読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

『ガーリッシュナンバー』

全12話視聴完了。

千歳ちゃんは自覚的に可愛いのをわかっている子ちゃんだと思っていたので、LIZ LISAとか着ているタイプだと思っていたよ。あの玉子ファッションはないわぁ、と思っていたのに、のだが、今日、新宿ミロード行ったら似た柄のTシャツが売っていて、嗚呼、あれはお洒落だったのかもしれないとか。それを理解できない自分はやはりお洒落を理解できないのだなと。

まぁ、アニメの前日譚になる小説を偶然なんとなくなのだが事前に読んでいたので、アニメ、凄く楽しめた。千歳ちゃんを良く知らない状態でアニメを見始めたら、きっと、千歳ちゃんの可愛さがわかるまで、あの根拠のない自信に満ち満ち溢れた感じとか、勘違いっぷりとか調子乗りな感じとか、イラっとしていたわ。愛せなかった気がする。前日譚がまさしく前日譚としてその役割を果たしてくれた。

アニメも良いのだけれど、アニメってみんな可愛いので、顔面偏差値具合がわかりにくいけれど、文章で美少女と書かれると、それだけで惹かれる物がある。最も、千歳が実際に可愛いどうのではなく、その「ちーさま」という愛称がぴったりである様感。第6話の水着沖縄回。お写真撮った千歳に「どんな感じ?」と問う八重に間髪入れずに「うん。私、ちょーカワイイよ」と返す千歳。凄く好き。ちーさま。流石です。その返答に躊躇いがない。中々このテンポでこの台詞出て来ないよねと。ちーさま。でもって、第11話のこの物語り最大の盛り上がり。悟浄君に泣きながら心の内を吐露するちーさま。「皆すぐわすれちゃうよ」「みんなのためになんて頑張れない。わかっているよ自己満足だって。傲慢で性格最悪だって」「自分のこと好きでいたいもん。私のこと好きになってもらいたいもん」ちゃんと自己認識が出来ていて、不安で押し潰されそうな中でも「消えたくない。誰にも負けたくない」「ちゃんとちやほやされたい。私が1番じゃなきゃ嫌」という強さとか。嫌いになれないよ。その後の悟浄君の色々台詞の良いシーンで最後、「お前は凄いよ」にも「もっと凄いって言って」と返すの、素敵過ぎる。

トーリーは新人声優の烏丸千歳のデビューと初めてのヒロイン役での栄光と挫折。声優業界のなんとなく業界内っぽいお話し。でも『それが声優!『それが声優!』 - アニメ視聴否忘失録)』ほどガチでもなく。いや、でもそのデビュー作「クースレ」の作画崩壊が問題になって、作中に「絵が・・・」となっているのに、そのアニメ自体も特に手のサイズとスマホのサイズ感とか、背景とか、かなり狂っている絵が時折あって、そのあたりガチっぽかったよ。あまり気にしない性質だけれど、作画崩壊を話題にするアニメの作画崩壊って洒落になってないよねとか。

そう言えば、先日、見たアニメのEDが「イヤホンズ」で、まだ活動していたのねと思うと嬉しくなった。『それが声優!』のみでの活動だと思って、すっかり忘れ去っていたよ。

この作品、個人的に凄く好きだったのが九頭プロデューサー。外見も中身もちゃらくていい加減。そんな彼と意気投合する阿吽の呼吸の千歳のコンビは中々良かった。互いに自分一番感。よく似た感じで、第8話の万葉の実家である温泉に行くことになった会話とか、良かったわ。で、最終話の「売れちゃおう!気楽に」と叫ぶ千歳に「それが聞きたかった」と答える九頭プロデューサー。このアニメ、こういう会話のテンポ凄く良いよねと。一気に観られる。

