アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』

全12話視聴完了。
ゆるい系異世界転生。過労死し、自ら希望して不老不死の魔女アズサとなる。時間に囚われず、辺境でのんびりスローライフ。スライムを倒し、薬を作って麓の村に売りに行き、辺境の魔女さまと親しまれるアズサ。ある日、ふと己のレベルを調べてみると、毎日コツコツのスライムの経験値でレベル99の世界最強に。瞬く間に広まる噂によって、今までの穏やかな日常に変化が。
押し掛け弟子のレッドドラゴンの娘、ライカちゃん。アズサが倒したスライムの魂が集まってできたスライムの精霊で、アズサをママと呼ぶ双子の姉のファルファと母さんと呼ぶ妹のシャルシャ。ブラウスとドロワーズにサイドの開いたエプロンドレス風のワンピに腰をエプロンで留めている衣装が、他になくて、とても可愛い。ドロワーズ見えるの、凄く可愛い。更に、残念美少女、やらかしエルフの調薬師で弟子入りしたハルカラハルカラを追って来た上級魔族のベルゼブブ。幽霊のヤンキー少女ロザリーちゃん。他にもブルードラゴンの娘のフラットルテちゃんに魔王のペコラに。可愛い女の子たちのキャッキャうふふなハーレム。可愛い。

ケルト音楽のようなBGMが軽やかなスローライフの作品と合っていて良かった。大草原に大きなログハウスに、なんだかとても素敵。

ちょいちょい出て来る食べ物、第1話のオムレツに始まり、ログハウス作っている途中のお茶に、第2話のライカちゃんの作った特大オムレツ。クッキー。もう、絵が良くて魅力的だった。

まぁ、基本はゆるふあなのだけれども、個人的に、最終回で「転生してからの300年。~最近の方が楽しみでいっぱいだと胸を張って言える。一人のスローライフもいいけれど、皆で過ごすスローライフはまた格別なのだ」と仰っていたのが、不老不死って怖くないのかなと。だってアズサの寿命は終わらないけれど、他の皆の寿命は先に終わるのだよ。最初に迷いなく不老不死と言い、それを受け入れ、その孤独に何も言わない彼女は、何も考えていないのか、達観しているのか。麓の村も、昔も今も友好的だけれども、それがこれから先ずっととは限らないじゃないかとか。世界最強の彼女の存在が公になって利用しようとする人もいるかもしれないとか。何も考えず、可愛い楽しいと観てはいられるが、危うい怖さがあった。そういう作品ではないのはわかってはいるのだけれどもね。不老不死というの、それだけでちょっと重く考えてしまった。
総評として中の中。

 

