アニメの感想。

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『HIGH CARD』

全12話視聴終了。シーズン1。
雰囲気格好良い、そんな印象。あと、黄色は色として強いなと。
舞台は、イギリス風な架空の国、フォーランド王国。そこにはエクスプレイングカードが52枚存在し、そのカードを所有するとカードに応じた特殊能力を持つことができる。
主人公は資金難で閉鎖の危機迫る孤児院出身の、決してお行儀のよいとは言えないストリートに生きる少年、フィン。偶然カードを手にした彼は、孤児院を救うため、一攫千金を狙ってカジノに行くが、そこでトラブルに巻き込まれることとなる。そして、国王が老舗自動車メーカー、ピノクル社を隠れ蓑に運営しているスパイ組織セオドールに所属することとなる。そこで仲間と共にカード回収の任務を行うこととなる。
52枚が多いのか少ないのか。
ヤンチャなフィンの急激な環境の変化。「必要なのはマナーと気品、そして命を張れる覚悟。それだけです」とお目付け役の事務職員な老紳士バーナードさんが保護者的に存在する安心感と掛け合いが良かった。
壮大な話しかと思って見始めたが、個人の問題が中心に物語りが進むので、国家は結局人でできているのだなと漠然と思った。

第4話の唯一の女性メンバー、ヴェンディの話しが一番わかりやすく印象的だった。一生懸命で、吞み過ぎて潰れて、可愛い反面、なのにカードの力を使って急に刀を抜くと豹変して強いの良い。戦闘恰好良かった。温和な褐色紳士の青年、ヴィジャイとの同僚的距離感も好き。

教育係で相棒な女たらしの世渡り上手なクリスの背負っている物や、カードに纏わる物や、主人公の過去や、あれやこれや。第8話後半の孤児院襲撃と火事からの急にヘビーな畳みかけ。
最弱のスペードの2。ただ真っ直ぐに弾を飛ばすだけ。そんな主人公の能力、もう真っ直ぐというの最高だなと。なんというか、第7話のクリスと手をずっと繋いでいる辺りから、最終話の一発の弾までが、嗚呼、これは自分は上手くはまれていないがBがL展開としてはありうるのだよなと、まぁ、単にバディ物なんだけれども。
主人公がちょいちょい恰好良くはあったけれど、個人的にはバーナードさんが最初から最後まで最高にイケメンだった。作中、彼を超える者はいないなと。
今、丁度シーズン2が放送されているのだけれど、色々な兼ね合いで録画できなかったので、気が向いたら配信観るかなと、そんな感じ。
総評として中の中。

 

youtu.be

youtu.be

HIGH CARD Vol.1 [Blu-ray]

HIGH CARD Vol.1 [Blu-ray]

Amazon

『SPY×FAMILY』

MISSION:26~MISSION:37視聴終了。シーズン2かな。前回第2期かと思ったら、第1期が全25話だったのかと。

『SPY×FAMILY』 - アニメの感想。

『SPY×FAMILY』 - アニメの感想。

相変わらずの安定して間違いなく面白いし、可愛い。人気作の理由がわかる作品。設定自体は結構重たいにも関わらず、コミカルで省エネで見られる。

個人的に絵柄も設定も好みでないのだが、にも関わらず面白く見られるし、アーニャはとても可愛いし、ヨルさん好きとなるし、ロイドさんは一生懸命で応援したくなる。もふもふ犬のボンド。特に、最終話のボンドとロイドさんのお散歩冒険はもう微笑ましくてにこにこしてしまった。
今期はバケーションで、任務で豪華客船に乗ることになったヨルさんと、福引で当てて旅行で同じ船に乗ることになったロイドとアーニャ。ちょっと変わった家族旅行。そして戦闘。ヨルさん滅茶苦茶格好良かった。思わず画面に釘付けになるね。今期は戦闘がとても良かった。
アーニャの可愛さは勿論なのだけれども、個人的にヨルさんが好き過ぎて、嗚呼、もう血がどうのではなく、人間的に最高の母親だなと。あの一生懸命にも関わらず、常に心に余裕がある感じが理想的過ぎる。可愛くて強くて格好良い。好き。こんなん好きにならずにいられないよ。
映画どうだったのだろう。もう配信になったのかな。そのうち観たい。
総評として上の中。

