アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『モブサイコ100 II』

全13話視聴完了。

 

sobraniepinks.hatenablog.com

第1期に引き続き、同様にとても良かった。面白かった。第2期はモブ君の成長と、それに伴って更に師匠は師匠になる的な。もう少し踏み込んだ2人の関係とか。

今回は、モブ君の家が焼けちゃったり、ちょっとグロ目の演出が、あの単純な絵だからこそ余計にグロく感じた。

最終的にちょっと泣ける。良かった。

総評としては上の下。何か面白いアニメってある? と聞かれたら、この作品を勧める。

 

ビリビリ ~誰かが見てる~

ビリビリ ~誰かが見てる~

  • メディア: Prime Video
 
モブサイコ100(1) (裏少年サンデーコミックス)

モブサイコ100(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

『東京喰種トーキョーグール:re』

第1期『東京喰種トーキョーグール』全12話。第2期『東京喰種トーキョーグール√A』全12話。第3期『東京喰種トーキョーグール:re』全24話視聴完了。

sobraniepinks.hatenablog.com

やっと終わった。完結。なんだろう。全部見ていて、原作も最初の方は読んでいたのだけれども、いつからこんなわからなくなってしまったのは。:reになってからか。そんな気がする。今回、『東京喰種トーキョーグール:re』の後半の13話~24話を見たのだが、本当に全くわからなかった。いや、ストーリーはなんとか追えていたはずなのに、全然わからなくて、正直、感想とか何を書いたら良いのかわからない。ただ、最終回で主人公が「主人公きどりか」と言われていて、うん。主人公だよ。と思い、それが全てだった気もする。カネキ君にみんなが付いて行ったのも、彼が何を考えていたのかも、彼の魅力とか、そういう所が置いてけぼり過ぎて、それがわかれば、もっとこの物語を楽しめたのかもしれないとも思う。最後にリサに「ありがとう」とか言っちゃう主人公、自分には本当に理解できなかった。

総評としては中の下。最後まで見たという達成感。

 

Tokyo Ghoul:Re - Part 1 [Blu-ray]

Tokyo Ghoul:Re - Part 1 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Funimation Prod
  • 発売日: 2019/05/28
  • メディア: Blu-ray
 
東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 

『ライフル・イズ・ビューティフル』

全12話視聴完了。

最終話の枠を別で取るの、本当に見逃すから止めて欲しい。年末年始があったし、仕方ないのかもしれないけれども。

何処かで見たことのあるキャラクターたちが、女子高生というキャッチーな感じで、ビームライフル競技を紹介する。それが全てだったような気がする。体裁としては部活、全国大会、もっと言うならばオリンピックを目指すとなっている。構成としては、可愛いキャラクターの紹介と競技の解説が主軸で、個人の成長であるとか、試合を通して物語りがあるとか、そういう感じでもなかった。ものすごくあっさり廃部された射撃部を復活させて、地区予選で勝ち残り、全国大会に出て、まぁ、団体準優勝。個人戦に至ってはダイジェスト風にあっという間に消化しての最終回で唖然とさせられたよ。

主人公は金髪ボブに真っ赤なリボンがトレードマークの小倉ひかりちゃん。普段はそうでもないのに、試合になると全国レベルの腕前に。明るく人好きする性格で、誰とでも友達になれるちょっと天然さん。なんだろう。可愛かったのだけれども、そこはかとなく自分大好き。自分以外には興味ない。友人らとの会話から、まぁ、主人公だから当然んなのかもしれないけれども、ちょっと上から見たいな言い方とか感じられて、純粋に可愛い天然少女だけで流せなかった。内容よりもキャラ重視の作品だったから、あえてなのだろうけれども。好みは別れるよね。

そして、美少女ツンデレお嬢様の姪浜エリカ。もう、あの赤い射撃スーツがさ。あの配色でなければ、流せたのかもしれないけれどもさ。アスカじゃん。エヴァ惣流・アスカ・ラングレーの二次創作かと思ったよ。

試合中、ちょいちょい入る挿入歌のキャラソンもなんだかなぁだった。

思う所はちょいちょいあったけれども、ビームライフル競技って全く知らなかったので、それはちょっと面白うで知れて良かった。それに尽きる。

総評としては中の下。

 

ライフル・イズ・ビューティフル Blu-ray BOX 1 (特装限定版)

ライフル・イズ・ビューティフル Blu-ray BOX 1 (特装限定版)

 
第1話 『ホワット・イズ・ビーム』

第1話 『ホワット・イズ・ビーム』

  • 発売日: 2019/10/17
  • メディア: Prime Video
 
ライフル・イズ・ビューティフル 1 (ヤングジャンプコミックス)

ライフル・イズ・ビューティフル 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

『真・中華一番!』

全12話視聴完了。途中から途中まで。

かなり昔に、小さい頃に『中華一番!』のアニメを見た気もするな。黄金チャーハンだよね。米粒一つ一つが玉子をまとってまるで黄金。黄金チャーハン。あれは衝撃的だったし、それ以外に何も覚えてはいなかったのだけれどさ。