youtu.be

『ましろのおと』

全12話視聴完了。
三味線格好良いよね。聞いていて好きだなと。だから、三味線アニメ良かった。音楽に映像とストーリーが付いた時って、音楽のポテンシャルを更に高めると思う。『ピアノの森』とか『四月は君の嘘』とか。ただ音楽を聴くのも勿論良いのだけれども、付属するものができると気持ちが更に動くというか。なので、三味線音楽をより良く聴くためにストーリーが付属して良かったと、思った。が、ストーリー自体は考えれば考えるほどもやもやとする内容なので、それを演奏で緩和している印象だった。主人公が理不尽な目にあい過ぎていて、それを受け入れがちな状態に、嗚呼、彼の育った環境が慮られて、切なくなる。大人たちは彼に三味線を弾いて欲しくないのだろうか。
ストーリーは、師匠であり育ての親でもあった祖父松吾郎の死をきっかけに、青森から逃げ出して東京に来た主人公の少年、澤村雪。偶然出会ったホステスで売れないグラビアアイドルのヒモとなり、あれやこれやで彼女の彼氏の売れないバンドマンの代役でライブハウスで演奏する。そこが物語の起であり、最初の彼の変化で見せ場。その後、彼女は芸能事務所を辞め、新たな門出と別れ。そして残されたバンドマンの男と主人公。個人的に、このままジャンルの違う二人が出会って、三味線の新たな可能性。和楽器バンドという新ジャンルでロックな日々が始まると、思うじゃないか。思ったのだよ。まさかそこから学園物、熱い青春をかけた部活、津軽三味線部になるとは完全に予想外。
唯我独尊傍若無人な美人社長の母親、梅子の計らいで、下町の定食屋の2階に下宿し、東京の高校に通うことになった雪君。そこで出会ったクラスメイトの小動物のような前田朱利ちゃん。彼女の祖母が昔聞いた松吾郎の即興曲をもう一度聞かせてあげたい。自分も聞いてみたいと立ち上げた津軽三味線愛好会。その願いを叶え、入部することになった雪君。第2の見せ場。
朱利ちゃんの幼馴染でゲームやアニメが好きで、コンプレックスが強くて、雪君のライブ配信を見ていた山里結ちゃん。同じく幼馴染の元サッカー部の弁護士の息子の、一方的に自分の憶測で感情をぶつけがちな矢口海人君。面倒そうな幼馴染3人組に加え、長唄などに用いられる細い三味線である細棹を、三味線の師匠である母親に仕込まれた噺家の息子でオネエ言葉の手芸部の永森雷先輩。このメンバーで、梅子の主催する第一回三味線甲子園松吾郎杯を目指して頑張ることとなる。学園のOBで三味線会の若き流星的なイケメン奏者の神木清流。学園に残した三味線をきっかけに、愛好会のメンバーと出会い、雪君が気になって仕方がない彼との合奏が第3の見せ場。
そして合宿、大会へ。団体戦に始まり、個人戦。雪君を取り巻くあれやこれやの本人の知らぬ所での思惑やら何やら。音楽を個人が面白おかしく楽しむだけではいけないのだろうかと思わずにはいられなかった。
最後、個人戦の前。梅子の言葉がなければ、雪君は最初から最後まで自分の演奏をして、優勝していたよねと思う。落ち込む雪君。もう、全然物語は終わらない。最後まで観たらすっきりするかなとおもったけれど、多分、団体戦が終わった段階で終えた方が気持ち的にはよかったよ。その上、最後の雪君の演奏、第11話から最終話の間でひっぱって、その上、回想の入る一番の盛り上がりは三味線の音ではなく、ピアノのバックミュージック。いや、あれはあれで実際の演奏がないことによる想像をかきたてられたのかもしれないけれど、ここまできてそれはないよと、こんなこと思うこと滅多にないのだけれど、この演出はないわと。もうもやっとした感じしかない。
色々なことは置いておいても、第2話の梅子との親子演奏「林檎の花」は良かったな。梅子さん、問題はあるけれども自分の希望がはっきりして手段を選ばないのは嫌いではないのだよな。
演奏のシーンだけ編集した物が観たいな。これから雪君がどう立ち直って成長していくのか、多分、原作の漫画の方は読まないと思うので、続編作って欲しい。思えば『赤ちゃんと僕』もちょっと暗い気持ちになったのだよな。久々に読み返してみようかな。
総評としては中の上。

 

youtu.be

youtu.be

 

