読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

『クラシカロイド』

全25話視聴完了。

ソシャゲとかメディアミックとか絡まずに擬人化(?というか、イケメンカ化されないということを考えさせられる出来上がり。

面白かったよ。音楽、あの名曲なだけあって凄く格好良かったし。あの名曲らに歌詞を付けるという傍若無人っぷりにも関わらず、悪くなかった。が、何故かいまいち華が足りないというか、爽快感がないというか。音楽良くて、絵も動きも良くて、何故なのか不思議。ヒロインも個人的に嫌いではないのだけれど、ヒロイン感も女子高生感もほとんどなかったと思う。

トーリーとしては、音楽が盛んな地方都市で、祖母との思い出の詰まった、嘗ては舞踏会も行われていた大きなパイプオルガンのある屋敷を一人守る女子高生、音羽歌苗。それに、お屋敷に居座る幼馴染の残念少年、神楽奏助。歌苗の父は科学者であり、借金を作り、各地を逃げ回っていた。そこに、父の作ったクラシカロイドと呼ばれる、有名音楽家のアンドロイドだった。ベートベンこと、ベトさん。モーツアルトこと、モツさん。彼らがタクトを振ると、どこからともなく「あの名曲」が聞こえ、ムジークと呼ばれる不思議な超常現象が起きる。そして、さらにショパンに、女体化したリスト。シューベルト。でもって、少女化しアイドルとして活躍するチャイコフスキーに、バダジェフスカ。巨大音楽会社「アルケー社」の影の支配者として君臨するバッハ。星が降ったり、巨大ロボが現れたり、世界をバッハに支配させようという輩がおり、世界がバッハ化しそうになったり、宇宙人が現れたり、もう、どたばた大騒ぎな日々。クラシカロイドに秘められた謎に、音楽の有用性。音楽って素晴らしいな。そんな物語り。

とんでも展開だよね。第12話で「マス」になるとかわけわからなかったよ。でもって、もう、24話目でUFOが空に現れた瞬間、これ以上、どうするのかなと。宇宙人まで出されて、無茶苦茶だね。無茶苦茶過ぎていっそ最終話は清々しくもあったけれど。

毎週流れるあの名曲は名曲なだけあって良かったよ。『運命』はやっぱりインパクトあるなとか。まさかショパンがラップとか想像もしなかったし。この曲ってバッハだったんだ。良いなぁ、とか改めて。音楽の授業をまじめに受けてこず、さしてクラシックもという自分には、改めてこれがベートベンの曲なんだな。これがモーツアルトの曲なんだなと、自然に再確認させられて良かったわ。普段、耳にする曲でも有名クラシックとか、意識することないからね。

個人的にはベトさんと歌苗のちょっと恋愛的要素の噛み合わない感じが好きだった。第11話に、第19話。おっさんと少女の組み合わせが好きだだけかもしれないが、おっさん少女なチャイコのバッハらぶな感じとか。恋愛要素が無茶苦茶で成立しないのに、ある感じが好き。これもおっさんと少女だわ。

総評としては中の中。個人的に25は長くて、きっついわぁ、と思いながらさらりと楽しんでいる自分がいた。地味に歌詞とか編集とか歌とか、豪華。有名な人は有名なだけあるなと思った。

 

 

 

 

 

『舟を編む』

全11話視聴完了。

穏やかな安定した他人の人生を垣間見ている感じ。凄く良くできたアニメ過ぎて、11話あっという間で、あまりに受動的に話しが進み、主人公始め登場人物たちの時間が過ぎていくので、とても面白かったはずなのに、さらりと消化してしまった。本当に、白粥のような作品。

トーリーとしては、中型国語辞典『大渡海』という、辞書編集に関わるある編集部のお話し。主人公は、口下手で読書好きで元営業部の馬締光也。彼と一見ちゃらくて調子の良い西岡正志の出会いから物語りが始まる。辞書編集という地味で時間のかかる作業。ベテラン編集者の荒木さん。監修をする松本先生。契約社員の佐々木さん。それに、この物語り前半盛り上がりの下宿先の仲の良い大家、タケさんの孫娘の香具矢との出会いと恋。そして恋文。

「人をつなぐ言葉を編む」

最後の盛り上がりは、辞書完成間近に単語の抜け落とし発覚からの、辞書が出来るという所なのだが、イメージとしての文字がアニメとしての演出がさらりと良かったなと。原作小説だけれど、映像ならではの演出だったなと。

辞書完成間近に松本先生が亡くなるのだが、時期的な物とキャラクター原案の関係もあり、個人的に『昭和元禄落語心中』の松田さんと頭の中で被ってしまい、松本さんとしんみりした。

総評としては中の上。個人的感想として、記憶に残すにはよく出来すぎていたと思う。

 

 

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

 

