アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『A.I.C.O. Incarnation』

全12話視聴完了。

近未来SF。セーラー服少女と学ラン少年。人工生体の研究と、暴走した人工生命体が侵蝕し、政府により立ち入り禁止となった、嘗ての希望の地であった黒部峡谷。主人公は、研究中に起きた大規模事故バーストにてよって家族を失い、自らも歩けなくなった15歳の橘アイコ。ある日、彼女の通う学校に転校してきた神崎雄哉。そして彼から告げられる突然の事実。自身が人工生体であり、本物の脳を一時的に移植している状態であり、バーストはアイコ本体の体で使用していた人工生体の暴走で、実は母親と弟は生きているという。アイコは家族を救うため、神崎と護衛部隊のダイバーたちと共にバーストの中心地プライマリーポイントに向かう。次第に明かされる秘密。神崎は人工生体研究者由良俊英の脳を移植された複製体であったり、バーストを終わらせるために本物か人工生体のアイコのどちらかしか救えないだとか、事故により植物状態の娘を救おうとする元桐生生命工学研究所の研究員である黒幕的立ち位置の伊佐津の存在であるだとか、その娘の意識とリンクする人工生体であるとか。なんか、色々。

こういった作品は、見ていて製作者が作った設定の上でこうだと言われたら、そうですかと言う以外の選択肢がないので、後出し謎解き答えや過去の出来事に最後に奇跡エンドでも、それが世界観に入り込んでいなければ白々しく感じてしまう。面白いけれども、あまりにも後出しやら特殊設定が多過ぎて、きわどいなと思った。良くできていたのだけれども、目新しさはなく。なんだろう。よくできていたからこそ期待してしまったというか、だから記憶に残らないというか。面白かったのだけれどもね。

印象的だったのは、神崎のキャラクター。天才研究者でクール王子系かと思えば、結構、泣く。素直。無自覚天然モテ男な雰囲気が良かった。アイコちゃんとラブ的になるのかと思ったけれども、そこは意外とさらりと流されたの良かった。

最終的に2人のアイコは別のアイコとして生きていくのだけれども、前向きで擦れなくて可愛かった。常に成長するの、見ていて清々しいよね。あんな急に過酷で、そんな、アイコちゃんばかりにそんなと思ったけれど、自らが自らの運命を切り開いていて、ストーリーの重さとは対極に爽快だった。

総評として中の中。

 

youtu.be

A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box 1

A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box 1

  • 発売日: 2019/02/26
  • メディア: Blu-ray
 
A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box 2

A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box 2

  • 発売日: 2019/03/28
  • メディア: Blu-ray
 
第1話 接触

第1話 接触

  • 発売日: 2020/07/13
  • メディア: Prime Video
 

 

『神達に拾われた男』

全12話視聴完了。

なろう系の異世界転生、転移かな。

ストーリーは、ブラック企業に勤める社畜だった主人公中年男性、竹林竜馬。彼は就寝中のくしゃみが原因で死亡するも、死後、三柱の神によって手厚い加護を受け、異世界に8歳の少年の姿で転移する。そこで、スライムの研究をしつつ森で一人暮らしをする。しかし、ある日、森の中で出会ったラインハルト侯爵とその護衛を助けたことをきっかけに、侯爵の家族たちと親交を深め、森を出、冒険をしたり商売を始めることとなった。

個人的に気になったのは、主人公、意識は中年男性で少年の身体なのだけれども、ヒロインであろう侯爵の娘、エリアリアに胸キュンする。なんか、精神が39歳で8歳の少女にときめくって後半は肉体と精神の年齢が段々と近付いてきてはいるものの、いや、でも直接的な表現ではなかったから良いのかな。描かれ方が恋愛枠という違和感というかもやり。そもそも、猫耳冒険者ミーヤ筆頭ににぎゃかし的美少女たちもいるのだけれども、主人公があまり恋愛に重点を置いていないため、EDでピックアップされるも、そんな出ていなかっただろうと思ったり。アニメあるあるなのか。この辺、安易にハーレム物にしがちなラノベとは違うよな。恋愛系も見ていて疲れるしね。

