アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『天使の3P!』

全12話視聴完了。

小学生を性的な目で見る前提の設定というものはどうなのだろう。いや、それは穿った見方過ぎるのか。主人公ハーレム物。だが、『ロウきゅーぶ!』に引き続き、主人公男子高校生に小学生女児がたくさん。これはハーレム天国なのか、将来に期待な光源氏計画なのか、或いは画面外ではあんなことやこんなことがなのか。いや。普通に善意しかないのだろうけれども。多分、自分が如何わしい汚い大人になってしまったから、そんな邪推しかしない。最低だ。

音楽を制作しネットに公開するのが趣味の引き篭もり男子高校生である貫井響。ひょんなことから知り合った、小学5年生の少女3人。泣き虫引っ込み事案のさらさら片結びロングヘアーの潤たん、勝気で紺色ロングヘアーなぞみ、天然マイペースなくーちゃん。彼女たちはお世話になった保護者であるマスターのために、自分たちの過ごした思い出の孤児院である教会でライブを成功させたい。そのためにひびきPに協力を仰ぎ、響もそれを了承した。小学生3人組が一生懸命奏でる、ロリ&ポップなシンフォニー開幕。と、小学生バンドとトラウマを抱えた男子高校生の物語り。まぁ、更にしっかりものの妹がいて、ひびきPのイメージイラストを描いていた「霧夢」のハンドルネームで活動する人気のネット絵師の巫女さんな小学生もいて、中学生になるけれどもそのお世話係の柚葉ちゃんがいて、3人と同じ孤児院で生活する同級生の桜花ちゃんがいて。小中高制覇的な。

全体的にファンタスティックだよね。小学生に大人の使う楽器とか重いだろうとか、バンド活動上手く行きすぎとか、マスターはそんな高価な楽器を所有してどんな金持ちだよとか、元教会をイベントスペースってとか、孤島設定とか、世の中ちょろそうとか、響のトラウマ解消早いな、でも初めて登校するのに授業中にも関わらずギター持ち込むとか、どうなのと。アニメだからさらりと流されている部分も原作だときちんとかかれているのかな。そんなこと気にしちゃいけない作品なのだろうけれど。

それにしても最終回、ラスト、ひびきPは何が「やっぱり最高だな、音楽って」だよ。あんな可愛い子膝に乗せて。一緒にお風呂はいったり、キャンプや海や行って、きゃっきゃうふふ楽しい青春していて、何がと。ひびきP、音楽的才能半端ないよね。更にメンタル実は強いし、学校という小さな枠組みから出れたらちゃんと成功できる人だよね。ライブで前を向けるようにマイクの角度を少し上に変えちゃうなんて気遣いできる男はなかなかいないよ。その上、きちんと「可愛いよ」という場面で言えるし、凄いよ。気遣い屋さんで優しくて、これは皆好きになっちゃうの当然だよ。

個人的に好きだったのは、マスターと桜花ちゃんの釣りキチっぷり。急にメインのストーリー以外でこういうの好き。孤島のロッジで抱えていた魚はどう見ても発砲スチロールだったけれども。でもって、孤島で水着姿ではなく水着を見せる桜花ちゃんの天然っぷりが可愛かった。小学生が変にあざとい分、安心だったよ。

それにしても小学生と関わると「通報されちゃう」と真っ先に出て来る世の中って、嫌な世界だなと思う。

総評として中の中。好みの別れる作品だよね。楽曲、良かった。

 

TVアニメ『天使の3P!』Three Angels Complete Album♪

TVアニメ『天使の3P!』Three Angels Complete Album♪

 
「ロウきゅーぶ! 」Blu-rayスペシャルBOX(通常版)

「ロウきゅーぶ! 」Blu-rayスペシャルBOX(通常版)

 

 