そんな九頭プロデューサーは駄目駄目なのだけれども、なんだか千歳同様に嫌いになれない愛らしさがあり、更に言うならば、そんな九頭プロデューサーに振り回されて冷たく対応するようになって結果的に甘やかすことになっている十和田アシスタントプロデューサーが、個人的、BがLしているようで、勿論、九頭プロデューサーは受けで、それはそれで美味しく頂けた。良かった。また、そんな彼らの溜まり場になっているBAR560のマスターの謎感もまたそれにまた一味加えられて。最後の最後で煙草吸っているアップの画像、必要なの? 何かネタ仕込まれているの?? と。ちょっと謎だったけれど、なんだか所々見過ごせない物があった。

まぁ、面白く最後まで観たのだが、残念だったのは、なんか、まぁ仕方ないのだが、そんな千歳、ちーさまが普通の新人声優のごとく努力というか、普通に営業活動しているようになってしまったのがなんだか寂しくある。胡坐をかいたまま突っ走って成功して欲しかったと思ってしまう。

総評としては中の中。これは何も考えずさらりと面白かったわ。12話あっという間だったよ。

 

 

小説 ガーリッシュ ナンバー (1)

小説 ガーリッシュ ナンバー (1)

 

 

『対魔導学園35試験小隊』

全12話視聴完了。

なんというか、何処かで見た事のあるキャラクターに設定にストーリーな気がして、二期なのかな? と見始めて、それが物語り内で完結している内輪の盛り上がり的な感じで、上手く乗れなかった自分は終始、疎外感があった。

ストリーとしては、魔女たちと人類の間で繰り広げられた「魔女狩り戦争」から150年。残存する魔導の脅威を取り締まる「異端審問官」を育成する「対魔導学園」に通う少年、草薙タケル。彼は剣では誰にも負けないが、武力の頂点は剣から魔法、そして銃へと移り変わり、剣はすでに時代遅れの物であった。銃の才能を持たないカケルが隊長を勤める「35試験小隊」通称「雑魚小隊」は劣等性を集めた集団だった。そこに魔女に対する異常な憎しみを持つ少女、鳳桜花が入隊する事により、物語りは動き出す。「あなたは目的のためならば大切なものをすてられますか?」と問う瑠璃色の少女であり武器である、ラピス。様々な脅威に立ち向かう、其々に秘密を背負った問題児たちの進む道。

まぁ、妹ちゃんのキセキちゃん可愛かったな。ぱっつん髪好きよ。お兄ちゃん大好きね。「キセキを殺して」とか印象的な台詞だよね。あと、うさぎちゃんをバニーガールには嫌いじゃない。その名前でバニーガールの衣装とか、卑怯でしょう。

総評としては中の下。駄目だ。他が、殆ど思い出せない。12話見たはずなのに。そして見返すことないのだろうな。印象の薄いアニメだった。

 

 

 

『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』『アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd』

第1期全File12と、第2期全File12の計24話視聴完了。

第1シリーズと第2シリーズを観るのに、若干、間ができたためか、なんだか色々変わったなと。良いところが台無しになったなと、なんとなく思ってしまった。

ストリートしては、第三次流砂現象により一部が泥に沈んだ東京。作業復興用に作られたはずの高出力強化装甲「ウィルウェア」を使った犯罪に対処すべく警察庁警備局はその吉祥寺分室に第五特別公安科第三機動強襲質第八係、通称「ダイハチ」を新設した。様々な法的制約としがらみに、知恵と勇気と口八丁で凶悪犯罪に立ち向かう。

 

で、第1シリーズは新人少女、花咲里あさみちゃんがダイハチに赴任する所から始まる。彼女の任務は増加するウィルウェア犯罪に対し有事に備えて実験的に創設された「ダイハチ」の実態を把握し、存続するに相応しいか上に報告する事。つまりスパイ。しかし、真の目的は行き当りばったりな強引でアバウトなやりかたをするダイハチを「正義の集団に更正させる」こと。という主人公を花咲里ちゃんに置いた上で、数々の事件の裏に日本社会の混乱を画策する犯罪集団「ロゴス」。インターネットを介して暗躍するロゴスは日本の政治基盤やライフラインも手に取るものであり、その正体は少年ミュトスであった。まぁ、色々ありつつダイハチが事態を収拾したね。と。

