アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『異世界薬局』

全12話視聴完了。
なろう系。社畜異世界チート転生。
ストーリーは、現代日本で薬学研究者だった、薬谷完治。職場で倒れ、目を覚ますと、中世ヨーロッパ風の魔法のある異世界。そこの宮廷薬師ド・メディシス家の息子ファルマとして転生していた。雷に打たれたことによって、亡くなったはずのファルマに代わり、薬谷は医療行為が未発達なこの国で、現代薬学の知識と、物質創造、消去のチート能力と、貴族のみが使える神術を駆使し、疾病に立ち向かう。そして多くの人を救うべく「異世界薬局」を開業する。
全体的に馴染みない物質や薬の名前が多用されるにも関わらず、とてもわわりやすかった。そして、大人がきちんと誠実な大人で安心して見らせた。きちんとしている。主人公が超人的な神にも匹敵する力を持った子供の姿であり、主人公自身も己が何者かわからず、ただ人を救うという目的のために行動するのだが、それをそれぞれが自分の領分で支え、やるべきことをやっているという、当たり前かもしれないが、その当たり前がとても良かった。特にお父さん。
第3話で、陛下に薬を与えた帰りの馬車の中で、主人公が嘗ての自分の息子でないと感づいていたにも関わらず、それを受け入れる度量の広さ。更に、それに対して謙虚であり初心を忘れず、共に歩もうとする主人公。気不味そうな馬車の二人が、ここで再び親子になるシーンは、この物語のキャラクターの全てが濃縮されたかのようで印象的だった。
物語りのクライマックスは、帝国に黒死病が持ち込まれ、それが広がるのを防ごうとする主人公たち。そしてその黒幕である悪霊と化した元薬師であるカミュとの戦い。黒死病というリアルな病から、悪霊と言うファンタスティックな存在のバランスが上手いなと思った。ファンタジーに深みを持たせるのはリアルな知識。全てが架空の物だけでは出せない面白さがある。魔法でその世界にない、現代にある薬を構造を知ることで生み出すという、ただ治すだけで終わらない。にも、関わらず、最終的に悪霊を拳でぶっ飛ばしたのにはちょっと笑った。面白かった。村を隔離するのに氷で覆ったりとか、実は結構物理。
個人的にちょっと苦手だったのは、エレオノールさん。ファルマの家庭教師の薬師なのだけれども、ご都合主義的に動いていたような印象。ファルマの力を最初に知り、恐れ、頼って、弱気なって、認められて。その単純さが物語のわかりやすさの手助けになっていたのはわかるのだけれども、多分、声の印象もあって、彼女だけが不自然に感じられた。
好きだったのは、お店の常連のひょうひょうとした老人、ジャン。実は提督として大砲を海に打ち込む登場シーンは、ただの老人ではないのだろうなと思ったけれど、そのままに格好良いとなった。
この物語は、女性陣よりも、元使用人で薬局を手伝うセドリックや、提携店のピエール、お父さんも、男性陣が魅力的だったなと思う。

男性キャラクターに比べて、女性キャラクターが絵は可愛いけれども、テンプレートで物語を動かすパーツとしての役割が強い印象だった。その最たるキャラクターがエレオノールさんだったのかなと。
好きなシーンは、第10話のファルマが杖で空を飛ぶ場面。黒死病に侵された近隣の村を救うというシリアスなシーンではあるのだけれども、杖に飛び乗って、ビューっと飛んでいく所、鳥にぶつかりそうになった落ちそうになる所、なんとなく『魔女の宅急便』を髣髴とした。
総表として中の上。漫画を読み返したくなった。

 