広告を非表示にする

『武装少女マキャヴェリズム』

全12節視聴完了。

色々と思う所はあったものの、相撲のまわしに全部持って行かれた。

少年漫画原作の主人公ハーレム物で学園格闘ちょっとお色気アニメなのだが、第4節「「ワラビンピック」開幕宣言!」で、主人公の少年、納村不道が、色々細々あって自分に懐いた少女二人に更に色々あって体操着の上から相撲のまわしを締めるのが、と言うか、間接的なエロティズムの進化により多様化するフェチズム。ピンポイントで来たな、と思った。そして、お相撲のまわしを締めるのって悪くないとも。正確に言うならば、前髪眺めタレ目三白眼駄目男風なイケメンという好みのキャラクターが美少女にまわしを締めているというシュチュエーションが凄く良い。どうしよう。ここに来て新たなマニアックなツボが開花しても他に見付けるの困難じゃないかと。もう、本当に色々思うところがあったと思うのだけれど、それしか印象に残っていない程の衝撃だった。

物語としてはシンプルなもので、武装した女子に支配された「私立愛地共生学園」に不良との抗争の末に転校することになった納村。彼は自由を勝ち取るために「天下五剣」と呼ばれる少女達と戦うことになる。そして納村は強くて、彼と戦い、負けた少女達は能村君の魅力にめろめろきゅー的な。そんな安易なとも思わないでもないが、力至上主義という設定の世界で、強いものに惹かれるという点で理に叶っており、納得できるので、特に引っ掛かりはなかったなと。

多分、能村くんが凄く好きなタイプだったのだと思う。ビジュアルは勿論、不条理なラッキースケベも、よくわからないハーレムも、全てするっと流せる能村くん良かった。

それとマスコの絵はちょっと印象深かったな。スカートなのかズボンなのかどっちなのだろうと何度か確認してしまった。

総評としては中の中。本当にまわし以外に記憶に残っていない。駄目だ。

 

『はじめてのギャル』

全10話視聴完了。

表層のイメージに固執した上滑りしたラブコメ

ギャル×非リア少年の付き合っちゃったラブコメとのことですが、主人公の男子高校生、羽柴ジュンイチ君が普通にもてていてハーレム。DTを恥というのが共通認識で物語が進んでいくのだけれども、高校生で童貞とかそんなに特殊なことではなかろうよと。それをDTという一つのキャラクター性として取り出たされても、と、こっちは良い大人なのでそう思わざる得ないのですよ。更に、ギャルは貞操観念ゆるゆる。すぐヤれるとかいう妄想を押し付けて、羽柴君はクラスメイトの巨乳でギャルな八女ゆかなに土下座告白するというか、させられるとか、気持ち悪い。更に言うならば、それを強要した羽柴君の友達とか、本当に友達かなと。教室でエロ本を読むことと、彼女のできないことは繋がっていると思う。でもって羽柴君、虐められていない? と思うような事も多々あり、羽柴君は付き合う人を選んだら良いと思う。寧ろ羽柴君がもてている所を見ると、アニメの絵ではわかりにくいけれど実はイケメンで優しくてモテ素質があるのを邪魔しているのではなかろうかと深読みするレベル。でもって友人の一人は確実に本物の言動をするロリコン犯罪者だし。Yesロリータ!Noタッチ!! ですよ。あれはちょっと触れていますよ。例えロリコンでも笑いに消化できればキャラクターとして成立するのだろうけれど、あれは消化不良。無理。面白くもなんともない。最終話の豹変とか、本当にご都合主義で何も笑えない。引くレベル。ただ、第7話のバイト回にて学童のバイトを決める稔君。「ひょっとしたら幼稚園児の妹とかいるかもしれないよね」と言っているのは未来のロリータを見据えたマジ物やと、本当、なんとも言えない。

ギャルをモチーフにするならば、ギャルファッションは好きなんだけれど、それで誤解されちゃう。でもこのファッションを変えるつもりはない。位まではせめて踏み込んで欲しかった。ギャルである必要性が何処にもない。ギャルはヤれる。そんなイメージを物語のスタートとしただけでだよね。寧ろ、今時ギャルって減ってきていると思うのよ。清楚系ブームにナチュラル系ブームに、ファッションの多様化でギャルの立ち居地って変わったよね。所謂露出の無駄に多いギャルファッションって今やアムラー世代のおっさんのイメージする架空の存在ではなかろうかと思ってしまう。

