アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『となりの吸血鬼さん』

全12話視聴完了。

OPが印象的過ぎるだろう。「†吸tie Ladies†」やたらと頭に残る。多分、私はこのストーリーやキャラクターを忘れても、この曲は忘れない気がする。

ゆるっとふわっと可愛いちょっと不思議な日常系コメディ。やや百合。

ストーリーとしては、お人形と可愛い物が大好きな女子高生、天野灯。彼女は近所に住む美少女吸血鬼、ソフィーと出会う。ソフィーを気に入った灯は、半ば強引に同居を始める。ソフィーは吸血鬼だけれども、人間を襲うことなく、血はねっと通販で購入。趣味はアニメやラノベに漫画。現代的で庶民的な生活を送っていた。

 

まぁ、吸血鬼であるとか、女子高生がいきなり実家を出て同居とか、突っ込み所はあるものの、すべてはゆるふわ可愛いで完結する、このぬるい感じに癒されるね。

キャラ萌え系なのだが、ソフィーがグレーなしっとり系美少女に対し、お洒落で高飛車な金髪美少女吸血鬼のエリーもまた違ったタイプで可愛い。個人的に苦手だったのは、夏木ひなた。灯の友達なのだが、甘えたなのに不器用。勝手に自分は女の子っぽいものは似合わないと思っているのに、諦めきれていない。なんか、面倒そうなタイプ。ただ、ひなたとエリーの組み合わせは、エリーの見た目幼い少女にも関わらず、年上感が際立って良かったなと。

最終話で、第一話の出会いのシーンを繰り返すのだが、日常系のゆるっとしたまま終るのかと思った中で、なんか、今まで登場してきた人々に会って、でもって、出会いに繋がって、良かったなと思う。しんみりしちゃったよ。吸血鬼物って、人間と寿命が違うのに、人間と友情を育んで、でも最終的に老け方も違って、と、先を想像すると余計に切ないなとか。多分、時間の感じ方も違うだろうしとか。その上での最終回。深読みし過ぎかもしれないけれど、凄くきゅんとなった。個人的に、現代に永遠の命を持つ吸血鬼がいたら、ネット、革新的だったろうなと。昔は夜に買い物も大変だっただろうに、ボタン一つで家に何でも届くとか。電子書籍もあるし。アニメも映画もいくらでも観られるし。暇つぶしに最適過ぎるだろうなと思う。そう考えると面白いなと。まぁ、限られた時間しかない人間としては、アニメの放送本数が多過ぎていくら観ても見切れないという悩みもあるのだけれどもね。

総評としては中の中。

 

youtu.be

『おとなの防具屋さん』

全12話視聴完了。

5分アニメ。多分、電子書籍関連の宣伝アニメ。個人的にはこれは漫画で読んだ方が楽しいのではないかと思っているので、そのうちコミックスを読みたい。

RPG的ファンタジー世界を舞台に、主人公の青年カウツはとある倒産寸前の防具屋で働くことになる。その防具屋は小さな布地に夢を詰め込んだエッチな防具を扱うお店だった。謎の変態眼帯店主のナーデン。看板娘の明るい美少女ヒロイン、リリエッタ。女剣士フレアリカ。ロリっ子魔王。キャラ萌系コメディ。

なんというか、ロードが多いアニメだった。5分しかないのに。でもって急に実写をはめ込んだり、ゲーム的立ち絵だったり。5分しかないのに。急展開で魔王が世界を滅ぼそうとしたりは、まぁ、良いのだけれども。なんだろう。もうちょっと真面目にアニメをアニメとして作って欲しいと思わざる得ない。最も、アニメを視聴してこれは漫画の方が絵も可愛いし面白そうと思わせられた時点で、漫画のCMとしては成功なのかもしれない。

良かったのはOPのピコピコゲーム音とスタッフ紹介を声優がしているの、新鮮で面白かった。それと、リリエッタとフレアリカのお風呂シーンでリリエッタがひたすたフレアリカをナチュラルに褒めるの、好き。

総評としては中の下。

 

おとなの防具屋さん(1) (アース・スターコミックス)

おとなの防具屋さん(1) (アース・スターコミックス)

 