youtu.be

『神クズ☆アイドル』

全STAGE.10視聴完了。
顔は良いが、歌も踊りもいまいち。ファンサもしない。やる気のない、底辺クズアイドル、仁淀ユウヤ。顔が良いだけでお金が稼げると思ってアイドルになった彼は、吉野カズキとユニットZINGSにて活動するが、あまりの無気力さに事務所をクビになりそうになる。そんなある日、嘗て神アイドルだった最上アサヒの幽霊と出会う。志半ばにして亡くなったアサヒちゃんは、仁淀ユウヤと共にその体を借りて、再びアイドルをすることとなる。そして仁淀ユウヤに訪れる心境の変化。
ずっと着ている衣装の首のファーが終始、芋虫というか、カブトムシの幼虫が付いているように見えて仕方がなくて、気になって仕方がなかった。第1話ではまだファーっぽく描かれてはいたけれども、段々、それすらもなく、単なる飾りという記号というか、簡略化されて、完全に芋虫。あれはないわ。大抵のアイドル物の最終話のライブでは、多少なりとも気持ちが上がるのだけれども、この作品に限っては、芋虫とずっと思って、格好良いとかそういうのがほぼなかった。もうCGがとか絵がとかではなくて。
絵は、作画崩壊まではいかなくても、背景の簡略化というか、比率がおかしくなっていたりと、特に第6話の背景とか競馬場なのみたいな感じで、最終話のステージもせめて後ろのキラキラが動いても良くないかとか、かなりあれではあった。CGも同人ゲーム位のクオリティーではあったけれども、ただ、無気力キャラの主人公のキャラクターが、まぁ、そういうのもありなのかなと思ったり。
淀君のアサヒちゃんという幽霊に憑りつかれてキャラクターが変わるギャップも、正反対の二人のやり取りも、テンポが良くて面白かった。特に仁淀君のセリフ。第1話の「推しているの造幣局しかなくて。興味がない」とか、派手さはないものの、ちょいちょい面白くてにやけるなと。そして、無気力だけれども、誠実というか自分に正直で迷いがない主人公は好感が持てる。そして記憶力とかもだけれども、地味に仁淀君のスペックが高くてびっくりする。良い。
気になったのは、仁淀君って何歳なのだろう。顔が良いと言う設定はわかるが、絵柄の問題でイケメンなのかよくわからなかったのもあるけれども、その無気力さと発言が完全におっさんにしか思えなくて、30歳越えていてもおかしくないなと。時に吉野君がお目めキラキラで大きかったので、並ぶと余計にそんな感じだった。第3話のパフェ完食に本当に大丈夫じゃなさそうな感じとかも。
個人的に好きだったおは、第6話の「芸能越境大イケメン動会」での「イケメンの生命の躍動は感じられましたか?」という呼びかけは、本当、イケメンというか、推しは生きているだけで素晴らしい。推しを前にした時、生まれてきてくれてありがとう。生きていてくれてありがとう。これからも頑張って下さいなど、おこがましくて言えませんが、取り合えず生きて下さいとなる。そういう気持ちを込めて、生命の躍動は良かったなと。
最終話のZINGS二周年ライブ、finalstage。アンコール放送が本当にアンコールみたいでつい2回も観てしまったよ。二曲目が良かったなと。同じライブでも2回観るとちょっと気持ち入るね。
総表として中の中。

 

youtu.be

STAGE.1

STAGE.1

  • 今井文也
Amazon

『森のくまさん、冬眠中。』

全9話+番外編2話視聴完了。
コミックフェスタの漫画広告5分アニメ。BLあるなと思ってうっかりまた見てしまった。大事な所は有料版でとのあれにおまけのようなストーリー。
ケモミミおっぱい。家族物。クマのノワはある日、子犬を拾い、アイリと名付けて大事に育てた。そして成長したアイリはノワを番になりたいと。はじめは戸惑っていたノアも一途なアイリの思いに次第にその親子から恋人にと関係性を変えていく。
個人的に、ケモミミもおっぱいも全然良いのだけれども、何と言うか、絵柄が、取って付けたようなチープな耳が上手く受け入れられなかった。それと、森でピクニック回。そんな夜まで無防備に人気のない森の奥で、隈って強いから大丈夫かもしれんが、つい帰り道を心配してしまった。それと、異種族間の関係は問題ないのかなとか。まぁ、ファンタジーなのだけれどもね。作り込みがおおざっぱだと、余計なことばかり気になってしまって、肝心の恋愛のどうこうが全く頭に入って来ないなと。
あと、最後の最後でノアはアイリの告白に返事をするのだが、今更感が半端なかった。
総表として下の上。

 

 

