう。怖いわぁ。遊園地でWデートに無理矢理入り込んだ星ノ森姉妹も恐ろしいけれど、このメンバーで温泉行けちゃう千秋、凄いよ。メンタル強すぎ。

総評としては中の中。

 

ゲーマーズ!(1) (角川コミックス・エース)

ゲーマーズ!(1) (角川コミックス・エース)

 
広告を非表示にする

『ラブ米 -WE LOVE RICE- 二期作』

全12膳完食。ごちそうさまでした。

タイトルにある通り、『ラブ米 -WE LOVE RICE- (『ラブ米 -WE LOVE RICE-』 - アニメ視聴否忘失録)』第2期。前回に比べ、情報量が減ったためか、なんだかわからないけれど可笑しいということもなく、少し落ち着いて見られた。が、面白さは相変わらず。ファンが事ある事に「炊いてー」と叫ぶのが好き。そして、「何があってもドン米だ!」というひのひかりの前向きさ大好きだわ。

総評としては中の中。炭水化物大好き。

 

ラブ米 二期作 [DVD]

ラブ米 二期作 [DVD]

 

 

 

『干物妹!うまるちゃんR』

干物妹!うまるちゃん(『干物妹!うまるちゃん』 - アニメ視聴否忘失録)』第2期全12話視聴完了。

特に感想は第1期と変わらないなと。深く考えなければ可愛いし、楽しめる。今回はうまるちゃんの友人関係にスポットが当てられていたかな。そして、タイヘイを「お兄ちゃん」と呼ぶ謎の美少女ヒカリちゃんの登場。と、謎でも何でもなくて叶課長の妹であったのだが、個人的に漫画をヒカルちゃんの登場までしか読んでいなかったので、謎のままな感じ。うまるちゃんのライバルキャラ的な扱いなのかな。そして第2期では海老名ちゃんの兄かもなキャラも登場し、これからまだまだ続くのだろうなと。アニメも第3期あると良いな。

それにしても、お兄ちゃんはうまるちゃんを駄目にして依存させて離れられないようにするつもりなのだろうか。うまるちゃんの最終回のED後の発言は酷かったが、あれを容認しているのもお兄ちゃんだからなと。それを考えると、凄く恐ろしい作品だよ。

総評としては中の中。

 

『将国のアルタイル』

全24話視聴完了。

犬鷲使いの少年将軍(パシャ)の成長と、二大国家を揺るがすエキゾティック英雄譚。中世風の世界に、戦略とアクションの織り成すストーリー。

面白そう。そして壮大。最後まで観たのだが、上手く世界感に入りきれず、最後までそんな感想だった。絵は線が細く綺麗で、主人公の少年トゥグリル・マフムート・パシャの金髪美少年っぷりから、漫画で読みたいなと思った。特にエンディングの絵が素敵。

まだまだ戦いは続くし、マフムートパシャはまだまだ未熟でこれからが楽しみだし、世界はまだ平和とは程遠いし、陰謀は至る所で渦巻いているが、何となく一段落して終ったかなと。やっぱり漫画読みたいな。

総評として中の中。

 

将国のアルタイル(1) (シリウスKC)

将国のアルタイル(1) (シリウスKC)

 

2017年印象的だったアニメ10。

今年、アニメ視聴本数131本。正確には、まだ放送中の長期作品や感想を書いていない作品もあるので、もっと観ているのだが、もう、我ながら自分で自分が心配になるね。だって、特に2倍速にしているわけでもなく、例えば1作品1話30分で12話だとして、全部で786時間。それを24時間で割ると、32日とちょっと。可笑しいよ。可笑しいでしょ。1年365日の内、丸々32日はアニメ見ているって。そもそも、2~3日に1シリーズアニメ見ている計算になる。OPとEDは基本的にカットせず、CMのみ飛ばして観ているので正確には1話27分位かな。その131本の中には5分アニメもあるので、実際にはそんなに観ていないとも思うのだが、2クールで24話の作品もあるし、1年間続いた作品緒あるし、もう、何とも言えない。そして、こんなにもアニメを観ているのに、HDの容量が基本的にいっぱいって、それだけアニメが放送されている世界とか、恐ろしいよ。

まぁ、昨年は『2016年悪印象だったアニメ10。 - アニメ視聴否忘失録』を年間まとめとして書いたのだが、今年はお正月に見返したい。面白い。印象的だったアニメトップ10を書いていきたいと思う。

 

第1位 『幼女戦記

 今年、自分の中で一番に上げる作品はこれを置いて他にない。ちょっとどうしようと思う位に面白かった。劇は喜劇で笑劇あり、やはり悲劇でもあり、劇と付くからには魅力的。

異世界転生物。合理主義のエリートサラリーマンだった主人公は同僚の逆恨みにより命を落とし、創造主を名乗る物体Xにより、魔法技術が存在する20世紀初頭の欧州に似た世界に孤児の少女、ターニャ・デグレチャフとして転生させられる。そこでターニャは前世の記憶を活かして軍人としてのキャリアを積み、後方勤務で順風満帆な人生を送ろうと目論むも、思惑を外れ、大戦の最前線に送り込まれ続けることとなる。