『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』

全13話視聴完了。ゴジラプロジェクトで完全新作TVアニメシリーズ。
印象としては、『アイドルマスター』のアニメだよと『アイドルマスター XENOGLOSSIA』を観せられた感じ。個人的にはセノグラシアはとても良かったし、好きだった。
ゴジラを知らなくても楽しめた。そして、色々よくわからなかったけれども、それでも楽しめた。思うに、4回位観たらちょっとわかって、多分、その4回とも楽しめる作品だと思う。そしてゴジラを知っていたらもっと楽しめるのだろうなと。そんな奥行きのあるアニメ。でも、まぁ、自分としては1回観て、よくわからなかったけれどそれなりに面白かったから良かったと。
ストーリーは、人類に訪れた未曽有の脅威、時空が歪んで怪獣が現れる。それに立ち向かう女性研究者、ラフな眼鏡っ子のカミノメイ。そして見た目『銀魂』銀さんを理系にしたような男性研究者のアリカワユン。2人の若き天才がその頭脳を用いて周囲の者と協力しながら、世界の破局を回避すべく、奔走する。
見易かった理由として、表情豊かな可愛らしい外見のカミノ博士と人工知能ロボのベロ2のコミカルなやり取りがあったと思う。他にも、一筋縄ではいかない使い捨てられないらしいキャラクターたち。
全体的にとても計算されて、作り込まれた作品だった。
SFは哲学にもなりうるのだなと。SFって苦手意識が先に立つけれども、意外と悪い物でもないね。
総評として上の下。

youtu.be

youtu.be

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』

第2期全10話視聴完了。

第1期→『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 - アニメ視聴否忘失録

ゲーム内の姿で異世界転移。コミュ障故に魔王の演技なら話せるぞという間にあれやこれやとハーレム構成主人公、ディアヴロ様。今期は、新たなおっぱい要員、聖騎士に追われた教会の大主神官であるルマキーナに神様と勘違いされる所から物語が始まる。

神様も魔王も紙一重だよね。

教会の腐敗のあれやこれやに首を突っ込むことになり、悪魔のあれな儀式に遭遇したり。メイドロボのロゼ、冒険者のウサ耳ホルンちゃんらが新たに加わったり。

ディアヴロ様の童貞へたれ対応にも関わらず、ちょいエロのご都合主義のハーレム展開。個人的に、ぶっきらぼうながらも誠実なディアヴロ様。褐色銀髪のビジュアル的好みも相まって、好感度は高いのだけれども、どうにもこうにも衣装が気になってはいる。

第1期に引き続き、襟開き広めの全身タイツ風のインナーに鎧。こんなに胸を出すなら、ヒロインを見習って、胸を貼っておっぱい推しで行こうやと。じゃないないなら、何故こんなに胸を出すのか。身体を張って欲しい。いっそビキニアーマーか、或いは魔王らしく露出を限界まで抑えて欲しいなと。それにマントがないと、素肌に直鎧っぽくて見た目よろしくないなと。急所見せすぎ。後は、髪型も中途半端ではあるのだよね。魔王だよね。こんな大量生産されたチャラ男風な髪型ではなく、せめて長髪とか。基本的に魔王に対する解釈違いはあるなと思う。

総評としては中の中。

 

youtu.be

youtu.be

 

『聖女の魔力は万能です』

全12話視聴完了。
異世界転移と言う名の強制拉致。個人的に異世界転移転生女子向けの流行の先駆け的作品だったのではないかなと思っている。最初の方に読んだからかな。
ストーリーは、仕事中毒なOLセイは突如聖女として異世界に召喚されてしまう。が、召喚されたのは2人で、首謀者である王子はセイには気付かず、一緒に召喚られた女子高生アイラに夢中。そこでセイは植物が好きで詳しかったのを活かして、薬用植物研究所で職員として働くこととなる。そしてセイの作るポーションは5割増しで、聖女としての能力を発揮することとなる。騎士団長アルベルトの命を救い、宮廷魔道師団で魔法付与を行ったり、回復魔法で魔物討伐で負傷した騎士たちを救い、本物の聖女であることが判明する。そしてセイは瘴気に覆われ魔物が大発生する国を救うこととなる。
偉大な功績を成してどうのこうのというよりも、自立した職業婦人としても成功し、綺麗になって、キラキラ王子様も現れ、もう理想的だよね。控えめで知的で落ち着いた話も分かる主人公とか好感度高いよね。個人的には主人公の社会性が高くて凄いなと。ちょっと残念だったのは、セイのビジュアルが綺麗になるのは良いのだけれど、冒頭の眼鏡も可愛くて好きだったなと。でも異世界効能で目が良くなるのは良いね。目が悪いと不便。
異世界スローライフとあるが、スローライフ感はなかった。ただ、常にマイペースで己を見失わないのがスローライフなのかもしれないなと。
先に漫画を読んでいたので、アニメのカラーで見ると乙女ゲームっぽいというか、特にカイル王子の配色は派手。
聖女だと思われていたアイラちゃんも、アニメのカイル王子も、なんだかんだで嫌な人間が出てこないのはとても見易いね。薬用植物研究所の所長なんか、いい人過ぎて安心感が半端なかった。
総評として中の中。続き楽しみ。