 

youtu.be

『神様になった日』

全12話視聴終了。
あの『Angel Beats!』『Charlotte』とスタッフとか同じ3作品目と。

 ボーイミーツガール。現代社会の高校生を描きながらも、ちょっと不思議な要素を入れつつ、没個性といいながらも自己が確立した没個性が個性の主人公が、破天荒気味なヒロインに振り回されつつも恋愛感情を覚える。そして登場する研究施設とか、病院とか、謎の政府機関の絡んだ白い建物。最終的にハッピーエンドと呼んで良いのか戸惑う一部にハッピーエンド。無茶苦茶なのに、なんだかちょっと泣ける。
もうこの『CLANNAD』の時から一貫した様式美とでも言うのだろうか。なんだこれと思いながら結局その世界観に惹かれて泣いている自分に自己嫌悪があるのはなんだろう。上手くこの作品の魅力と自分の感情をまだ整理できていないので、気持ち悪さだけが残る。
ストーリーは、目標もないまま高校最後の受験を控えた主人公の少年、成神陽太の前に突如現れた、神を自称するシスター姿の少女、ひな。彼女は「30日後にこの世界は終わる」と未来予知をし、どうせ終わるなら勉強など意味がない。ひなの未来予知的不思議な能力と天真爛漫で子供のようなひなとの生活。何故かすんなりひなとの同居を受け入れる両親。初恋の幼馴染み、更に幼馴染と父との関係改善。ラーメン屋を立て直したり、麻雀大会に出て無茶苦茶したり。妹の自主製作映画を皆で撮ったり。気が付いたらひなと陽太は人に囲まれ、2人の間にも新たな感情が生まれ、この楽しい夏が続くと思っていた。しかし、世界は確実に終わりに向かっており、その終わりとは、世界ではなく、ひなの世界の終わりだった。謎の天才ハッカー少年、鈴木央人の存在。彼によって暴かれたひなの秘密。一見健康そうなひなは祖父の開発したチップ型量子コンピューターを脳に埋め込むことによるもので、実は脳委縮と神経原性筋萎縮が起こる先天性の病気により、ほぼ寝たきりの幼い子供のような姿が本来のひなであった。それが謎の偉い人たちに見付かり、ひなは拉致され、強制的にチップを除去され、施設で介護される生活を送っていた。それを連れ戻そうとする成神 陽太。意思の疎通の難しいひなにとっての幸せとは。最終的に愛があれば、みたいな。
テンション高めの楽しい場面から落ちるのはきついよ。そして最後の方はあんな状態のひなちゃんを連れ帰って、生活大丈夫なのか、大変だよ。家族の負担もあるよ。陽太君だけの問題じゃないよ。陽太君、まだ学生だよ。行政の支援はちゃんと受けられるのかな。ひなちゃんの病気は遺伝するのかな。愛だけではやっていけるというのは理想論で、それを堂々と描けるのは物語の特権ではあるのだけれども、それでもそんなことばかり気になって仕方がなかった。それでも第9話の「判決」と急に上が動き出してひなちゃんが連れ去られるシーンと、最終話で皆で映画を見るシーンは結構ボロボロ泣いてしまった。
好きだったのは第4話の、美人弁護士、天願賀子主催の麻雀大会でルールをろくに知らないまま参加した陽太が無茶苦茶なひなのアドバイスで無茶苦茶なゲームをするのは笑ってしまった。
世界の終わりという物は命の数だけあるというのは、中学の社会の先生が言っていたなと、ふと、思い出した。あと、こう言うの今は大変よろしくないのかもしれないけれど、やっぱり白痴に一定需要あるよね。
総評は中の上。

 