広告を非表示にする

『3月のライオン』

22話視聴完了。

こんなに優しい物語りで、本当は悪い人など誰もいなくて、なのに、こんなにネガティブになるしかないだなんて、生きるのもままらない。大変過ぎる。

アニメ化初だっけ。『ハチミツとクローバー』を見た記憶と、原作を大分前に読んでいた記憶がごっちゃになり、なんだか前作があったかのような錯覚をしたよ。最も、そう感じさせる位にアニメの作りが丁寧で、たるいかなとも思ったが、あの原作の甘酸っぱいじりじりと切ない空気感がきっちり描かれており、決して続きか気になる内容ではないのに、次へ次へと見続けてしまった。

トーリーとしては、幼い頃に両親を交通事故で失った少年、桐山零。彼は父の友人である棋士、幸田に引き取られ、若干15歳で将棋のプロ棋士になった。自立への思いが強く、孤独であった彼は、下町にて一人暮らしを始め、1年遅れで高校に入学するも、周囲から孤立し、将棋でも不調が続いていた。そんな中、あかり、ひなた、モモという3姉妹と出会い、少しずつ変わり始めていく。

とても詩的で優しくて綺麗な物語り。誰も死なないのに死んでしまいそうで、はらはらした。詩的で息が詰まるのが心地よい作品。もう、どんな心持で見始めたら良いのかなと思ったが、OPが「BUMP OF CHICKEN」で、嗚呼、これだと。面白かった。

総評としては中の上。第2期も楽しみ。

 

 

広告を非表示にする

『けものフレンズ』

全12話視聴完了。

個人的に、なんか、タイムラインがこれで埋まり過ぎていて、そういうの、よくないと思っていたのだけれど、それだけでお腹がいっぱいダヨ。リアルタイムで乗れなかった分、尚更ダヨ。なんか、なんだか、それを呟いていらっしゃる方々がこのアニメを好きな感じとかちょっとわかっちゃう感じが、なんか、なんだかな、そうダヨネと。良かったは良かった。楽しかったよ。ほら、女児向けって感じ。自分、一番好きなアニメとか『アイカツ』だから。『ヒミツのここたま』とか毎週観ているし、『ジュエルペット』も『プリキュア』もお気に入り。もう、いつ通報されていても可笑しくない感じに拗らせているから。だから『アイカツ』の誰も悪い人が出て来ない、穿った見方をしないでも、真っ直ぐに生きて行ける。そこにネタに走らない『プリパラ』的オトナ受け感を突っ込んで、更に動物というある種のマニアックさを加えられたというか。でもって追加すると、絵は綺麗さを追い求めたらキリがないけれども、それでも、想像の余地を残させる拙さとかの方が良かったりする場合があるよね。ほら、エロ漫画、綺麗なのも良いけれど、フェティズムを追求すると、綺麗さでないというか。特に例に挙げちゃうとどこからそれ出したたの? そういう趣味なの?? となりそうで、本棚の奥に隠しておくけれど。面白かった。楽しめたよ。『きらりんレボシューション』とか思い出した。きらりん、凄く好きだった。可愛かった。実際に映像を見ていた時も脳内でかなり可愛く変換されていたなと。勿論、あれから3D技術はかなり進化したのだけれどもね。

トーリーとしては、この世界の何処かに作られた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこではサンドスターという謎の物質により、「アニマルガール」と萌え擬人化された野生動物たち。ある日、そんなパークに迷子の姿。かばんちゃん。かばんちゃんは自分が何の動物か調べるために、サーバルちゃんと図書館を目指す旅に出る。でもって、いなくなってしまった人間を探す旅にと、他のアニマルガールちゃんたちと出会ったり、仲良くなったりの大冒険。セルリアンという敵がいたり。でもって、ジャパリパークは何かのテーマパークの廃墟だったり。最終話でテーマパークが復活していたり。なんだか謎が多かった。

何も考えずに可愛い楽しいと観ている分には良いのだけれど、考察しようとしたり、考察的な感じのツイードでタイムラインが埋まると、本当にお腹いっぱいになる。そんな感じ。

総評としては中の下。先日、これとは関係なく上野動物園に行ったのだけれど、久々に動物見ると大きくてびっくりするね。パンダってやっぱり可愛いね。凄く可愛い。おっさんっぽさが良いね。

 

 

ぼくのフレンド

ぼくのフレンド

 

 

広告を非表示にする

『亜人ちゃんは語りたい』

全12話視聴完了。

主題がどうのとは別の所で、嫌な人が出て来ない。大人がちゃんと大人。常識が常識として存在する。その上できちんと面白い。見ていて清々しい、良い作品だなと。中々こういう作品少ないよね。良かった。

トーリーとしては、「亜人」と呼ばれる特別な性質を持つ人間だけどちょっと違う人たちが世間に「個性」と認められた世界。社会的な弱者である亜人生活保護が整備され、若者たちの間では亜人を「デミ」と呼ばれている。舞台は普通の高校。生物教師の高橋鉄男は亜人に興味があるも、一度も出会ったことがなかった。しかし、新学期。新任教師で「サキュバス」の佐藤早紀絵。お喋りでお調子者で元気で天真爛漫な「ヴァンパイア」の小鳥遊ひかり。実は優等生な「デュラハン」の町京子。実はコメディ好きだけど引っ込み思案で大人しい「雪女」の日下部雪。彼女たちとの日々の高校生活で繰り広げられる個性的な亜人たちとのハートフル学園コメディ。

