アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『アンゴルモア 元寇合戦記』

全12話視聴完了。

面白かった。負け戦なので、基本的に悲劇ではあるし、全然すっきりしないけれども、凄く面白かった。

1274年秋にある歴史的事件「元寇」を描いた作品。主人公は、鎌倉幕府によって流刑され、嵐の海を渡り対馬に着いた元御家人、朽井迅三郎。流人たちは、島の主である宗氏の娘・輝日姫によって、蒙古の大軍と戦う為に最前線である対馬に送られたのだと伝えられた。朽井迅三郎を中心に始まる、圧倒的に不利な戦。それぞれの「一所懸命」を貫く彼らの葛藤と覚悟の戦い。

個人的に歴史などよくわかっていないというか、本当に勉強と言うものが苦手で疎いので、フランス革命新撰組も色々諸々を漫画とアニメで知るような人間なので、元寇というのも今回この作品でそんなこともあったのだねと知ったのだが、歴史的事件を元にしているって、その後がわかっているから、なんか、終わりに向かっているのだろうなと途中から切なくて仕方がなかった。戦は負けではあるけれども、別解釈としては生きているから勝ちとも取れて。先がわかっているからこその胸が締め付けられる感じが面白い作品ってあるのだなと。

輝日姫がいつ朽井迅三郎に惚れたのかよくわからなかったが、主人公がどんどん男前に見えてくるのでそんなこともあるだろうなと思った。

総評としては中の上。漫画、3巻までしか読んでいないので、続きを読まねば。

 

youtu.be

 

『ダメプリ ANIME CARAVAN』

全12話視聴完了。

乙女ゲ的キャラ萌えアニメ

ヒロインのデザインが可愛くて観始めたが、色々杜撰。粗雑。適当。ソシャゲが元で、そちらがどうかは知らないが、アニメは、何だろう。計算された抜け感ではない気がする。駄目王子との恋物語は、個人的二次元駄目男が大好物の自分としては歓迎なのだが、駄目男というよりも、駄目王子で、駄目男という次元とはちょっと違う感じ。だからと言って、一国の王子として。ヒロインは姫として。そこがキーになってくるのかと思いきや、そもそも国の設定自体がどうなの? 状態。それが顕著だったのが、ヒロインが姫を務める弱小国家イナコ。第4話の「前途多難!? × 表敬訪問」で各国の王子がイナコ国を訪れ、市場に行くシーン。だが、国一番の市場が単なる森の空き地を広場として、店舗も、そもそも建物自体がない状態で、穀物などのやりとりをしているという。姫や国民たちの服装から見える生活水準と明らかにバランスが悪くないかいと。そんな違和感が続く中の王子達が姫を意識して、もう、恋愛物としては重要な回。イナコ国での祭りを描いた第9話の「ラストダンス × 争奪戦」ではそんなアンバランスさが気になって気になって仕方がないというか。その回のラストで姫が攫われて、各国の抱える問題と王子たちの未熟さからの成長に繋がる重要なエンディングに繋がるはずなのに、その勾引すのすら、何であの状況で?? とか、行き当たりばったり感。もう、終始そんな感じで、挙句、第1話で結んだ色々きっかけの和平条約を一方的に破くとか。国としてどうかとか。キャラ萌えが重要な作品なのだろうけれども、限度があるよ。無理だよ。そんなストーリーの横で萌えられない。キャラは可愛いし、特にヒロインのデザイン滅茶苦茶可愛い。で、魅力的ではあったのだろうけれども。あと、グリまるの存在意義がまったくわからなかった。

総評としては下の上。

youtu.be

 

 

 

ダメ王子 × 登場

ダメ王子 × 登場

 
ダメプリ ANIME CARAVAN 上巻 [Blu-ray]

ダメプリ ANIME CARAVAN 上巻 [Blu-ray]

 
ダメプリ ANIME CARAVAN 下巻 [Blu-ray]

ダメプリ ANIME CARAVAN 下巻 [Blu-ray]

 

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

全12話視聴完了。

なんだろう、この出来過ぎた感にあるもやっと感。多分、この主人公が老紳士とかだったら萌えられたのだろうなとか。亡くなったのも伴侶とかで。あと、個人的に絵柄が好みでない。特に猫。猫自体のキャラクターもなのだが、それ云々よりも、アイラインきつ過ぎ。可愛いと思えなかった。