そこからの第2シリーズ。主人公はダイハチという組織であり、前作で活躍した花咲里ちゃんも、一見主人公風の顔に傷のある男、黒騎猛も、特に誰かをピックアップするというよりも犯罪に立ち向かうダイハチが中心だったように思える。ストーリーとしては、サミット開催に向けた「宇宙エレベータープロジェクト」が急ピッチで進む首都、東京。ロゴスから日本を救ったことにより、注目を集める存在となったダイハチ。しかし、ウィルウェアを利用した犯罪はその後もエスカレートする一方。新メンバーを迎えた黒騎たちダイハチメンバーは、新たに成立した法律によって実現した民間警備の協力の元、凶悪事件に挑む。テロとか。イイ人ぽかった東京都知事が実はちょっとな人物だったりとか。爆薬搭載の衛星が日本を標的にしたり、黒騎君、宇宙に飛んだり。まぁ、色々あった。あったが、第1シリーズのように「決裁」が難しいことなく、この決裁を口八丁で切り抜けるという見所が、ほぼなかったのが残念。一番面白い所だったのに。

個人的に凄く好きだったのは、新人だった花咲里ちゃんが「私、正義!」と振り切って、「ダイク」に所属して偉くなっていたことかな。それとLicoちゃん。フリーのソフトウェアのキャラクター。凄くかわいい。こんな子にスケジュール管理とかされたい。

印象的だったのは、ダイハチの室長、山吹凛。なんか、凄く『WORKING』のポプラちゃんそっくりだなと思ったこと。そして更に妹の陽という妹までそっくりで。なんだろう。このもやっと感。何とも言えない。

それと、最初、線路で捜査本部が移動していたかと思ったのだが、段々、それもなくなり。個人的に、なんだか設定ばかりが一人歩きしていて、生かされていない所が多く感じられた。線路が緊急車両通過のために塞がれるの、何か一大事っぽくてよかったのだけれどね。

総評として中の中。第1シリーズは良かった。

 

 

『魔装学園H×H』

全12話視聴完了。

ちょっとこんなエロアニメ、地上波で流して宜しいのでしょうか。規制ってなんだろう。何かしらん。もう、本当に、局部を映さなければ何でもよいわけではございませんのよ。ここまで行為を直接的に、しかもかなりマニアックなプレイまで。エロアニメ、個人的に見ないわけではないし、聖痕のクェイサー』『ヴァルキリードライブマーメイド(『ヴァルキリードライヴ マーメイド』 - アニメ視聴否忘失録)』とかも個人的に嫌いじゃないのだけれど、だからこそ、作り手の場所を選んだ自主規制をして欲しいと願ってしまう。しかも、幼げヒロインのシーンは完全にDVD特典とかCM打って、こういうのがアニメ嫌いな一定層を完全に否定できない要因になってしまうのだよと。

まぁ、そんな色々思うところはありつつも、基本的に作品自体には、馬鹿エロって嫌いじゃないなと。好きではあるのよと。戦場に突如現れるラブルームとか、ハイテクプレイルームは笑ったわ。特に第6話の場面転換は目を見張る物があった。白い部屋から、和風庭園に、教室ネコミミとか。唖然ですよ。更に接続改装に、絶頂改装とか。最終話の傷無君のレベルアップで変身シーンの尻がキュッと締まって、吐息がとか。可笑しいよ。可笑しいしか出ないよ。あと、もう音がエロアニメ過ぎて、最近、暖かくなってきて、窓を開けたままアニメ見ていたのだが、ちょっと音がヤバいってなったよ。もう。これ、地上波で放送したものだよね。自主規制ってなんなの。

トーリーとしては、人類は「第一次異世界間衝突」と呼ばれる異世界からの侵略を受けた。それから十数年後、人類は第二次異世界間衝突を懸念し世界各地に緊急避難用の海上フロートを作り、そこで暮らすようになった。ある日、姉からの命令で日本フロートに所在する「戦略防衛学園アタラクシア」を訪れた、主人公の少年、飛弾傷無。傷無には特殊能力である「接続改装」があり、アタラクシアに通う女子生徒にエッチな行為をすることにより、彼女たちが装着するパワードスーツである魔導装甲(ハートハイブリットギア)の能力えお飛躍的に高め、その魔導兵器と同等に戦えるようになるのだった。