『ヒーラー・ガール』

全12話視聴完了。
ミュージカルヒーリングアニメ。
物語りは、東洋医学、西洋医学、そしてもう一つの医療行為、音声医学という歌うことで医療行為を行うヒーラーとう職業がある世界。高校に通う一方で、放課後、烏丸音声治療院で見習いヒーラーとして働く3人の少女たち。元気いっぱい好奇心旺盛なピンク髪にインナーカラー緑とかなり古性派見た目の藤井かなちゃん。音楽一家の強気なお嬢様、五城玲美ちゃん。大兄弟のお姉ちゃんで面倒見が良くてお料理上手な、治療院に下宿中の森嶋響ちゃん。一人前のヒーラー目指す彼女たち。
音楽が治療行為となる世界観が、現代の医療行為と共存しているのがしっかりと描かれており面白かった。東洋医学鍼灸や漢方と西洋医学の関係性に近く、手術をする横で歌ったり、自然に、嗚呼、こういう医療行為があっても不思議ではあるけれど、不自然に思わないなと。また、治療院の田舎の和風建築。背景が綺麗できちんと描かれていると、世界観に奥行きが出るよねと。
ただ、冒頭から個人的にどうしても受け入れられなかったのはそのお衣装。この子たち何でシーツを着ているのだろうと気になって仕方がなかった。見習いの制服なのだろうけれども、世界観がしっかししていて、服飾文化も現代。医師の衣装も白衣できちんとしているのにも関わらず、何の説明もなく、なんでこの子ら貫頭衣をと。もうちょいどうにかならなかったのかと。OPもシーツで空飛んでと。せっかく、素敵な世界感なのに、もうちょい可愛くして欲しかった。
3人の少女たちが、それぞれ皆違って皆良い子で真面目で一生懸命で好感が持てて、観ていてほっこりした。特に第11話のC級ヒーラーの勉強中の喧嘩。いっぱいいっぱいで他の子を羨んで、言い争いながら褒めているの、喧嘩なのに褒めているの、ちょっと笑ってしまって、好きとなった。
帰国子女のC級ヒーラーの先輩ソニアちゃんも、その幼馴染のしのぶちゃんも、烏丸先生も、渚さんも、皆、良い人しか出て来なくて、それぞれが自分の目標を持っていて、それに向かって頑張っているので、観ていて嫌な気持ちに一切ならなくて、取り立てて癒し系というわけでもないのだけれども、気持ちの良いアニメだった。
ミュージカルも、ずっと唐突に歌い出すのが苦手だったのだけれども、会話から自然な流れに歌に入り、イメージ映像と繋がっていくので、自然に見られた。
総表として中の上。

 

youtu.be

『パリピ孔明』

全12話視聴完了。
孔明イケメンで久々恋したわ。スパダリが過ぎる。元々、面倒臭そうなロン毛は好物ではあったけれども、ちょび髭がありになるとは完全に予想外。でも、だって、あの白い丈もお袖も長いお衣装を着こなしているんだよ。白を着るということは、それを汚さない身のこなしができると言うことだよ、最強じゃないか。更にあのメンタルの安定と安心感に礼儀正しさ。三国志はその名位で全く知らないのだけれども、孔明に感じるのは万能感。三国志屈指の軍師って凄い賢い。惚れない理由がないよ。
ストーリーは、あの諸葛孔明が渋谷に転生。そこで出会った歌姫、月見英子。彼女の歌に心奪われた孔明は、彼女の軍師となる。三国志ヲタクのオーナー小林が経営するライブハウスを手伝いながら、野外フェス成功を皮切りに、プレッシャーに弱いが確かな実力を持つKABE太人を仲間に加え、SNSでの10万いいねを獲得しサマーソニアを目指す。名もないインデーズが大手レーベルアーティストに知略計略で挑む。そして音楽シーンに新たな伝説を。
印象的だったのは、アニメ最後の盛り上がり、サマーソニア出場をかけた10万いいね獲得競争。その相手となった、悩める英子と路上ライブで知り合った七海ちゃん。実は七海はライバルである3人組ガールズばんどAZALEAのボーカルだったのだが。売れないバンドで迷走していたアザリエを仮面バンドとしてパフォーマンスを組み込んで一躍人気アーティストに育て上げた唐澤プロデューサーって滅茶苦茶優秀じゃないということ。七海ちゃん的にはやりたい音楽できてないとか、素顔でないとか、色々不満はあるだろうけれども、ボーカルは兎も角、後ろのドラムとベースの子ら、ダンスとかめっちゃ練習したのではないかなとか。音楽以外にも大事なことってあるよね。個人的にあの仮面と衣装とパフォーマンスは好き。唐澤プロデューサー凄い。
好きなシーンは第3話。野外フェスで不利なスペースで歌うことになたった英子と同時間にぶつかったJET JACKETに勝つべく、計略を練る。わかりやすい逆転劇もだけれど、因縁を付けに来たJET JACKETに喉の薬を与える孔明、好き。クックパットにレシピを上げている孔明、良い。CM前に孔明が「It’s Party Time.」と言う悪い顔の孔明も恰好良かった。
三国志、敷居が高いというか、ちょっと面倒そうな内容かなと、ずっと嫌煙していたのだよね。なので、『パリピ孔明』も漫画が家にあったのだけれども手に取る気になれず。でも、アニメ観たらもう最初のOPが目が離せない。緩いテンポの音楽とダンスにも関わらず、細部まできちんと作られた画面が癖になる。そして、孔明の絵が美人なのと、小林オーナーのわかりやすい三国志に使われた戦略の説明。でもって、音楽漫画に実際に音が付くって盛り上がらない理由がないよね。取り合えず第1話を観て、漫画、一気読みしたよ。孔明、格好良すぎて三国志を読むべきか悩む。
総表として上の下。第2期アニメ化してくれないかな。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