ストーリーは軽くてさっくり観られるキャッチーさはあったと思う。人嫌いで人見知りの小説家、朏 素晴。捨て猫でノラ生活をしていた猫。ふとしたきっかけで一人と一匹は一緒に暮らし始める。人目線と、猫目線。微妙に噛み合わない二人の想い。だけれども、次第に近付く心。段々と家族になっていく一人と一匹。

まぁ、ハートフルだよね。人嫌いで一人だった主人公が猫をきっかけに様々な人と触れ合い、両親を亡くした悲しみを消化し、先に進むきっかけを手に入れたり。猫もノラとしての過酷な運命。亡くした弟たちの記憶に、新しい安心できる居場所を手に入れて。でもって、主人公のことを頼りなくて自分がいなくちゃと思い込んでいる、可愛らしい所とか。和むよね。更には最終的に作家である主人公が、この『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』をこれから書くぞというオチに繋がるのとか、本当に良く出来ていると思う。思うのだけれど、やっぱり出来過ぎ感がいまいち冷めた目線にさせられてしまったのは、自分がひねくれているからだろうか。最後、嵐の中、迷子の猫を探しに行っちゃうよね。うん。わかるわ。とか。なんか、もう自分が駄目だ。

総評としては中の下。

 

youtu.be

 

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)

 

『グランクレスト戦記』

全24話視聴完了。

壮大なファンタジーなのだろうだが、なんか、よく言えばバランスが良くとても安定している。大人数の戦争シーンですら絵が崩れない。程よくCGを織り交ぜて、手の抜き所と力が入っている所と、上手いなと思う。だが、凄く地味。華がなかった。

ストーリーは、若く君主であり誰にも従属していない未熟ながらも民衆のために戦う正義感を持つテオ。そんな彼が出会ったのは、外交、政治、戦略、君主を補佐するための様々な知識と技術を持つ天才少女魔法師であるシルーカ。冨と権力と己の欲を求める君主に失望していた彼女は、テオに出会い、忠誠を誓う契約魔法師となる。放浪の騎士テオと、孤高の魔法師シルーカ。混乱と戦乱の大陸で、変革と、秩序の結晶である皇帝聖印を巡る物語。

 

身も蓋もなく言ってしまえば、主に悪い君主をやっつけたり、戦略的に色々したり、最終的に良い君主を目指すテオ様が美少女魔法師と恋仲になりつつ、国を統治していくよ。そこにファンタジー要素ありつつな。そんな物語り。

個人的にちょっとなと思ったのは、最終回で赤い霧の魔王城的な場所で吸血鬼との戦闘という、画面的に背景がぼんやりしている分、更に地味だったこと。でもって、過去にこの国はとても発展した文明を持っていたという、急にぶっこまれても感。いや、伏線はあったのだろうけれども、この物語りに求めているのはそこじゃないみたいな。

総評としては中の中。なんだか、上手く頭に入って来なかった。

 

『アリスと蔵六』

全12話視聴完了。

幼女と老人って組み合わせ良いよね。和む。好き。

あらゆる想像を具現化するアリスの夢という特殊な能力を研究する研究所。そこで生まれ、外の世界を知らずに育った少女、紗名。研究所から逃げ出した沙名がであったのは、曲がったことが大嫌いで悪いことは悪いという頑固じいさん、樫村蔵六にである。蔵六の元で世間知らずだった沙名は様々な人と出会い、様々な風景を見、世界を知る。蔵六の優しさとか、沙名の純真さとか、もう、それが組み合わさると感動的な物語りになるよね。特に第5話の「帰るところ」で、誘拐された沙名を迎えに行く蔵六はちょっと泣いた。蔵六の懐の深さ良かった。良い感じに泣かせるために作られた感じ。

原宿を舞台にしているのも、個人的に好き。アニメとかだと原宿イコール若者的な作品が多いけれど、原宿にいる大人って個人的になんか好き。

総評としては中の中。漫画もお勧め。面白い。

 

youtu.be

第1話 赤の女王、逃げる
 
アリスと蔵六(1) (RYU COMICS)

アリスと蔵六(1) (RYU COMICS)

 

 