2018年印象的だったアニメ12。

2018年に観たアニメの本数約98本。あと2本で100本かと思うと、なんとも惜しい数字である。今年は色々あり、後半はほぼアニメというか、テレビ自体観る暇もなかった。それでも、夏の夜中、ほぼ眠ることができない生活の中で、泣き腫らした目で見た『弱虫ペダル』の坂道くんの直向で素直で真っ直ぐな姿勢に、辛うじてある僅かな時間を見付けて観た『LOST SONG』の耳に残る歌。いつ観られなくなるかわからない中で最終回を待ち望んだ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。今年、自分はアニメに本当に救われた年だった。と、いうわけで今年も良かった、面白かったに終らない、個人的に印象的だったアニメ12をランキングしてみた。

 

第1位 『プリパラ』

kawaiiの集合体。らぁらちゃんの配色がクリーミーマミで、滅茶苦茶可愛くて、無茶苦茶なストーリーに、なんだか目が離せなかった。丁度良く突っ込み所も満載。長期作品なだけあり、もう、最終回は涙なしには観られない。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第2位 『ひとねとまそたん』

sobraniepinks.hatenablog.com

 近年稀に見る最悪な気分になるアニメ。性格が悪いというか、男尊女卑に、自己中なキャラの集まりで、もっと良い物語りにできただろうに、あえてこれかと。こんなちょっと癖のある感じがスキでしょと上から押し付けてくる雰囲気に、もう、良い意味でなく忘れられない作品。

 

第3位 『進撃の巨人

NHKに移動してどうなることかと思ったが、兵長のアクションまじ凄かった。面白い以外に言う事がない。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第4位『アイカツスターズ!

いちごちゃんもゆめちゃんも、大好き。私にとってアイドルで天使でもある。日々の辛いことも「これもアイカツだよね」とと思うとやっていけるようになる。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第5位 『神撃のバハムート VIRGIN SOUL

とてもよくできた作品。クオリティーが高い。映像も演出も物語りも、凄い。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

 第6位 『宇宙よりも遠い場所

青春群像劇。もしこのお正月休み中、まとめて観るのに何かお勧めある? と聞かれたら、間違いなくこの作品を上げる。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第7位 『ハクメイとミコチ

世界感を愛している、凄く好きな作品。初めてBlu-rayBox買っっちゃったよ。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第8位 『メルヘン・メドヘン

作画崩壊以上に、ストーリーも崩壊。最終話まで放送できなかったとか、本当に、どうしようもなくてびっくり。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第9位 『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-』

少女達にこんな過酷な運命を、嗚呼、さらにこんな酷い。と、思わずにいられないけれども、それでもそういうのってどうしても観ちゃうよね。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第10位 『ダーリン・イン・ザ・フランキス

キャラがとても好みだった。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第11位 『Back Street Girls -ゴクドルズ-』

こんな演出の方法があるだなんてと。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第12位 『ナイツ&マジック

ここ最近の異世界行っちゃった系で一番スキ。やっぱりチート設定でも、主人公が子供の方が好みだなと思う。ショタ可愛い。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

 

今年も面白いアニメがたくさんあった。あまりにアニメの本数が多過ぎて、何を観るのか毎期、本当に悩ましい。悩ましすぎる。来年は更に時間が取れないだろうけれども、それでも面白い作品に出会えたら良いなと思う。アニメ大好き。

『ゴブリンスレイヤー』

全12話+特別編視聴完了。

異世界ファンタジー。リアルという名の下に不必要にグロテスクで過剰な表現。決してそれを非難しているわけではなく、自分自身、それも好きだけれども、それが物語りの中心にあるため、内容がすっかすかに感じてしまう。

いや、主軸としては、一般的に弱いという認識のゴブリンのみを討伐するのみで銀等級を得たゴブリンスレイヤー。コミュ障でゴブリン以外には鈍感で、ただ、ゴブリンを殺すことのみに執着する青年が、冒険者になりたてで、ピンチに陥った女神官を助けたことをきっかけに仲間が増え、周りに認められていく。でもってハーレムではある。

ハーレムは、ハーレムで良いのだが、ゴブリンスレイヤーさんはつねに鎧を身に着けており、お顔が見えない状態にも関わらず、その不器用ながらの直向さや真面目さ、実直さに、女神官は惚れました。受付嬢も。エルフも。幼馴染も素顔は知っておりますが、そこではない所に惚れております。男は顔ではなく、魅力的でした。という体で進められていたのが、最終話で兜を外したゴブリンスレイヤーさんのお顔を頬を赤らめて見る女神官さんという思わせぶりな演出に、嗚呼、イケメンだったので。そしてイケメンはあくまで付属なのねとう言う感じが、なんか、もう、厭らしいよ。こんなの、皆、好きじゃん。『俺物語!!(『俺物語!!』 - アニメ視聴否忘失録)』的といいますか、男は顔じゃないけどモテるっていう設定が。