『このヒーラー、めんどくさい』

全12話視聴完了。
剣と魔法の異世界ファンタジーコメディ。20年位前に流行りそうだなと漠然と思いながら観ていた。
ストーリーは、魔獣との戦闘に苦戦する冒険者の戦士アルヴィン。そんな彼の前に現れたヒーラーであるダークエルフのカーラ。助けを求めるアルヴィンに、土下座と懇願を要求するカーラ。そして、色々あって離れると死ぬ呪いと、共にパーティーを組むことになった2人。そんな彼らと、途中からキノコも仲間に加わった、のり突っ込みの賑やか冒険譚。
クスッとも笑えないコメディってどうしたら良いのだろう。前半、どうかなと思ったが、第5話の魔女の辺りからのってきたというか、馴染んできたというか、キレが出て来た気がする。見ていて慣れただけかもしれないけれども。コメディって難しいジャンルだなと改めて感じた。
それと、うざキャラが可愛くなければ、単にうざいだけになるなと。キャラクターが可愛ければもうちょっと違ったのだろうけれども。そもそもが「このヒーラーめんどくさい」というよりも、人間性に問題がある気がしてならない。有害と言うか、悪意がある有害さ。そりゃ誰も関わりたくないよ。愛らしい要素が全くないのだから。
世界観からしても、ちょっと謎で、魔物=敵という前提で進むのだけれども、その魔物と意思疎通が可能なのだよ。対話ができる。そして、魔物であるキノコともいつの間にか仲間になって、にも関わらず、魔物=敵という図式のまま物語りが当然のように進行する。「話せばわかるというのは理想像なんだよ」と主人公がヒーラーに言うシーンがあるのだが、それは魔物に対してではなく、まさに、お前の目の前の女に対してだよと思わずにはいられなかった。明らかに会話が通じないのはカーラに対してだろうと。それがこの物語の面白い部分のはずなのだけれども、じんわりと怖いなと思ってしまった。
総表として中の下。

 

youtu.be

『SPY×FAMILY』

全12話視聴完了。
人気作品は人気なだけあってちゃんと面白いね。鬼滅、呪術回線とスルーして、久々に話題の勧められた物を観たのだけれど、これは普段アニメとか漫画を観ない間でも面白いと言うのわかるわと。面白いのは勿論、可愛くてわかりやすくて笑えて、その上、きちんと見せ場があって、とても見易かった。
舞台は、長年、冷戦状態にありつつ、水面下で情報戦を繰り広げていた東国オスタニアと西国ウェスタリス。主人公は、西側の情報局対東課所属の凄腕スパイ。通称黄昏ことロイド。彼は極秘任務のため、家族を作り名門学校の懇親会に潜入することとなった。彼は精神科医ロイド・フォージャーに扮し、実は超能力者であるアーニャという少女を個人から迎える。そして、実はいばら姫と呼ばれる凄腕の殺し屋ヨルと、コードネームはいばら姫。周囲から怪しまれないため、唯一の家族である弟を安心させるため、偽装結婚をする。利害が一致した3人は、正体を隠しつつ、共に暮らし、平凡な家族を築こうとするが、ハプニング連続のドタバタコメディ。
職業的には優秀だけれども、不器用なロイドとヨル。舞台背景的には西と東の一触即発な冷戦中の国。一見平和ではあるけれども、全く平和でない世界。だけれども、そんな世界観でもほんわか面白く見られるのは、スパイに暗殺者とやっていることは物騒だが、己の信じる正義のためという全く悪意のなさと、天然可愛いキャラクターの性格なのだろうな。そしてちょっとお馬鹿な一生懸命な子供は最強。アーニャ可愛い。めっちゃ可愛い。
原作漫画も面白かった。第2期楽しみ。
総表として上の下。

 

youtu.be

youtu.be