同じ可愛いギャルなら、『おしえて!ギャル子ちゃん(『おしえて!ギャル子ちゃん』 - アニメ視聴否忘失録)』が上手く描いていたなと。見た目は派手だけど実は良い子で身持ちが固いギャップ萌えで。同じテーマだと思うのだけれどな。

 

それと、非リアのDTキャラなのに、友達も、高校生夏の旅行、皆でバイトして、海。とかリア充でしょ。リア充以外何者でもないよ。設定矛盾しているよ。意味がわからない。中途半端。

と、まぁ、全体的に眉を顰めつつの視聴をしていたのだけれども、最後、ちょっとわかったのは主人公も妄想萌えの自己意識の塊で駄目な奴ということと、駄目男が好きな女は一定数いるよという、物語なのだなということ。

総評としては下の上。色々書いたけれど、絵は可愛かった。ヒロインのピンクグラデ金髪は凄く可愛いかった。

 

『メイドインアビス』

全13話視聴完了。

可愛い。素敵ファンタジー世界。子供の冒険譚。完全に油断させてきたね。油断するよ。絵柄とストーリーのギャップによる効果を狙っていたのなら、その効果は絶大に機能していたし、嗚呼、世界って美しいだけではないよねと。もう、涙はらはら。画面に喰い気味で、涙すら拭けない。そんな作品だったよ。

謎の竪穴「アビス」。その縁に作られたアビスの恩恵を受け栄える街。そしてそのに暮らすアビスの探検をする「探窟家」たち。ロマン、日々の糧、アビスに眠る「遺物」を求め命がけの危険と共に奈落に挑む人々。主人公の少女、好奇心旺盛で、アビスに魅せられ、いつかお母さんのような白笛の探窟家を目指すリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。リコはある日、アビスで少年そっくりの記憶を失ったロボット、レグと出会う。母ライザからの「アビスの底で待つ」というメッセージを読んだリコはレグと共に二度と戻って来れなくなるかもしれないアビスの底に向かう旅に出る。アビスで2人を待ち受ける様々な試練。出会い。嗚呼、もうこれが兎に角、辛辣で過酷で冷酷で残忍で。なんでこんな正解でリコは前へ、と言いますか、底へ進もうと思えるのかしら。希望を持ったりできるのかしら。

可愛らしい絵柄。子供の冒険で、背景も凄く美しいファンタスティックな世界なのに、グロテスク。特に第10話は思わず直視するのがきついくらい。顔の穴と言う穴から溢れ出す血液。アビスは上昇すると呪いを受けるという、呪いなどという非現実的な響なのに、実際に起こるのは嘔吐や意識の混濁や出血など、かなり具体的。それを真っ向から描かれたのでは、それはほんわり系かななどと見ていたこちらはもう何コレ状態ですよ。久々に『魔法少女まどかマギカ』で途惑う自分以来の予想外な物語り。なのに、『メイドインアビス』も『魔法少女まどかマギカ』も面白いから性質が悪い。面白いのは良いことなのに、もう、面白いから余計にしんどい。

ただ、勿論、グロテスクでしんどいだけではなく、リコの真っ直ぐ目標に向かっていく性格と、それをカバーしようと頑張るレグの直向さ。二人の互いを大切にする感じと、不器用な子供らしさ。二人を見守る大人の優しいだけではない厳しさ。見所も、和む箇所も多く、そんな世界だからこそ無垢な二人のキャラクター性が活きていたなと。最後のアビスの呪いを受けて人間の姿と思考を失った「ミーティ」をレグが殺す話しなど、もう、どうしようもなさが、ミーティの周りに集められたぬいぐるみが、完全に泣かせて来るよ。悩むレグに、レグの「火葬砲」などという武器の名の意味など。それも、あえてリコが眠っている間に。レグにナナチがミーティを殺す事をお願いする場面の直前、レグがナナチも一緒に行けたらと安易に口にする子供らしさが頭を離れない。その後の行為で確実にレグは一歩前に踏み出して、そして目覚めるリコに、3人で食べる美味しい食事。嗚呼、もう、いろいろあるけれど私達の冒険はまだまだ続くと。