後は、物語りのキーになるゴブリンの存在。個人的にそれをどう扱ったものかちょっと良くわからなかった。人間に近い存在のゴブリン。『灰と幻想のグリムガル(『灰と幻想のグリムガル』 - アニメ視聴否忘失録)』の冒頭では、人間と同じように営みをするゴブリンが描かれていたが、この作品中のゴブリンはただ人を殺し、女を犯すという、残虐非道に描かれており、その行動原理がよくわからなかたので、単なる物語の必要にいるだけの存在なのだろうなとしか思えないというか。その点が浅く感じてしまった。その辺り、原作ではどうなっているのか気になるなと。

主人公は「俺は世界は救わない。ゴブリンを殺すだけだ」というのだが、皆が皆、世界を救うわけではないよねいとうのは凄く好感が持てるし、面白かった。

総評として中の中。

youtu.be

youtu.be

 

Rightfully(初回生産限定アニメパッケージ)(特典なし)

Rightfully(初回生産限定アニメパッケージ)(特典なし)

 

『宇宙戦艦ティラミスII』

全13話視聴完了。待望の『宇宙戦艦ティラミス』第2期。

sobraniepinks.hatenablog.com

今回も笑わせて頂きました。本格真面目SFのふりをしたコメディ10分アニメ。流石にスタート時ほどの勢いはないものの、安定の尊きくだらなさ。ただ、今期は視点が変わることが多く、ナレーションは入るものの、それ故のわかりにくさもあった気がする。

個人的にはスバル・ビヨンドが可愛くて仕方がない。特に回転寿司の辺りが、駄目な弟感が良かった。

総評として中の中。OPが頭から離れない。

youtu.be

 

宇宙戦艦ティラミス?地球限定コンプリート版[Blu-ray]

宇宙戦艦ティラミス?地球限定コンプリート版[Blu-ray]

 
TV アニメ「宇宙戦艦ティラミスII」主題歌 Gravity Heart

TV アニメ「宇宙戦艦ティラミスII」主題歌 Gravity Heart

 

 

『オーバーロードIII』

全13話視聴完了。

待望の『オーバーロード』第3期目。

sobraniepinks.hatenablog.com

sobraniepinks.hatenablog.com

前回、Ⅱにてトカゲとセバスチャン中心で、アインズ様の活躍が殆どなかったけれども、Ⅲはアインズ様大活躍。皆の期待に答えるためにいつの間にか世界征服を目指しちゃったりでついに表舞台に。でもって相変わらず、自分の行動が意図せず好意的見解と共にコロコロと転がって状況が変わっていくアインズ様。期待に答えようとするアインズ様。

そして、何たって圧倒的力量がある主人公って良いよね。しかも今回、第1話では、そんなアインズ様のサービスシーン満載。まさか、温泉入浴シーンまで見せてくれるだなんて。もう、顔がにやけてしまったよ。骸骨なのに。アインズ様めっちゃ可愛い。表情がわからないキャラクターってその行動次第で凄く愛嬌があるように見えるよね。アインズ様、好き。良かった。第4期もアニメ制作してくれると良いなと思う。

総評として中の上。

 

youtu.be

『人外さんの嫁』

全12話視聴完了。

5分アニメってOPがED曲とCMを抜いたら何分位になるのだろう。でもって、アニメの前に実写でカネノギさんという人外さん、妖怪というか、まぁ、そんなメインキャラクターの着ぐるみがお散歩するという映像が毎回挟まるのだけれども、それがCMでなく本編の一部だって気付くのに時間がかかったわ。

ストーリーとしては、人外さん×男子高校生の甘い新婚生活。とある高校、そこに通う普通の男子高校生である日ノ輪泊はある日突然、担任の先生に呼ばれ、不思議な生き物「ナネノギさん」の結婚相手になったと告げられる。反感もありつつ、戸惑いもありつつ、案外、幸せいっぱいな日常生活。

と、なんだろう。原作の4コマを読んだ時から思っていたのだが、人外さんはクラス写真から結婚相手を相手の意思も関係なく選ぶって、なんか、生贄的じゃないかと。でもって、学校は生贄を集めた空間で、物凄く非人道的な物語りが、このゆるふわな日常物語りにはあるなと。なんか、怖いと思ってしまった。最も、深く考えてはいけないのだろうけれども。いや、それも含めて萌とかなのだろうか。とかとか。

総評としては中の下。