のだが、エッチな行為ね。いきなり3Pとか、授業中の教室とか、全校集会の舞台とか、もう、本当にエロ漫画では王道かもしれないが、実際やったら引くわという変態プレイの数々。もう、傷無君は淡々とするのだけれど、寧ろそれが変態的で怖い。しかもその行為は姉を始め、捜査本部的な所から見られているとか。公開エッチって。何? 傷無君はエロ動画サイトのプロデューサー兼男優兼配信者なの?? あと、彼、誰でも「キレイだよ」と言えばやれるって思っている節ない? やれているけど。なんだろう。淡々としているのに、拭い切れない童貞臭さは。まぁ、これを普通のアニメと並べられるのはちょっとと思うよ。駄目だよ。

この手のアニメって音楽が凄く好みのことが多くはあるなと。特にEDの真名杏樹の歌う『ちッ』は可愛くて好きだなと。映像は、ミラーボールに丸いベッドという昭和ナイズな雰囲気で微妙ではあったけれども。

総評としては下の上。エロスと叫ぶマイブームを引き起こされて、もう、駄目だと思わさせられた。エロス!

 

 

魔装学園H×H (角川スニーカー文庫)

魔装学園H×H (角川スニーカー文庫)

 

 

 

広告を非表示にする

『MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang』

全12話視聴完了。

「銀河の果てまでKiss一丁! よろこんでー」とか叫んでいる場合じゃない。『ゆるゆり『ゆるゆり さん☆ハイ』 - アニメ視聴否忘失録)』以来の茶番と苦痛。個人的に。何故か個性的で被らない4人しかいないアイドルユニットのキャラクターの判別が難しいという謎。突っ込み所しかなく、30分が長く感じる割に忙しいアニメではあった。凄いなと。

銀河級にきらめく青春(ステージ)Big Bang! ピタゴラスプロダクションからデビューしたアイドルユニット「MARGINAL#4」。荒れ狂うシューティングスター、レッドな桐原アトム。静かに輝く一等星、ブルーの藍羽ルイ。優美でクレイジーなジェミニ、緑の野村エル。アーティスティックなジェミニ、黄色の野村アール。4人は先輩ユニット「LAGRANGE POINT」と、後輩ユニットである「UNICORN Jr.」と共にアイドルとして成長していく、だけれども、一歩ステージから降りると普通の現役高校生。アイドルプラス日常学園コメディ。メンバーの紡ぎ出す夢と絆のBig Bang。ね。Big Bangですよ。

色々と受け入れ難い所はあるものの、うどん回とか、個人的に気になってどうしようもなかったのが最終話。ピタドル総出演の「ビッグバンフェス」を数日後に控えたある日。銀河の果てまでキスを届たいメンバーはロケットにキスをしたCDを乗せて送ることになったのだが、うっかり「LAGRANGE POINT」のCDを種子島宇宙センターに送ってしまった「MARGINAL#4」のメンバー。アトムはロケット発射場にある種子島に単身向かい、CDを届けた時。もう、宇宙に何か送るのって1グラム単位で途方もない金額がかかるのではないのに、CDって、データで良いじゃんと思う自分が。さらに他のピタドルのCDも乗せちゃうとか、大丈夫? って。なったよ。その後、案の定、台風に巻き込まれて帰って来られないアトム君。交通機関全滅。ライブの時間に台風直撃とか。いくら会場が地下から駅に直結しているからって、観客の安全を考えたら、ライブ決行とかどうかと思いつつ、の、メンバーでチャーター便でアトムを迎えに行って台風の目が丁度会場の真上に来た所を上空から飛び降りて、とか。危険でしょ。操縦者も「どうなっても知りませんよ」とか言うよ。死ぬよ。でもって台風の目ってあんなんなのか。とか。もう、「俺たちが流れ星になったみたい」って、リアル流れ星なるよ。宇宙は始まらないよ。キスから宇宙はできない。駄目だ。もう可笑しい。折角、空から命がけで飛び降りたのに、その演出はないのねとか。自分的にはそこにめっちゃ突っ込んでいたが、知人はセットリスト変更までしたのに歌うのが4人のMARGINAL#4ではなく、3グループで歌うんだという所だったので、人はそれぞれ気になる所は違うのだなと衝撃だった。

