アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『歌舞伎町シャーロック』

全24話視聴完了。

推理落語というコメディー的ミステリーだと思って観ていたら、実はBL三角関係の特殊性癖の泥沼愛憎劇だった。

ストーリーは、新宿區が東西を壁とゲートで分けられた世界。混沌たるイーストサイドの歌舞伎町にある探偵長屋が舞台。ウエストサイドで医者をしていた青年ワトソンはとある事件に巻き込まれ、その長屋にいる落語を愛する変人探偵ホームズに依頼をするために来た。そして色々あってホームズの助手となる。長屋のオーナーでBARパイプキャットのニューハーフママ、ハドソン夫人。ケッペキ探偵の京極冬人。男を化かす姉妹探偵のメアリとルーシー。刑事崩れのおっさん探偵ミシェル。チンピラ探偵の小林寅太郎。どこか聞いたことがある名前の個性豊かな探偵たちは、事件の依頼を受けると、報酬をゲットするために犯人捜しの推理レースが始まる。

個人的にミステリーは『名探偵コナン』しか履修していないので、本当に疎いので、まさかそんなシャーロックがワトソンとそんな関係で、モリアーティがあんなかんじだったなんて。最近の作品は『文豪ストレイドックス』とか『文豪とアルケミスト』とかもそうなのだけれど、あれ、文豪だけど、まぁ、他のキャラクターの名前を使う意味と必要性があるのか考えてしまう。あまりに有名だと、薄荷とかフォスフォフィライトとか、印象を与えるキーとして作用するのか。あるいは、『シャーロック・ホームズシリーズ』に対するリスペクトなのか。まぁ、『シャーロック・ホームズシリーズ』を読んでいないので、これ、観ていてわかるのかなと若干敷居を上げてきたのだけれど。

色々思うところの多かった作品だけれども、一番引っかかったのは、落語。主人公が落語好きということだけれども、彼はどれだけ落語を知っているのだろうか。ご隠居って誰。ご隠居がいなければ落語にならないとでも思っているのだろうか。それでも、視聴開始直後はもっと古典落語と絡めて物語が動くのかな、と期待したのだけれども、単に急に口調が落語っぽくなるだけという、しかも会話が噛み合わない、一方的な喋りでコミュニケーションが取れていない、完全なるコミュ障。急に始まる謎の語り。寒い。置いてけぼりだよ。最後まで、いや、最終話が一番うすら寒く感じてしまった。

総評として中の下。歌舞伎町が賑やかだった。久々にEGO-WRAPPINの曲を聴いて、学生時代を思い出して懐かしくなった。いつも行っていた雑貨屋さんが流していたなと。

 

youtu.be

 

#01「はじめまして探偵諸君」

#01「はじめまして探偵諸君」

  • 発売日: 2019/10/12
  • メディア: Prime Video
 
歌舞伎町シャーロック BOX 第1巻 [Blu-ray]
 
ベストラッピン 1996-2008

ベストラッピン 1996-2008

 

『異種族レビュアーズ』

全12話視聴完了。最初、MXで観ていたのだが、5話以降から放送中止となり、その後はBSでの視聴。

内容としては、人間は勿論、エルフ、獣人、悪魔に天使と、あらゆる異種族が混在し、暮らしている世界を舞台に、冒険者で人間のスタンクと、エルフのゼル、ハーフリングのカンチャル、犬獣人のブルーズ、そして天使の輪を破損させて天界に戻れなくなった天使のクリムヴェールたちが、あらゆる異種族のスケベなお店のサービスをクロスレビュー方式で発信していくというもの。

よくこの性風俗という題材の作品をアニメ化したよ。漫画の帯でアニメ化知ってびっくりした記憶がある。しかも地上波でと。

個人的には、どうしてここまで偏見や差別のない優しい世界を、ここまで下世話に描けるのだろうかと衝撃的な物だったのだが、性風俗という時点で噛付く人多いよね。

ちょっと前に芸人の岡村さんが「コロナの影響で可愛い子が風俗に来るの楽しみ」的発言をして怒られたらしいだのどうだのとう噂を聞いたのだけれども、自分はラジオは聞いていないのではっきりしたことは言えないが、そんなに間違ったことを言ったのかなと思った。風俗って売る側も買う側も、売春とそれに準ずる商売に悪ってことはないと思うのだよね。人間の欲求をお金に換算して売買するって、美味しい物を食べたり、買い物をしたり、それらと一体何が違うのだろうって、自分はずっと謎なのだよ。そして、もしそれらの商売で誰かが搾取されているとしたら、それはシステム上の問題なので、ルールをちゃんと設けるべきだと。まあ、自分はそんな風に思っている。そして、この作品はそんな風に思う自分が、気持ちに合致して楽しめる作品。