 

youtu.be

『蜘蛛ですが、なにか?』

全24話視聴完了。

なろう系。異世界転生。蜘蛛に転生した女子高生がダンジョンの中で、人間のゲーム好きだった記憶と知恵で、ポジティブに生き残るため頑張っちゃう。と、それと同時進行で、同じクラスメイトの少年が人間の王子に転生し、勇者として己の環境の中で悩みあがくという物語りが繰り広げられていた。別視点の2つの物語りがちょっとずつ交差して、蜘蛛と人間、面白そう。

メインは蜘蛛パートで、可愛い女の子もイケメンも出て来なない。その上、前半は背景もほぼ洞窟内で暗く、派手さは全くない。正直、これはどうなのだろうと視聴を躊躇ったのだが、サクサク見られて面白かった。3Dと2Dのバランスが良く、動きが綺麗。絵が直接動いていないのに、臨場感がある。なんだろう、構成が良いなと思う。そしてテンポが良く、作中はほぼ蜘蛛のぼやきなのだけれども、飽きないのは声優さんの力も大きかったかなと思う。個人的に、『幼女戦記』が好き過ぎて、悠木碧さんに好感しかないのもあるのかな。高い声なのに、耳障りにならないのと、シリアス展開でも深刻になり過ぎないというか。

モンスターに転生、『転生したらスライムだった件』くらいしか他をしらないので、なんか新鮮だった。それにしても蜘蛛に転生は過酷だよ。よく気がふれなかったなと思う。逐一、よくそんなにも頑張れるなと思ったが、前半ラストの地龍との戦いなんか、蜘蛛VS龍って、考えたことなかったよ。びっくりした。蜘蛛ちゃんの生への執着、改めて口にされると泣きそうになるなと。

世の中には全く全然想像もしたことのない物語がまだあるのだなと、改めて己の世界の狭さを思い知らされたよ。もっとアニメも漫画も小説も読んだり見たりしたい。

と、第13話まで一気に見て洞窟の外に出て蜘蛛ちゃんの冒険はまだまだこれからで終わるのかなと思って、続けて2クール目放送と知って、時間差で視聴。

後半は前半に比べての人間パートが多く、これが蜘蛛ちゃん単体ではなくクラス転生でことが判明し、勇者であるとか、国や種族同士のあれやこれや、それぞれの思惑。まぁ、ちょいちょい複雑化するのですよ。転生の謎とか色々判明したり世界がつながったりする面白さはあるのだけれども、蜘蛛ちゃんが単純明快思想で苦境に屈せずコミカルに話しが展開して面白かっただけに、対極な印象。

最終的に蜘蛛ちゃんもアラクネの姿で人型をゲットして、魔王と停戦し、仲間になって、なんだか物語は一区切りはしたものの、まだまだ物語は続くので、続編作って欲しいなと思う。この蜘蛛ちゃんと周囲との温度差のある交流が気になる所。と、いうか、前世の人間の時ってどうだったのだろう。それをどこまで引きずるのだろうとか、これは最終的に何処に向かって終わるのだろうとか、最後まで見届けたい作品だなと思った。