それにしても主人公、根本的に働き者。伯爵家から自立してクリーニング屋を始めるのだけれども、神様にあんまり働き過ぎると身体が縮むよと言われてもあんまり休んでいるようも見えず。でもって、その身体が縮むのも、作画の問題でわかりにくい上に、誰も気付かないという、その設定いるの位なさらっと流して。せめて、エリアリアは同じ位の身長なのだから並んだら気付きそうなものだがと思ったり。

でも、基本的には特に大きな問題も起きず、皆親切。主人公も良い子。性善説でできている。主人公は勿論、皆、礼儀正しいのって見ていて気持ち良いよね。少エネでサクッと観られたので、年末で疲れた頭に丁度良かった。

総評として中の中。

 

youtu.be

第1話 スライムたちとリョウマ

第1話 スライムたちとリョウマ

  • 発売日: 2020/10/05
  • メディア: Prime Video
 
神達に拾われた男VOL.1 [Blu-ray]

神達に拾われた男VOL.1 [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/01/13
  • メディア: Blu-ray
 
神達に拾われた男1 (HJ NOVELS)

神達に拾われた男1 (HJ NOVELS)

  • 作者:Roy
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: Kindle
 

『安達としまむら』

全12話視聴完了。

何をしたかったのか、何なのか、よくわからないまま終わってしまった。

何も起こらないポエミーな青春百合物。

ストーリーは、授業をさぼって体育館の二階で会うようになった安達としまむらという2人の少女。二人は基本的に人付き合いが面倒だと思いつつも、独自の距離感でそこで同じ時間を共有していた。しかし、安達は人に興味のない猫から尻尾を振る犬のようになり、次第に変化する2人の距離。関係性。

中途半端だった。百合物として、面倒な性格の安達。最初はクール系だったのだが、途中から変に恋に夢見がちで妄想を膨らませて、作中で触れているから許されるわけではないような雑なキャラ変をした上に、完全に人との距離の取り方がわからない危ないやつ。それをわかった上で、放置をしているのか、嗾けているのか、本当にやっかいなのはこっちなのでわというしまむら。二人の恋愛劇にしても、恋愛になっているのかすら怪しい関係性。その微妙な心持を楽しむにしても、自分は、共感性もなければ、物語性も感じられなかった。ので、これはどこをどう楽しんだらよいのだろうかと、最後まで謎のまま終わってしまったという。途中、主人公たちの母親を登場させ、家庭環境が本人に与える影響どうのにしても、中途半端で不明瞭で、終始でだから何だと言う感じだった。最終回の朝食からお団子、お弁当の流れが何か意味があったのだろうか。

それと、この原作者の作品特有の、日常にちょっと不思議要素を入れてお話を膨らませるという所があると思うのだが、それも全く作用されずに余計にストーリーを混沌とさせていたように思える。ヤシロの存在も登場も、本当に単なる謎だった。

取り合えず思ったのは、面倒なキャラしかいな。それと、よくBLの周りは皆BLと思っていたが、百合の周りもみんな百合。原作はもっとちゃんと描かれている気がするが、今の所、読む予定はないな。

総評として中の下。

 

youtu.be

第1話 制服ピンポン

第1話 制服ピンポン

  • 発売日: 2020/10/13
  • メディア: Prime Video
 
安達としまむら (電撃文庫)

安達としまむら (電撃文庫)

 

 

2020年面白かったアニメ10。

今年は何だか本当に大変なことになっていて、今年前半はアニメの放送が何本も延期になったりなど、嘗てない状態になり、まだ先の見えない状況ではあるけれども、本当に、こんなときだからこそ面白い作品は改めて大事だなと再確認した。なので、今まで、昨年は忙しさに撲殺されて年間まとめを書いていなかったけれども、印象的だったという面白い以外の基準でランキングをしていたのだけれども、今年は、自分が今年度中に観た約60本(ドラマ含む)の中から面白い順ランキングにした。年末年始、家に籠ってアニメ三昧など最高じゃないか。

因みに、リンク先の感想は基本的に他人に読ませるというよりも、自分の備忘録的要素が強く、ネタバレを含むので、これから観ようと思われる方は注意して欲しい。

 

第1位 『放課後ていぼう日誌』

平和。安心。可愛い。漫画も面白い。釣りがしたくなるのと、有明海の方に住みたくなる。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第2位 『キャロル&チューズデイ』

ひと時の夢のような、王道物語りだからこその魅力。そして音楽が最高だった。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第3位 『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』