作品自体に思うところは、個人的に、人間のサキュバス嬢であるミツエさんが、自分よりもはるか年上のエルフなどのサキュバス嬢たちに、熟女の大ベテラン的立ち位置で物を言うのがよくわからないなと思った。特にミツエの部屋とかコーナーがあった分、彼女の立ち位置が謎だった。

総評としては中の上。人を選ぶが、一見の価値ありだし、漫画も面白い。

 

異種族レビュアーズ (ドラゴンコミックスエイジ)
 
異種族レビュアーズ 1《 通常版 》 [Blu-ray]
 

 

『神田川JET GIRLS』

全12話視聴完了。

主にお色気系+ちょい百合要素。ただ、力が入った白消しは第2話くらいまでで、その後はまあ健全画面。健全、いや、見せられる範囲というか。

ストーリーは、「ジェットレース」という、水上バイクのようなマシンを操縦するジェッターと、ウォーターガンで対戦相手を攻撃するシューターの2人1組で組んで競う競技がメジャーな世界。そこで、伝説のジェッターを母に持ちジェットレーサーを目指して上京した主人公、波黄凛。彼女はクール系美少女、蒼井ミサと出会う。2人は共にパートナーとして絆を深めつつ、ライバルたちとレースを繰り広げながら、神田川杯優勝を目指す。

まぁ、普通に勝って普通に終わるのだけどね。

個人的におっと思ったのは、第10話の水着回。ビーチバレー対決というお約束展開に主人公の2人の声掛けが「レシーブ大事にね」「声かけ忘れずに行こう」という。文系どっぷりな人からは出てこないようなリアルな感じが良かった。まぁ、バレーとかやらないから知らないのだけどさ。あと、ちょいちょいエロ衣装なので、水着回が映えないね。

あとは、浅草観光とかする回があるので、浅草に行きたくなる。浅草寺に参拝して、大黒屋さんで黒い天丼食べたり、仲見世通り冷やかしたり、無駄に和紙とか買っちゃって、今はなきアンゼルセンでサバラン食べて、神谷バー電気ブラン飲んだり、ホッピー通りで煮込みつまみつつホロ酔いとか。浅草堪能も好きだし、浅草から道具屋筋冷やかしつつ上野までお散歩も好き。スカイツリーから浅草まで歩くコースも楽しい。あとは最近、夜中にYouTubeで雷門のLive映像見るのにはまっている。なんとなく夜中でも警察官は普通にお仕事をしているし、スピーカー付いているので、静寂の中にも車や電車の音、騒ぐ声とか聞こえて、世界は回っているのだなと安心する。

総評としては中の中。

 

youtu.be

#01 神田川が呼んでいる

#01 神田川が呼んでいる

  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: Prime Video
 
神田川JET GIRLS Vol.1 [Blu-ray]

神田川JET GIRLS Vol.1 [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/01/24
  • メディア: Blu-ray
 

 

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』

全24話+総集編1話視聴完了。第3期第1部。

作品どうのということではなく、個人的問題として、あんまり長いと集中力が欠けてよくわからなくなってくる。あまり大きな盛り上がりもなく一定テンションで流れがちな24話。そして初回は1時間。ずっと見ているはずなのに終わらない。そして最終話まで見ても、続く。長い。

ストーリーは、ゲームのテストダイバーのアルバイトをしていたキリト君。事故で怪我して意識不明で何かに巻き込まれて行方不明。そしてゲームの世界。ログアウトできない仮想世界アンダーワールド。そこで親しくなった少年ユージオと共に剣士として世界の秘密に迫る。そして戦ったり。色々。なのだけれども、後半唐突にエロゲー。唐突にエロとグロで衝撃的だった。

あと、最終話の後にゲームの宣伝をするので、長々とCMを見せられたのかなと錯覚しかけた。そんなことはないのだけれどさ。

総評として中の中。

 

第1話 アンダーワールド

第1話 アンダーワールド

  • 発売日: 2018/10/13
  • メディア: Prime Video
 

『星合の空』

12話視聴完了。中途半端。打ち切りなのか。なんか、全てが途中。残り12話作るのかな。このまま不完全燃焼の完結しない物語のまま放置されるとか、本当に耐えられない。が、ストーリーがしんどくて、観るのも辛い。すっきり終わるのだろうか。彼らは救われるのだろうか。なんか、何もかもが許されざる中途半端さ。

男子中学生の群像劇。舞台は廃部寸前のソフトテニス部。

主人公は、ストーカーでDVで金の無心に来る父親から逃げるために母親と引っ越して来た桂木眞己。彼の幼馴染だった新城柊真はソフトテニス部の部長で、夏の大会で一勝するために、眞己をお金で入部させる。そして、真面目で一直線で、優秀なプレーヤーで母の愛を一心に受ける兄を持つ。副部長の布津凜太朗は養子で養父母の期待に応えようとする一方で、本当の母親の影を追う。曽我翅は父親とサッカーを辞めたことをきっかけに上手くいかなくなり、試合前に揉み合って階段から落ちて手首を骨折する。竹ノ内晋吾は異母兄妹の杏ちゃんと仲良しだが、義母は娘ばかり可愛がって二人が仲良くすることに難色を示している。雨野樹は幼少期に母親に虐待されていて背中に火傷の痕があり、姉はソフトテニス女子部の副部長。月ノ瀬直央は過干渉な母親を持ち、そのストレスで虚言癖がある。石上太洋は両親が過保護。マネージャーの飛鳥悠汰はジェンダーで悩んでいて、母親とそのことで確執がある。そして、主人公と同じマンションで絵を描くことが好きなオタク女子的御杖夏南子ちゃん。