爽快な会話劇。癖のある絵柄が癖になる。灰色の戦争のシーン、まさに積屍の中、唯一輝く鮮やかな蒼い瞳の色。台詞に合わせてあの大きな目が動き、睫が揺れ、ふっくらとした唇が歪むその一挙手一投足に夢中になってしまう。凄く面白かった。

『幼女戦記』 - アニメ視聴否忘失録

 

第2位『昭和元禄落語心中

落語を巡る二人の天才落語家と、その弟子との、同門関係や色街と男女の関係に、擬似家族に、ファンに、周囲との関わり。落語との関わり方。落語会の繁栄と衰退。と、何か難しそうな言葉を並べたけれど、落語って娯楽で面白くて凄いよね。今まで落語というと「笑点」位しか知らなかったけれども、夢中になるわ。そんな作品。

『昭和落語心中』 - アニメ視聴否忘失録

 

第3位『少女終末旅行

人類の文明が崩壊し、廃墟となった巨大都市。残されたのは朽ち果てた機械だけ。そんな終わりの世界で、愛車ケッテンクラートに乗り、都市の上層部を目指し旅する2人の少女、チトとユーリの終末ファンタジー。淡々とした二人の終末にある日常に、じんわりと怖い、何処か哲学的な作品。

『少女終末旅行』 - アニメ視聴否忘失録

 

第4位『メイドインアビス

可愛い絵柄で、結構、辛辣。ほんわりファンタジーかなとか思って見始めると酷い目に合うかもしれない。が、世界は美しいだけでないよねと、涙が止まらなかった。

謎の竪穴「アビス」。その縁に作られたアビスの恩恵を受け栄える街。そしてそのに暮らすアビスの探検をする「探窟家」たち。ロマン、日々の糧、アビスに眠る「遺物」を求め命がけの危険と共に奈落に挑む人々。主人公の少女、好奇心旺盛で、アビスに魅せられ、いつかお母さんのような白笛の探窟家を目指すリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。リコはある日、アビスで少年そっくりの記憶を失ったロボット、レグと出会う。母ライザからの「アビスの底で待つ」というメッセージを読んだリコはレグと共に二度と戻って来れなくなるかもしれないアビスの底に向かう旅に出る。アビスで2人を待ち受ける様々な試練と出会い。

『メイドインアビス』 - アニメ視聴否忘失録

 

第5位『ドリフターズ

独特な平野節炸裂。12話があっという間だよ。勢いで魅せられる。

タイムトラベルというか、異世界ファンタジーというか、何とも言えない不思議な感じ。西暦1600年関が原の戦いで。薩摩、島津家の武将、島津豊久は撤退戦の後、雨の中、一人山中を彷徨っていた。そこで辿り着いた無数の扉がある部屋。そこにいた謎の男に扉の向こう側へと送り込まれる。その先にあったものは、人間とエルフ、ドワーフなど人ならざぬものが暮らす異世界、オルテ帝国。そこで島津豊久は漂流者「ドリフ」として、異なる時代から先に流れ着いていた織田信長那須与一らと共に、成り行きと武士としての生き方から人間に支配されたエルフの村を開放。その勢いのまま、彼らは国奪りを始める。

『ドリフターズ』 - アニメ視聴否忘失録

 

第6位『ノーゲーム・ノーライフ

引き篭もりオタクが異世界行っちゃう系ファンタジー。チート設定に、異常な兄弟が魅力的。

ニートで引き篭もりの兄妹ソラとシロ。ネットでは「  」(空白)の名で無敗を誇る天才ゲーマー。そんな二人の前に神を名乗るチトという少年が現れ、10の盟約によって全てがゲームで決まる異世界へと召喚してしまう。異世界には16の種族が存在し、その最下位に属するのが最弱の人類種(イマニティ)。他種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前の人類を救うため、ソラとシロは頭脳バトルに挑む。

『ノーゲーム・ノーライフ』 - アニメ視聴否忘失録

 

第7位『鬼灯の冷徹

地獄を舞台にした、単話でも楽しめるコメディアニメ。魅力的なキャラクターと、地獄の豆知識が豊富で、繰り返し見ても楽しめる。

『鬼灯の冷徹』 - アニメ視聴否忘失録

 

第8位『ラブ米-WE LOVE RICE-

最高に笑える5分アニメ。お米って美味しいよね。

『ラブ米 -WE LOVE RICE-』 - アニメ視聴否忘失録

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

 

 

第9位『鬼平

あの有名な池波正太郎原作の江戸を舞台にした時代劇のアニメ化。

『鬼平』 - アニメ視聴否忘失録

 

第10位『競女!!!!!!!!

衝撃的だった。「競女」という架空のスポーツを作り上げ、王道スポーツ漫画の筋道を辿り、期待を裏切らず、予想の上をいってくれる作品。凄く真面目に笑わせてくる。

『競女!!!!!!!!』 - アニメ視聴否忘失録

 

 

 

今年も面白いアニメがたくさんあった。来年もたくさんアニメを観たいな、と思う一方で、流石に自分の生活が心配になってきたので、ちょっと控えて行きたいと思う。