今更かもしれないが、腹がよじれる。そして面白いとときめくということが両立するのだということを知った。思い出しても、凄いしか出てこない。今年、一番見返したアニメ。これを今まで観なかった時間が勿体ないなと思う程に。凄かった。印象値で言ったら断トツ1位。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第4位 『異種族レビュアーズ』

個人的には凄く好きだし面白いと思うのだけれども、題材的に人を選ぶのだろうなとも思う。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第5位 『波よ聞いてくれ

常に想像の斜め後ろから首根っこを突き刺してくるような作品。漫画もアニメも台風のよう。皆既日食のリゾットが、同原作の別作品に登場するのだけれども、なんだかこれを観ているとスープカレーよりも、そちらの方が食べたくなった。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第6位 『本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜』

,異世界転生。省エネでサクッと観られるのに、面白くて、2期分あるので見応えもある。

sobraniepinks.hatenablog.com

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第7位 『BEASTARS

良くできたストーリーに映像。上手く世界観に入り込めたら楽しめる。映画的。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第8位 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』

異世界転生の悪役令嬢物。勢いがある愛嬌のある主人公のドタバタコメディ。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第9位 『ヴィンランド・サガ

壮大。ちょいグロ。間違いなく面白いけれど、癒しはない。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第10位 『ソードアート・オンライン

安定して面白い長編シリーズ。

sobraniepinks.hatenablog.com

sobraniepinks.hatenablog.com

sobraniepinks.hatenablog.com

 

 

今年も面白い作品がたくさんあった。次々と新しい作品があるのに、それらを全部観る時間がないことが、本当に残念に思う。見逃した気になる過去作品もあるし、それに、今年はちょいちょいドラマを観るようになったので、ますます時間が足りない。でも、だからこそ、一つ一つの出会いは貴重だなと、大事にしたいないと思う。嗚呼、アニメ最高。アニメ大好き。

『ドロヘドロ』

全12話視聴完了。

滅茶苦茶格好良い。お洒落。細部まで良く作り込まれていて、面白い要素が詰まっている。黒い不思議の国個アリス的な。漫画を読んだ時も同じことを思ったけれども、アニメになったら更にそんな感じで、特にOPは毎回目が釘付けだった。アクションもよく動いて、凄いなと。だけれども、何故かいまいちストーリーが頭に入って来ない。それが軽く見易くさせる要因でもあるのだろうけれども。

ストーリーは、魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。そしてその友人、魔法使いにも関わらず己の能力の危険性を嫌い魔法を使うことを封印したニカイドウ。二人はカイマンの顔と記憶を取り戻すために、カイマンに魔法をかけた魔法使いを探す、ダークファンタジー

個人的に、女子キャラが魅力的で好きだった。筋肉質なボディに淡白な顔立ちのニカイドウ。初見、少年なのかと一瞬悩んだ。それに、豪快でニカイドウとはまた違ったむっちり筋肉ボディの魔法使いの能井。そして小柄で華奢な幼い少女のような謎の多い魔法使いの恵比寿。可愛い。衣装も可愛い。

あとは餃子が食べたくなる。ニカイドウが作る大葉入り餃子。OPで作っているシーンがあるのだが、もう、そこから釘付けだよ。美味しそう。グロだし、衛生的でもないのだけれども、無性に餃子が食べたくなる。大葉かな。あっさりさせてくれるから、グロ緩和とか。

色々見所のある作品で、他におせちも肉パイも気になるけれども、自分的にはとにかく餃子が食べたくなるアニメだった。喋るターキーに、ドーナッツに、食べ物がさらりと登場するの良かった。印象的な小物として描かれている。博士が登場シーンで伊達巻を手で摘まむのとか、変に頭に残った。

総評として中の上。漫画、途中までしか読んでいないので、続き読みたいな。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

ドロヘドロ Blu-ray BOX 上巻 初回生産限定版
 
ドロヘドロ(1) (IKKI COMIX)

ドロヘドロ(1) (IKKI COMIX)

 

 

『ご注文はうさぎですか?BLOOM』

全12話視聴完了。第3期。私はこれを特に面白いだとか、好きだとか思わないまま、なんとなく可愛い女の子がキャッキャウフフしているなと12話を観ていたのかと。そして、第2期も同じ感じだったのかと、前回の感想を読んで思い出すなどをした。