アニメは、すっきりした絵柄で可愛いというのが第一印象。そして内容自体が、料理人としてのレベルアップするため、中国各地を回っており、何故か時折料理勝負をしているという位なので、特に『中華一番!』の記憶もなく、原作を読んでいたわけでなくてもすんらり観られた。最も、たまに当たり前に知っているでしょという感じで過去のあれやこれやあったけれども、個人的にあまり気にしない人なので問題はなかった。ただちょいちょい親切で回想映像をはさんでくれたりもしていたけれども。

ストーリーとしては、主人公は史上最年少で中国の頂点と言われる料理人資格「特級厨師試験」に合格した劉昴星(リュウ・マオシン)。マオ兄と慕う弟分的な少年、シロウ。師匠チョウユの娘で、ヒロインのおっぱい大きい美少女メイリィと共に旅をしている。そして、兄貴的雰囲気の鉄の麺棒を振り回すシェル。裏料理界で色々あった七星刀のレオン。その攻めの見本市みたいな2人を仲間加え、中国大陸各地に散らばる“伝説の厨具”を“裏料理界”から守るため、共に裏料理界と闘うことになる。

衝撃的だったのは、第12話での蟹料理対決にてレオンは対戦相手の出したスープを審査員が先に飲んだことによって蟹の味が感じられず、不味いと評価されるのだが、嗚呼、『鉄鍋のジャン』だったら普通のことだし、寧ろそのスープを見抜けなかったレオンの負けが普通なことなのになと思った。同じ料理対決でも作品が変わると、全然印象が違ってくるのだなと。それにしても、中華料理って勝負し過ぎじゃないと。嗚呼、あとマオとレオンの勝負で出た鯛の大きさもちょっとびっくりした。フィクション過ぎる。鮮度を戻す包丁もだけど、絵的インパクト大きかったな。

総評としては中の中。飲茶が食べたい。

 

PV https://youtu.be/rVhScOwNVJI

真・中華一番!  Blu-ray BOX

真・中華一番! Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: DMM pictures
  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: Blu-ray
 
夢を継ぐ者

夢を継ぐ者

  • 発売日: 2019/10/15
  • メディア: Prime Video
 
中華一番!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

中華一番!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 
真・中華一番!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

真・中華一番!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

『ノー・ガンズ・ライフ』

第1部全12話視聴完了。

ハードボイルド。SF。ちょいちょいわかりにくい下ネタが挟まれていた気がするのだが、大人なのでスルーするべきか悩んだ。

主人公の頭が銃。巨大なリボルバー

戦時中、ベリューレン社によって開発された身体機能拡張技術。それによって身体の一部、若しくは全部を機械化した者は拡張者(エクステンド)と呼ばれていた。拡張者と生身の人間が混在する世界。そんなスラム街で問題を起こした拡張者を処理する処理屋を生業としている主人公、乾十三。ある日、ベリューレン社から誘拐された少年、荒吐鉄朗の保護を依頼されたことをきっかけに、拡張体遠隔操作装置「ハルモニエ」を使用できる鉄朗と出会うこととなる。そして十三は成り行きで、ベリューレン社と敵対することとなる。

何よりも主人公の頭が銃と言うのは印象的。そして煙草をよく吸うのが、完全にこれは自分の問題なのだが、禁煙して何年もたってもいまだに煙草を吸う姿を見ると吸いたくなる。どうしようもない。が、ハードボイルドに煙草は付き物なので仕方ないね。格好良いもの。煙草、良いよね。

準主役の鉄朗。見た目、進撃のエレンちゃんかとたまに見間違える。そっくりだと思うのは私だけか。ヒロインは拡張技師の金髪少女のメアリー。わかりやすい美少女ではなく、そばかすの癖のある感じがツボだった。それと、大家さんのクリスティーナ松崎。こういう作品にオカマのお姉様っていつから必須になったのだろう。嫌いじゃないけれど、ちょっと疑問に思う。

物語りは一見すると複雑そうなのだが、説明が逐一入るので、見やすかった。そして一々格好良い。

まぁ、まだ第1部なので、全然、話しは途中。そして第2部は春放送とのことで楽しみ。

総評として中の中。

PV https://youtu.be/DbOqAQAb11E

 

ノー・ガンズ・ライフ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 

『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』

全12話視聴完了。2回目の放送で第2話を2回放送したのはネタなのか。面白くて続きとなっていた所であれ? となりつつ、どこか微妙に変えたりするのかなという期待半分、面白いから2回観ても良いかな半分で、最終的に何だったのだろう。