原作もまだ完結していないし、伏線貼られまくりの第2期ありきな物語りではあったけれども、レグの目覚めから成長いう点では一段落で良かったのではないかなと思う。

総評としては中の上。原作の漫画が面白そうなのだが読み難そうでもあったので、アニメから入るのが良いかなと温め中。漫画も楽しみ。

 

『sin七つの大罪』

全12話+3.5話、10.5話視聴完了。

セクシーが過ぎる。白消し枠。地上波で放送するにはちょっと眉を顰めるシリーズ。だけれど、嫌いじゃない。

ストーリとしては、傲慢の罪により堕天した大天使ルシファー。地獄の最下層「万魔殿」で地獄を統べる魔王たちがルシファーの力を封印し、全てを失った。しかし、ルシファーは、彼女を慕う嫉妬の魔王レヴィアタン。地上で出会った女子高生の十束真莉亜と共に傲慢の魔王ルシファーとして、七人の魔王たちへの逆襲の旅に出る。

まぁ、馬鹿エロというか、全裸ってエロいというよりも、面白いねとなるよね。画面の大半が肌色で魔法陣で隠されているとか、お尻が喋っているとか。『ヴァルキリードライヴ マーメイド(『ヴァルキリードライヴ マーメイド』 - アニメ視聴否忘失録)』や『聖痕のクェイサー』程、エロが気にならなかったのは、おそらく絡みがないからか。第3話「色欲の渚」での空から大股開いて飛び降りるシーンに、ポールダンス。踊ってないよね。ポール跨いでセクシーポーズとっているだけだよね。わぁーという場面、なかったよね。そして、第4話「強欲うごめく霧の街」での三角木馬は思わず笑ってしまったわ。第7話の「咎なき暴食」での見せ場は座薬だし。もう、なにしているのだろう。そして、ベリアルさんの衣装が、もう、いちいち可笑しい。全裸で面白いのは男子大学生の飲み会までだと思ったのに、もう、なんか股間が可笑しくて、エロティズムとは何なのだろうかと。そもそも戦闘で服が破けたり、また着たり忙しいなと。布、破け過ぎじゃないかしらと思ってはいたけれども、そもそも布ではなく魔力の集合体であると考えたら納得はできるなと。尤も天使らや悪魔やら魔王の戦いに服など必要ないのかもしれないが。

まぁ、そうやってエロスばかり目が行ってしまったけれども、意外と真面目に戦っているのよね。神の間違いは誰が正すのかとか。嫉妬は罪じゃないよとか。食べると笑顔になるだとか。絵も可愛いし、脱がずとも普通に面白いよなと。『ヴァルキリードライヴ マーメイド』とかエロスだけれども、最後ちょっと感動していたし。だけれども、真面目な部分がないと単なるポルノだから、どちらかと言われるとまた違うのだろうなと思ったり。ビックリマンチョコのチョコとカードの関係性的な。

最後の奇跡だけはどうもこうもと思ったけれど。嗚呼、それと第10話のベルゼバブのパンを突っ込まれているのはアウトだろう。

もう一つ。緊急特番の第10.5話。若い女性声優さんに玉転がしをさせると、ボーリング。いつから女性声優さんにはセクハラして良いことになったのだろうとふと疑問に思ったり。個人的に、普段、ほぼ声優さんとか興味がないのだけれども、桜庭有紗ちゃんにはなんだか注目してしまったり。よくある感じの女性声優さんとはちょっと違った、ストリート系ファッションに内側金髪のボブの美人さん。そして喋れる。サタン役の時の迫力のある声とバラエティーしている声がまるで違って、プロって凄いなと。ちょっと好きになっていたよ。可愛い。つでにサタンさんはED「Welcome to our diabolic paradise」のイラストでパンツ半脱ぎの絵が格好良くて好みだったよ。