『ご注文はうさぎですか?』 - アニメ視聴否忘失録

そして、今回は高校進学を控えたチノちゃん。なんとなく、キャラクターが成長すると安心するね。それと、個人的に喫茶店は店員さんが可愛いのは良いのだけれども、もうちょっと落ち着いた雰囲気がすきだなと。ほぼメイド喫茶。いや、メイド喫茶メイド喫茶なりに良いのだけれどもね。嗚呼、他所の素敵なカップで他人の淹れた美味しい珈琲が飲みたい。

総評としては中の下。可愛緩。

 

youtu.be

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』※ドラマ

全12話視聴完了。

ツイッターの漫画で読み始めて、単行本も読んでいたので、個人的初の実写BLはどうかしらと不安だったけれども、想定外に良かった。

「爽やかイケメンから、30歳拗らせ童貞への好意丸見えの純愛BL!」「純度100%のラブコメディ!」というキャッチコピーで、略称は「チェリまほ」。

ストーリーは、「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」という都市伝説は現実だった。冴えないサラリーマン安達は触れた人の心が読める魔法を手に入る。そして、同期の営業部エースで社内随一のイケメンである黒沢が自分のことを好きだということを知ってしまう。予想外の同性からの溢れ出る恋心。それは戸惑いから、いつしか好意に変わっていく。それと、物書きである主人公親友でやはり拗らせ童貞の柘植と、彼の部屋に宅配荷物を届ける金髪青年綿矢とのスピンオフ。

胸キュンというよりも、黒沢が、なんか、黒沢が面白かった。まず、OPから面白い。男一人暮らしてあの部屋。実家が不動産を持っているか、学生時代に株に手を出して成功したかの2択じゃないかと。理想パジャマなどの拗らせは置いておいて、朝からフレバーウォーターを淹れるとか。何なのか。あのお弁当箱の形。素敵とか胸キュンなどよりも、突っ込みが止まらない。そしてあのMr.ポジティブ。第11話の安達の畳みかけるような、個人的にあういう演出大好きな、告白に対し、魔法に感謝。でも魔法は関係ない。とか、確かに黒沢にとって魔法はタナボタだったよ。魔法のおかげで安達は黒沢の気持ちに気付いて好意を寄せるようになってお付き合いは始まったのだけれども、もう、心が読まれても大丈夫とか言うバケモノだよ。心の中でポエムってたのにも関わらずですよ。あれは人生楽勝だったが故のポジティブだからなのか。怖。朝からフレバーウォーター淹れる男は違うね。凄いよ。更に、最終回で跪いてお揃いの万年筆かボールペンだかを贈るとか。あんな赤くて目立つの、指輪より怖いよ。お揃いで会社で使うのでしょう。仲良しでも、あんな高級そうなお揃い、同僚とかが気付いても突っ込むに突っ込めないだろう。パイセン、あって気不味くなるよ。そして当て馬後輩六角君と藤崎さん、花火、東京のビルの屋上であれは怒られますよ。六角君のファッションもだけど、ちょっとスルーするには厳しいですよと。

このドラマ、衣装が可愛かった。ストーリーラインは王道で、トレンディドラマ調なのに、衣装などでちょいちょい外して来るのがとても良かった。安達のもこもこパーカーとか、30男の可愛いをそんな見せ方して来るだなんてとか。でもラストはちゃんとリーマンBLらしく、きちんとスーツでちゅーで閉めたのはわかってらっしゃると、思わず頷いてしまった。良かった。本当に良かった。

ただ、最後まで引っかかっているのは、童貞って、安達は一生童貞であると思っていたのだけれども、それで大丈夫なのか。リバありなのかとか、童貞判定ガバなのかとか。まぁ、お友達の所も気になるけれども、その辺、ちょっと気になって仕方がない。

漫画の新刊、まだ買えていないのだけれども、楽しみ。ヘリデートがドラマになくてちょっとがっかりもした。が、あれはない。びっくりしたよ。そして寧ろそういうのがこの作品の見所。

それと、EDの懐かしい夜景とあの音楽が印象的。

久々に滅茶苦茶笑った。面白かった。良かった。

最近、3次元に抵抗がなくなって来た気がする。そして、役者さんの演技が凄いな思う。キャラがちゃんと3次元に落とし込まれていて、嗚呼、実写面白いなと思った。