異世界転移変化球。コメディ。

「ありえないほど慎重な性格の勇者と彼に振り回されまくる駄女神が送る異世界救済が今、幕を開ける!」

特に難しいどうのこうのもなく、本当にこの一言に尽きる内容。ちょい古い絵柄で、奇抜な事をしているわけでもないのに、目新しくて、テンポが良くて。

ストーリーとしては、神々が暮らす統一神界と、救済難易度がある様々な人間界。そこで新米女神で残念美少女なリスタルテは救済難度S級の「ゲアブランデ」を救済することとなった。リスタはイケメンでチート級スキルを持つ勇者、竜宮院聖哉を召喚する。しかし、その聖哉は慎重に慎重を重ねた慎重な性格。己のブレない慎重さでリスタを振り回しつつ、竜族の仲間と共に、ゲアブランデの救済に尽力する。そして、聖哉の召喚は2度目だったという過去に、リスタとの前世での関係が明らかになったり。

面白かったよ。聖哉のちょい古いイケメンも良かったし、リスタの顔芸も。何よりも綺麗に最終回を迎えて完結したというのは、最近のアニメには珍しく、特に異世界転生、転移物にはほぼ見られない。素晴らしい。だけれども、なんだろう。なんだか一周してスタートに戻ったかのような感覚は。綺麗に終わっていたはずなんだけどさ。

印象的だったのは、エンディングのリスタのダンス。変に固い所とか、多分、こうして頭に残るよう計算されて作られたのだろうけれども、癖になる。何度も観てしまった。

総評としては中の上。

 

PV https://youtu.be/JkEH0nyKK7U

ED https://youtu.be/0j-c8y_bpvY

#1 この勇者が傲慢すぎる

#1 この勇者が傲慢すぎる

  • 発売日: 2019/10/05
  • メディア: Prime Video
 
この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる 1 (ドラゴンコミックスエイジ)
 

『本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜』

全14章視聴完了。異世界転生。チートではない。かなり長編の作品という噂を聞き、そして続編は春とのことで、自分はどこまでマインちゃんにお付合いできるか不安だよ。

かなりの省エネアニメ。動かない。兎に角動かない。主に会話劇なのだが、街のシーンで背景の噴水のみを動かすことによってまるで動いているように錯覚させるという小技を利かせてくるので、寧ろちょっと面白かった。そして会話しているキャラクターの顔も、口のみで顎は動かないという徹底ぷりに流石だなと。

ストーリーは活字中毒の本好き大学生、本須麗乃は図書館への就職が決まってすぐに不慮の事故で死亡し、目覚めると本がとても高級品で、魔法を持つ貴族が独占する異世界。そこで貧しい兵士の娘、本のない生活を送る少女マインとして転生した本須麗乃は、「本がなければ作ればいい」と現世での己の知識を使い、様々な物を発明しながら本作りに奮闘する。

異世界転移、転生物によくあるのだが、生活水準と文明レベルと識字率のバランスが悪いなという印象。序に言ってしまえば、主人公含む子供の等身と顔のバランスも悪い。第1話みて途惑ったよ。顔のアップと引きの絵の奇妙さ。そもそも体も子供の体型ではないしね。でもって、絵に特化して言うならば、レース編みという体で作った髪飾り。2作目から編み方変わっているし、マインちゃんの髪飾りのたれの部分ってすでに編んでもいないだろう。あの形って布で作るやつだよ。レース編みするなら、ちゃんと編もうよと。でもってマインちゃんは広告を編んで籠を作っていたとのことだが、彼女の持つ籐の籠に付いた模様は広告で作る籠ではできないやつだと思う。手芸好きなので、なんか、つい気になってしまう。最も、突っ込み所だらけではあるので、そんなこと気にして観る作品でもないのだろうけどさ。

作中、マインちゃんが特別な病気で体が弱く、死ぬか生きるか、そんな話しを真剣にしていたのだが、下の広告テロップで第四章どうのこうのと流れて、嗚呼、当分死なないと安心させてくれた。まぁ、大丈夫とは思っていたが、視聴中にネタバレするのどうなのかなと思う。

一応、次章作る雰囲気もありつつ原作はまだまだある状態なのだが、最終回でマインちゃんの力押しにはちょっとびっくりした。今まで商人としての駆け引きやら、やってきた実績やら、そんな物の集大成で教会と交渉するかのように見せて、いきなり異世界転生チート能力発揮とか。びっくり通り越してちょっと笑ってしまったわ。

基本的に都合の良い世界感ではあるよね。この都合というのは物語りを作る上で。都合のよさってハーレム作ることに特化しなくても良いのかということに今更ながら気付いた。そうだよね。物語り自体って作者の都合でどうにでもなるものね。そんな作品。

総評としては中の中。観る方も省エネで見られる。

 

https://youtu.be/8AUVNYmxJ_c

 

第一章『本のない世界』

第一章『本のない世界』

  • 発売日: 2019/10/03
  • メディア: Prime Video
 
「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」 Blu-ray BOX

「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2019/12/27
  • メディア: Blu-ray