youtu.be

youtu.be

『盾の勇者の成り上がり』Season3

全12話視聴終了。
異世界転移第3期。あの荒んで復讐を生き甲斐に強くなった主人公はもういなかった。寧ろこの作品で唯一の健全でまともな勇者となっていた。

今期ではもうすぐ復活するであろう鳳凰との戦いに備え、他の勇者にその修行法を教え、協力しなければならないという。そのために前シリーズの霊亀騒動でボロボロになり、元王女のマインの甘い言葉に乗せられ騙された彼らの説得と厚生が今回の話しのメインだったのかな。そしてその間に盾の勇者の結果的慈善活動と、増える仲間。
マイン王女、通名がビッチって言葉悪いのを当たり前に受け入れられていて、悪女でもなかなかこんな自然に堂々とビッチって呼ばれることなくないかと。それと、盾の勇者がハーレム作っているって、作中でもやっぱり周りにそう思われているのねというのは、ちょっとびっくりしてふふっとなった。そりゃそうだよねと。
廃人になった他の勇者たち。結構あまりにあまりで、騙されていたからといって、謝ったとしても、お前らのやったことはチャラにはならないし、「ごめんなさい」で許されることなどないのだよ。なんでそのあと普通に生活できているというか、普通に会話できているのか、もう面の皮が厚過ぎないかと。そもそも、盾の勇者を惹きたてるために必要以上に愚かに描かれている感も否めないが。
印象的だったのは、槍の勇者。マイン王女に騙されてすべてを失った彼の目に飛び込んで来たのは、酒場のテーブルでアイドルのように踊るフィーロちゃん。何故そこで何でそんな歌を不自然過ぎるよ。びっくりだよ。意味がわからないよ。そりゃそうやってアイドルや二次元に救われる気持ちはわかるが、それでもあの展開は強引過ぎるだろうと。「おとーさん」と盾の勇者を呼ぶの、笑いにもならないので、どう捉えたら良いのかわからなかった。

個人的に奴隷商が意外と愛嬌のあるキャラクターで見る度にちょっと良いなと思うようになってきた。
今回、完全に鳳凰の復活準備だったのかなと思って見ていたのだけれど、最終話で急にラフタリアの出生のあれやこれやのトラブル対応で終わって、ここでそんな入れてくるのかと衝撃的だった。そしてラフタリアの巫女服は世界観的にやっぱり強引で、この作品はご都合主義感が強いなと改めて思った。
総評として中の中。Season4制作決定とのことなので、また静かに待とうと思う。

 

youtu.be

youtu.be

『アンデッドガール・マーダーファルス』

全13話視聴終了。
そりゃ13話じゃ終わらないよね。もう冒頭からそんな感じで、大きな問題解決の過程をオムニパス形式に近しい感じで小さな問題を解決してく過程を楽しむ感じだった。
ビジュアルが兎に角好みな上に絵が綺麗でアクションが格好良かった。黒髪ぱっつんロン毛美女に、猫背の隈の酷い口達者な一見駄目そうな男って良いよね。そしてちょっと不思議な異形の者。終始画面が薄暗い。でも重たくならずに軽くわかりやすく物語は進んでいく。
ストーリーは、19世紀末。明治30年。半分鬼で半分人間の見世物小屋で「鬼殺し」をしていた青年、真打津軽。ある日、彼は不老不死の生首の美女、輪堂鴉夜。彼女の入る鳥籠を持ったメイドの馳井静句と出会う。輪堂鴉夜はある日、襲撃のよって奪われた体を取り戻すため、怪物専門探偵「鳥籠使い」として、吸血鬼、シャーロックホームズ、怪盗ルパン、切り裂きジャック人狼たちと推理と異能力バトルを繰り広げ、怪物絡みの事件を解決しながらヨーロッパを旅する。
個人的にミステリーやら推理というジャンルがあまり得意ではないのだが、説明が細やかでわかりやすいため、すっと内容が頭に入って来て良かった。ただ、人間関係が入り組んでいるのでそこだけは途中若干混乱したかなと。
印象的だったのはダイヤを巡るルパンとホーズムとのやり取り。津軽が落語を交えながら最終的にダイヤをかすめ取っているシーン。あのひょうひょうとしていてユーモラスな彼のキャラクターが際立ったなと思う。好き。
吸血鬼の綺麗なセクシーお姉さんカーミラとメイドちゃんの戦闘も良かった。特に最終回の太ももは、そんな演出があるのかと、ちょっと衝撃的だった。思わず見入ってしまった。
最後の人狼の話しはなんだか切なくて、どうしようもないなと。こんな後味で終わりにされると思っていなかったので「楽しいところに行きたい」「いろいろ見て回ると良いですよ」の会話が心に残った。
鳥籠の生首って作り尽くされた感はあるけれど、こう物語に組み込まれるとまた良いなと思う。嗚呼でもいつも髪の置き所が気になってはしまう。
総評として中の上。