主人公ハーレム物ではあったのだが、主人公の高校教師という職業柄と大人という感じがもう凄く安心感があった。下心が一切なく、真面目に亜人ちゃんたちと向き合っている。高橋先生に限らず、宇垣さんもだけれど、男性キャラがイケメンとか関係なく嫌味がなくて好感が持てる。更に、女の子がみんな可愛い。なかなかこういう作品少ないのよねと、思う。

亜人ちゃん、人外、特殊なテーマを上げつつも、実はそれは「個性」という。それに悩む思春期少女たちがメインなのだなと。第11話でそれを受け入れる同級生たちも良かったなと。みんな、優しくてよかった。

個人的に佐藤先生好き。横目にアニメ見ていたので、佐藤先生の眼鏡と、高橋先生の声が頭の中で重なって、『プリパラ』のメガ兄さんがチラついてしまったよ。

総評としては中の上。原作絶対面白いなというアニメ。漫画、近々そろえる予感でいっぱいだよ。最近、漫画を買いすぎて本棚飽和しているというのに。

 

 

 

『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』

全24話視聴完了。

原作、江戸川乱歩は、何処まで表記して良いのだろう。乱歩先生。ついこの間見た『乱歩奇譚(『乱歩奇譚Game of Laplace』 - アニメ視聴否忘失録)』の方がまだ乱歩先生リスペクト感があったよね。

今回は、『少年探偵団』を下敷きにした2030年の近未来。謎の探偵、明智小五郎の下に集う少年探偵団。ある日、メンバーの黄色ジャージ天真爛漫元気っ子な花崎健介は謎の少年、小林芳雄と出会う。小林は謎の霧により、死ねない身体になってしまい、そのため自殺願望が強く、常に「死にたい」と口にする少年だった。そんな小林に興味を持った花崎は少年探偵団に誘い、死ぬ方法を見付けてやるという。彼らの出会いはやがて、世紀の犯罪者である怪人二十面相明智小五郎の因縁と絡み合い、二人の運命を動かしていく。

と、もう、怪人二十面相×明智小五郎の痴話喧嘩に巻き込まれて、もう、いい加減に素直になれやと。更に天然たらしな明智さんは少年たちを魅了し、井上君も花崎君も夢中になっちゃうし。そこ、ちゃんとくっ付いておいてってなったよ。特に第18話の明智さんの戦場回想シーン。二十面相さん、間に女を挟んで「僕じゃもう君を満足させられないから」と言うの、どうなのよと。フミオさんやってけないよ。キスをしたら相手を魅了するギフトとか、急に言われても。そういう問題でもない感じが二人の間にあるでしょと。「君に刺激を与えたいんだ」って、いや、そう仰るならそれで良いのですが、それはもうお二人でとなった。更に、最終話では天真爛漫キャラだった花崎君が実は面倒な感じに拗らせて、それでも頑張るって、明智先生の代わりに二十面相に対峙した時、「先生にあいつは殺せない」って頑張るのだけれど、それもそれでどうなとと、明智さん、最終的に二十面相助けるし。もう、ちゃんと通じ合っているのに、子供巻き込まないのと。そんな目線でしか彼らを見られなかった。仕方ない。そんな作品。

総評としては中の下。GACKTさん良かった。

 

 

 

 

『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』

全13話視聴完了。

主人公、目の下のアイライン濃いな。それ位の感想。面白かったよ。中盤でいきなり超展開突き付けられるし。邪竜と恐れられているダガンゾートと、主人公の少年であるダガンゾートに両親を殺され、復讐を誓った自称剣士のヒイロの心臓が入れ替わっているとか。もう、予想しなかったよ。馬鹿な。ダガンゾートも人間の心臓でさぞ不便だろう。

トーリーとしては異世界ファンタジー。剣と魔法の支配するクナアーン大陸は強力な3国が均衡状態にあった。また、その大陸には崩壊をほしいままにしていた邪竜が存在しており、10年前、ヒイロの両親たち魔導士たちはダガンゾートを封印しようとするも、何者かの邪魔により失敗。幼いヒイロは、イケメンムキムキで礼儀正しいオーガと人間のハーフの剣士、ギルーに助けられ、育てられる。で、ヒイロは邪竜退治の旅に出るよ。ギルー、それを認め、共に旅をするよ。で、謎のヒロイン、実はお人形だったサラートが加わったり、裏切り者の情報屋エリンなど美少女もちゃんと登場。

なんというか、取り立てて何かとかなかったな。相変わらずすぐ忘れてしまいそうな、内容とかキャラクターとか。まぁ、ナンブーコとか、よく観ると良い顔しているなというガチムキおっさんがいたな、位。

総評としては中の下。特に何もないからさらっと見流せる。