総評として中の上。

youtu.be

『究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』

全12話視聴完了。

ゲーム没入型で、チート物ではなく現実世界のスキルを再現した、作中曰くクソゲー。ただ、主人公がトラウマを抱えながらも、なんだかんだで努力家で元優秀な陸上の選手だったのが反映されている。

主人公は時代遅れとされるフルダイブRPG好きな高校生男子ヒロ君。最新作のゲームを買うはずが、ひょんなことから風変わりなゲームショップのおっぱい大き目綺麗なお姉さんレイナによって、「極・クエスト」というリアルを極めた、リアルな出来栄えの、それ故にクリア不可能な極めて面倒なゲームをプレイすることとなる。ゲーム開始直後に、親友であるマーチンを殺してしまい「親友殺し」の不名誉な称号を得、幼馴染の可愛い女の子であったマーチンの妹アリシアに命を狙われ、同じ数少ないいリアルプレーヤーで同じ称号を持つギンジに騙され、異端審問官のミザリサに拷問されて気に入られて、何度も挫折しながらもレイナに言葉巧みに誘導されたりしつつ、難しいからこその達成感に酔ったりしつつ唯一このゲームをクリアしたカムイの作った攻略サイトを観つつ、ゲームを続ける主人公。

殴られれば痛く、怪我をすれば数日は治らず、挙句ゲームオーバーはゲームのハード機ごと壊れるというストレスフルなゲーム。俺たちの戦いはまだまだこれからだエンドなのだけれども、リアルを反映するゲームだからこそ、ゲーム中の成長はリアルの成長でもあり、なんだろう、リングフィットに似た感じ。レベル上がれば、筋力がアップしていたし、ゲーム外の現実で鍛えるとゲーム中の攻撃や動作がちょっと楽になったりとか。

ただ、兎に角理不尽。現実も理不尽かもしれないけれど、こんな嫌な部分を悪意を持って再現しなくても。観ていて不愉快以外何物でもなかった。

ノリ突っ込みでコメディ調に描いていても、あまりに自虐や痛々し過ぎたりして笑いにつながらず。サポートキャラであるはずの妖精のレオナさんも、サポートではなく、あくまで己の自分勝手な欲望を満たすためにそこにいるに過ぎず。大人であるはずが大人としていないにも関わらず大人のふりをしているような。これは何処に楽しみを見出したらよかったのだろうか。

そもそも、主人公が持つトラウマ、高校最初の陸上大会でおもらしをしてしまうという、それでも部活を辞め高校に通っていた主人公偉過ぎでしょという。その原因も元オリンピック選手でスポーツライターの人にレース直前に期待しているよって言われてトイレに行きそびれてって、何もそんなプレッシャーかけなくてもとか、選手だったのに、選手の気持ちとか考えないのとか、もうそれが理不尽だったり。そして更にゲーム中でもおもらしを重ねて、レノナさんもそれをしつこくからかって。笑い飛ばすことが優しさになる時もあるけれども、それでもこれはあまりに酷いなと思わずにはいられないし、下ネタというほど消化されてはいないし、単に下品な印象ばかりが残った。

後は、ゲームと現実のバランスが悪いなとか。主人公をカツアゲしていた人たちの引くのも、そんなさらっとひいちゃうのとか。フルダイブRPGが時代遅れと言われる根拠もあまりないな。

個人的には、主人公がリアルでのストレス発散のためにゲームをしているのに、ゲームでもこんなにストレスがかかったら、逃げ場もないし、壊れちゃわないかと勝手に心配になったが、まぁ、主人公、実はかなり強かったよね。もう、ゲームで現実逃避という共感は何処にもないなと。いや、主人公は最初からゲームはゲームとして楽しんで、現実は現実で切り離した考えの人間だったからこそ、マーチンを所詮NPC。だけどゲーム中では生きていたということが目から鱗的にあったのかなとか。だったら、これからもっとその辺が掘り起こされるのかな。と、思ったり。

総評としては下の上。

 

youtu.be