皆、これでもかという位に問題をため込んで、色々あるさ。大変だよ。そんな問題を抱え不真面目だった彼らは、眞己君の並外れた運動神経と体力と、アドバイスに次第にソフトテニスに夢中になっていく。

なんだろう。何も解決していないのだけれども、コートの中では自分とソフトテニスしかなく、別の世界なのだなと。試合は各々の抱える問題とは別のところで進行するから、もやもやして観ていたはずなのに、なぜか達成感がある。個人的に、スポーツのこういう所が良くて、苦手だ。

曲、OPもEDも良かった。でも、EDのダンス、良かったけれど、あの問題はいつの間にかクリアになっていて、これは単純に良いなと言って良い状態になったのかな。謎で良かったと言えない。

総評としては中の中。完結したら良い作品だったと言えるのだろうなという気配はあるが、中途半端過ぎて誰にも勧められない。

 

youtu.be

youtu.be

第1話

第1話

  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: Prime Video
 
水槽/髪飾りの天使 [星合盤]

水槽/髪飾りの天使 [星合盤]

  • 発売日: 2019/11/06
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
籠の中の僕らは

籠の中の僕らは

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

『空挺ドラゴンズ』

全12話視聴完了。

原作が好き過ぎて。あのモノクロの絵の、線の勢いが滅茶苦茶格好良くて。良くできていたアニメだと思う。原作通り、イメージを壊すことなく、壮大な空のファンタジー。だからこそ、3Dアニメーションで汚しのないというのが、あの漫画の良い所が薄れてしまったというか。映像だからこそできる迫力であるだとか、そういったものを期待していたのだけれども、感想としては、絵が動いていたな。最終話の竜の巣でカラーであの龍の姿は気持ち悪いけれども、それで終わってしまった。流石に、見せ場ではちょっとうるっとはしたけれども、それは原作が良かったからに尽きる。

ストーリーは、人々に脅威と災害を齎すと同時に、薬や油、食料として価値がある空の覇者、龍が存在する世界。捕龍船を操り、龍を狩りながら空を旅する龍捕りたちの物語り。

捕龍船クィン・ザザ号を舞台とし、主人公はそのクルーたち。まず、中心となるのは普段はぼーっとしているにも関わらず、龍に夢中で、特に食べることに固執するロン毛イケメン、個人的に滅茶苦茶好みのミカさん。そして、好奇心旺盛な新人乗組員の少女タキタ。主に彼女の視点で物語は動く。そして、生真面目冷静な少年ジロー。クールな美人お姉さん、ヴァナベル。まぁ、色々魅力的なキャラが盛り沢山。特にコックのちょび髭ヨシさんの、淡々と龍料理を作り、ミカさんの摘まみ喰いを咎め、皆の胃袋を掴む姿が良かった。

リアルな龍の料理が魅力的。実在しない料理だからこそ、いや、実在する量をを元に実在しない食材を使った料理だからか、食べられないものの方が想像を刺激して心惹かれるよね。物語の中枢に龍を喰うというのがあることが、ファンタジーとしてもグルメ物としても新鮮で面白かった。

総評としては中の中。音楽良かった。あと、やっぱり漫画が凄く良いよ。面白い。

youtu.be

 

『異世界かるてっと2』

全12話視聴完了。『異世界かるてっと』待望の第2期。安定の省エネキャラ萌えリミックス。

sobraniepinks.hatenablog.com

特に感想は前回から変わることもなく。ターニャ大好き。可愛い。良い。アインズ様との掛け合い最高だぜ。そこに全振り。でもって『盾の勇者の成り上がりhttps://sobraniepinks.hatenablog.com/entry/2019/07/04/020644』が追加投入でカルテットでなくなるのではないかと危惧していたことだが、あくまでサブ的な添え物で、でも、さすが物語の主人公。存在感はあるぜという。程よい新要素も良かった。そしてうっかり『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜https://sobraniepinks.hatenablog.com/entry/2020/01/14/203000』がゲスト出演したの、見逃した。キャラ数が多くて、よっとよくわからなくなってしまった。

前回が体育祭エンドで、今回は文化祭。デストロイアとの闘い。微妙に物語の本質に触れているようでやんわりそらされたかのような。そのぬるさが魅力なのだろうけれども。取り合えず続編を楽しみ。

総評として中の中。