 

youtu.be

youtu.be

『ゴールデンカムイ』

第37話~第49話視聴終了。第4期。

sobraniepinks.hatenablog.com

いよいよ結末に向かって話しも佳境のはずなのだが、細かなシーンや回想や目まぐるしい場面転換により、全体のストーリーが把握できなくなってしまった。面白いことはわかる。そして変態しか出て来ない。それは回を増すごとに、本当にヤバい変態ばかりで、よくもまぁそんな独自にあれがあれ過ぎる変態が描けるものだと感心してしまう。そしてその誰もが確かにかなりな高等者で倫理的ではないにも関わらず、何故こんな愛嬌があるのだろう。不思議過ぎる。

第4期。次はいよいよ最終章。ここで終わるのかいう最後ではあったが、もう、自分は本当に大筋がわからなくなっていたので、最終章の前に漫画を読んでから見ようと思った。

そして、そんな中でアシリパさんがチョウザメを調理していて、好きな物は好きな人にも好きになって欲しいというのが本当に可愛かったなと。チョウザメって淡水後だと初めて知ったよ。川にいるんだね。サメって海にしかいないと思っていた。

漫画はすでに家にあるので、早めに読もう。その上でアニメを観た方が、場面場面を綺麗に作っているのだから、楽しめる気がする。それに実写映画も気になる。こちらは配信待ちかな。楽しみ。

総評として中の上。

 

youtu.be

youtu.be

『婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む』

全12話視聴終了。
なろう系。悪役令嬢物の亜種。純愛コメディ。
コミカライズを先に読んでいたので、余計に、主人公の声が合っているのかわからず、銀さんのイメージが強いのもあるけれど、それ以上に見た目の若さに比べて声がおっさんというか、渋いと言うか。最後まで慣れなかった。
ストーリーは、森の奥で暮らす魔王と恐れられ、人嫌いでお人好しな天才魔法使いアレン。ある日、彼は森の奥で倒れている令嬢、シャーロットを見付け、屋敷に連れて帰る。シャーロットはにーるず王国第二皇子の婚約者であったが、家族に虐げられており、その上、冤罪をかけられ、一方的に婚約を白紙にされた上に追放されていた。今まで厳しい生活を送り、自己肯定感が低く、自らも規則正しい生活と優しい性格のシャーロットに同情をしたアレンは、彼女をメイドとして同居することを提案する。そしてアレンは何をしかいのかもわからないシャーロットに、今まで考えもしなかったこの世の快楽「イケナイこと」を教え込んで幸せにすると誓う。
思わせ振りにイケナイことと言いつつ、至って健全なイケナイこと。お夕飯にケーキにお菓子に食べ放題に始まり、何がイケナイかわからないけれど怒りを解放させるためにサンドバックを殴る。お洒落をする。散財をする。イケナイことそんなないよ。ちょっと前にツイッターでイケナイことを教える叔父と姪の漫画あったよな。あっちの方がイケナイこと感あったなと。それと、ごはんの代わりにお菓子を食べるは、大人になるとそんなに食べられない。そして大人になってごはんもお菓子も食べると太るなと、ああいうのはできる時にやっておくべきだよ少し悲しくなった。
アレンのチート感は格好良い部類に入るのだろうけれども、登場シーンのシャーロットを助ける姿とか、圧倒的力とか。人嫌いと言いつつ、もうシャーロットを家に置く時の気遣いとか、全く人嫌いな風はなかったなと。お人好し過ぎて人嫌いなのかも。そして、残念イケメン感。これは声の影響も増したなと思う。パパ活風に見えて仕方がなかった。そして冒頭はシャーロットも床の木目を数える残念ヒロイン。これ、アレンとシャーロットが出会うことに寄って互いの心の傷が癒えていく物語りだったのかもしれない。
猫耳配達員のミアハが個人的に可愛くて、丁度良い突っ込み具合が良かったな。最初の物入りでしょうしの突飛で的を得たの良かったなと。他にもアレンの義妹のエルーカやシャーロットの妹のナタリアに、きゃいきゃいしている女の子集団が可愛かった。
シャーロット、最初に住み込みメイド条件の三食昼寝部屋におやつ付きは良いなと、こういう条件を見る度に素敵と思ってしまう。
明らかな両想いなのに初々しい付かず離れずは、個人的にまどろっこしくて楽しめない。でもハッピーエンドは良いな。最終回でシャーロットが「朝が来るのが楽しみなんです」と言うのはちょっと感動しちゃった。もう、朝が楽しみな感覚とか、最高に幸せになれたよと。アレンとどうのこうのとかどうでもよくで、シャーロットがそんなこと言えるようになったのは本当に良かった。
総評としては中の中。

 

youtu.be

youtu.be