まぁ、でも色々飲み込んでも「銀河の果てまでKiss一丁! よろこんでー!!」は印象的で頭に残るね。一丁という響きとアイドルのアンバランスさが良かった。

総評としては下の上。

 

 

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」OP主題歌「WeMe!!!!」

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」OP主題歌「WeMe!!!!」

 

 

『アイドル事変』

全事変12視聴完了。

トーリーは、アイドルが政治家。突っ込み所しかない。

彼女たち、全員アラサーかと焦ったわ。びっくりしたわ。ニッポンパラレルワールドなので、実際の日本とは常識が多々違うのね。本当に、国会議員参議院は30歳以上だったよねと。あんなに可愛くても、実家の畑をなんとなく手伝っているパーカーにひらひらミニスカートのツインテでアラサーかぁ。とか。焦った。怖いって。パラレルね。16歳ね。いや、高校は? 星名先生、公民勉強なさっていないでしょう。それはそれで怖いよ。

アイドルなのか政治家なのか。もう、「政治家がひらひらしたスカート履いて歌って踊る必要はない」と言われて、最終話でも「国政にパフォーマンスは不要」と言われていて、最もと。そこ言っちゃ終わりじゃないかなとか。まぁ、よくわからないおっさんに投票するより、可愛いアイドルに投票した方が良いのかもしれないと思ったり。でも「みんなを笑顔にしたい」と『プリパラ』だってもっと深いよ。政治家の物語りとしては、浅くって、アイドルとしては『アイカツ』劣化版。何とも言えなさがあったね。それが面白くもあったけれども。

まぁ、何も解決してはいない。ライブで歌は、なんとなく達成感あるよね。そんなラスト。嫌いじゃない。

総評としては中の下。印象的ではあった。特にCMの「総理、総理」と叫ぶ主人公は暫く忘れられないだろうな。

 

 

 

広告を非表示にする

『ノーゲーム・ノーライフ』

全12話視聴完了。

突然、引き篭もりオタクが異世界行っちゃう系ファンタジー。そしてチート設定。好き。凄く好き。更に異常な兄妹愛的距離感に、依存。駄目男の気配のする目元に常に隈があるとか素敵兄、ソラと、丁度良い美少女ロリ妹、シロ。腕に王冠。セーラー服に王冠。デザイン的にもツボった。でもって天才的頭脳でチート状態。良いね。凄く良かった。

トーリーは、ニートで引き篭もりの兄妹ソラとシロ。ネットでは「  」(空白)の名で無敗を誇る天才ゲーマー。そんな二人の前に神を名乗るチトという少年が現れ、10の盟約によって全てがゲームで決まる異世界へと召喚してしまう。異世界には16の種族が存在し、その最下位に属するのが最弱の人類種(イマニティ)。他種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前の人類を救うため、ソラとシロは頭脳バトルに挑む。

面白かった。最初のイマニティの国王選定の生きたチェスで、単なるゲームではない感じと、ソラのキャラクターにはまって、次に、しりとり。乳首とま○こを消して、女性服を消すとか、もう、想像もできなかった。これってありなのかと。で、コンピューターゲーム。面白かった。所々、魅せられるソラとシロの絡みも、卑猥ではない独特の距離感と空気。チェスのときに手摺に座らせる仕草に、酸素を共有するためキスをする二人に、上げればきりがない。良かった。

総評としては上の下。映画化なのね。2期はやらないのかな。原作買おうかな。