今回、11話と12話の録画を失敗し、今回白消し枠の白消しなしを見たのですが、白消しに魔法陣はあった方が絶対エロいわ。下手に乳首描かれていても、あれ、小さい。大きいほうが良くない? などと個人的好みの乳首じゃないと落胆してしまったわ。消しはあった方が良い。

総評としては中の中。何度でも書きますが、面白いけれども、けれども、地上波での放送は自粛すべき内容。

 

広告を非表示にする

『ノラと皇女と野良猫ハート』

全12話視聴完了。

萌系5分アニメ。主人公がネコになるのだけれども、主人公、いらなくない? 必要性が何処にも見付からないよ。可愛い女の子がキャッキャうふふ。あれ? それ以上のストーリーが思い出せない。先ほど、見終えたばかりだというのに、不思議。

大筋はちょっと変わった美少女学園者。地上世界に住むノラという少年が冥界の皇女パトリシアの魔法により猫にされてしまう。ノラの意思は何処にも見られず、なんと言いますか、主人公を作った上での第三者視点という点では凄く良い設定だよねとは思う。

まぁ、おっぱいが丸いな。丸いよ。それ以上、何も出て来ない。

総評としては下の上。

 

『賭ケグルイ』

全12話視聴完了。

まず、オープニング「Deal with the devil」が凄く格好良い。絵も構成も音楽も、思わず目が離せない。そしてそのままアニメ本編まで目が離せない。綺麗な絵柄に、ころころ変わる表情。お人形のような美しいお嬢さん方のお顔がどんどん崩れる。もう、変態しかいないし、恐ろしく変態的で、一瞬を見逃すと、どんなどんでん返しが何処にあるかわからない。臨場感が半端ない。気が付いたら夢中になっていたよ。あっという間の12話だったよ。

舞台は、上流階級、政財界の子女が数多く通う名門、私立百花王学園。そこは生徒同士のギャンブルによる階級制度に支配された閉鎖された世界。頂点に立つのは生徒会長である桃喰綺羅莉率いる生徒会メンバー。そして上納金が下位100位になった場合に陥る家畜。「ポチ」と「ミケ」の札を首から掛けられ、差別され、蔑まれ、尊厳すらもなく。物語りは、そんな学園に黒髪ぱっつん美少女の蛇喰夢子ちゃんが転校してくる所から始まる。そんな彼女と仲良くなった冴えない家畜であった鈴井さん。夢子ちゃんのおかげで家畜脱出したり、金髪ツインテ王道美少女な早乙女芽亜里ちゃんと仲良くなったり。生徒会に挑んだり。まぁ、夢子ちゃんは生粋のギャンブラーで賭け狂っていて。

夢子ちゃんの無邪気に両手を合わせて話す感じ、凄く可愛い。頬を染めて興奮する夢子ちゃん。不自然な乳袋のある制服すらも魅力的に見えるね。これは惚れるよ。キチガイ生志摩さんもやられちゃうよ。第9話でアイドルになって「恋のロシアンルーレット」を歌って踊る夢子ちゃん、めっちゃ可愛い過ぎ。ユメミちゃんの目に宿る☆と夢子の光のない瞳の対比が良過ぎだよ。そして最終話の生徒会長とのギャンブルの見せ場。思い掛けない鈴井さんの告白にイっちゃう夢子ちゃんの急変、もう、素敵。面白い。夢子ちゃんの異常性が詰め込まれ過ぎ。可愛い。キャラも動きも凄く可愛い。動き、何だろう、なんか独特で目で追っちゃうのは、動きが大きいのかな。ゆっくりなのかな。なんか、独特の何かがあってちょっと本当に魅力的。

総評としては上の下。

 

 

広告を非表示にする