『アイドルマスター SideM』

全13話視聴完了。アイドルマスターシリーズの男性版。女性向けなのかな。

前回、シンデレラガールズの感想が、お前らプロ意識持てやだった。私情を仕事に挟みまくり。アイドルだって仕事で契約で多くの人が関わっているのだから、ちゃんとしろよと。だが、今回のSideMでは全体の年齢が高いためか、そういったことがほぼなく、安心して見られた。

『アイドルマスターシンデレラガールズ』 - アニメ視聴否忘失録

「理由(わけ)あって、アイドル!」そんなキャッチコピーで始まったSideMは、メインの3人組グループのセンターが元弁護士。でもってそのグループのメンバーが、元医者に元パイロットというエリートっぷり。更には他にも元高校教師などがいたりと。大人がいるという安心感が半端なかった。勿論、高校生もいるのだが、それでも保護者がいるという安心感。良かった。

個人的に感動したのは、合宿でノルマを達成した後、水着シーンやら、無駄に喧嘩を挟むことなく、クオリティを上げるために更に練習するなど、当たり前のようで、今までのアイドルアニメではほぼ観る事なかったシュチュエーション。勿論、大切なライブ前に風邪も引かないし、台風も来ない。凄い。凄く大事。

最終話は事務所総出で行われるライブ。それに向けてみんな頑張るよという流れがあるのだが、メインの物語りが元医者の桜庭さんが突っ走ってプロデューサーさんというか、事務所を通さずにお仕事享けちゃって、キャパオーバーして、とう流れなのだが、元弁護士、天道さんは、そりゃぁ怒るよね。契約上、明らかに問題があるし。でも、何だかんだ言って、桜庭さんを咎めたり、桜庭さんの事情に介入するのではなく、個人を尊重していこうというのは良かった。凄く大人な対応。

個人的に凄く好きなグループはS.E.Mのおっさん感。元教師同士というのもあって、同僚感が和む。大人だから、オフでは缶ビール飲んじゃうよ的なの良いよね。アイドル萌えとは別の所にある気もするけどね。そして、好きなキャラはピエール。急に現れた不思議キャラ。カエルの国の王子だっけ。謎過ぎるが、可愛い。可愛いは正義。癒された。どのキャラも良かったし、それぞれのグループ単体で12話でも良いなという位、魅力があったし、それを束ねる優しい長髪お兄さん的プロデューサーさんも良かった。流石、アイドルマスターシリーズだわ。

総評として中の上。ココ最近の女性向けアイドルシリーズで一番のヒット。

 

youtu.be

THE IDOLM@STER SideM ANIMATION PROJECT 01「Reason!!」 (通常盤) (特典なし)

THE IDOLM@STER SideM ANIMATION PROJECT 01「Reason!!」 (通常盤) (特典なし)

 

 

『ケムリクサ』

全12話視聴完了。

放送時のタイムラインが『ケムリクサ』で賑わい、まったく情報を持たずにタイトルしか把握していなかったので、期待いっぱいで視聴開始したら、タツキ監督なのね。うん。なんだろう。面白い作品を作るし、凄い監督だなとは思うけれども、個人的にそれは自主制作の範囲を超えないと思うのですよ。お金と時間と人を使って作るクオリティとは別物とうか。なんというか、タツキ監督のファンって信者みたいな人がちょいちょいいて、声が大きいなと思う。声が響くと言うか。そして私の好みとしてはお金と時間をかけた作品の方だという。

赤い霧に包まれ、荒廃した建造物に囲まれた、人気のない、謎の多い世界。そこにいる良く似た容姿の赤毛の3人の姉妹。責任感が強く行動的な物語の中心人物であるりん。ネコミミおっとりお姉さんのりつ。天真爛漫ムードメーカーのメイド服のりな。水を探しながら生きる彼女らの前に現れた記憶喪失の青年、わかば。水をエネルギー源として様々な効果を発揮するケムリクサ。世界を旅しつつ、世界の秘密に迫る物語り。

ラストのオチはちょっとおぉっとなったけれども、なんというか、超ブラック企業で磨り減りながら麻痺して生活する寂しい独身男性に向けた優しい物語り的な。ちょっと感動的というか。ただ、世界感がファンタジー過ぎて個人的にとてもぼんやりした印象。大人のための絵本みたいな感じだった。

総評としては中の下。音楽、OP好き。

 

Episode.1
 
KEMURIKUSA

KEMURIKUSA