アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『Vivy -Fluorite Eye's Song-』

全13話+総集編視聴完了。最終話で総集編を放送されると、それをどう捉えたら良いのかわからなくなる。特にまとめて視聴することが多いので、そんな、物語の余韻を最後にまとめられてもと。
100年後の未来から、歴史を改変し、AIの暴走による戦争が起こることを阻止するために来たというAIマツモト。「歌でみんなを幸せにすること」とう使命を持ち、AI総合テーマーパークで歌姫として舞台に立つ正式名称ディーバ。そして、もう一つの名前、ヴィヴィ。異なる使命を持つ2体のAI。AIの『歌姫』ヴィヴィの、百年の旅。
悲劇を積み重ねたら、それだけでドラマチックだよ。単話編成のオムニパス形式でつながっていくのは、見易いし、悲しいお話しは感情を動かされるし、印象に残る。
AI命名法を成立させようとした政治家相川ヨウイチのテロリストによる暗殺事件。次に、AIによる宇宙ホテルの地球落下事件。反AIテロリストによるメタルフロート破壊事件。AI史上初のAIが自殺したオフィーリアの自殺。
このAIによる人類抹殺事件を回避すべく4つの転換点の回避が物語のキーとなり、その後につながる。そして、繋がってはいつつも、この4つ転換点が一つ一つの問題として独立しているのがとてもわかりやすく見易かった。終始、目的と行動がはっきりとしているのもね。
心をこめるとはどんなことですかと、ヴィヴィはことある事に聞いているのだけれども、過酷な経験値を積み重ねて成長させるってスパルタが過ぎるなと。そもそもが、AIを滅ぼすための行動をAIがしなければならないという設定自体はすでに過酷。
人間はAIに依存し過ぎで、AIは人間に成り代ろうとしたという理由。もう、何処からが神なのだろう。あのAIは神だと思っていたのだろうかとか。
最終的に、暴走したAIを止めるべく全てのAIの強制停止させ、ヴィヴィは最後のステージで歌い、機能停止して終わる。個人的に、上手く気持ちが載せられず、拍子抜けと言うか、すっきりとした終わりではあなかったのだけれども、、100年の旅の最後であるとか、大事なのは物語の過程だったのかなと思ったり。
SFアニメでよく聞くのアラヤシキとは何なのだろうなと、調べてみた。阿頼耶識仏教用語で宇宙万有の根源とされる心の主体。眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識・末那識・阿頼耶識を認識する作用。要するにすべての元という感じで良いのかな。アニメでしか聞かないね。この物語では、A巨大AI産業会社OGCが建築している電波塔とのことだったが。アニメでしか聞かない言葉だよなと。

印象的だったのは、第5話メタルフロート破壊事件。音楽がとても効果的に使われており、絵に綺麗に曲が乗っていると、それだけでちょっと泣きそうになるね。そして強制終了の利かなくなったAIに一気に拳を打ち込んで終わるのが恰好良過ぎる。一番の見せ場だったような。
もう一つは、AI博物館で歌うことができなくなり、展示物となったヴィヴィ。AIを主人公にその苦悩を描くとなると、人間との違いは最早なく、それはただ展示されるといのは不思議だた。ちょっと前にドールの人権についての論争をちょっと思い出したり。ラブドールへのレイプが成立するかとか。いくら思い入れがあろうが、人形は人形で、人を模しているからなのか。だとしたら、マツモトのような人とは別の形をしたものにはいくら感情があろうが人権ではないよなとか。そもそも今の世界自体が人間だからといって当たり前に人権はないよなとか。徒然漠然もやもやと。なんだか、物語とは脱線しつつも、それを起因に色々なことを考えた作品だった。
総評として上の下。

 

youtu.be

youtu.be

『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』

第二期。第26話~第50話視聴完了。

sobraniepinks.hatenablog.com映画は未視聴で、前作が2016年。もう、ほぼ内容を忘れていたよね。ただ、とても面白かったけれども、途中とてもしんどくなる作品だったなという印象。異世界転生だけれども、何度も死んでやり直して、解決法を探す、ひたすらに過酷な運命。
びっくりするほど第1期がどう終わったのか思い出せず、よくわからないまま見始めていたのだけれども、今期は領地の村を救うために一時避難した聖域が何なのか。魔女エキドナによる聖域の結界を解除するための試練に挑むスバル君。そしてエミリア。スバル君の過去。エミリアの過去。ロズワールとベアトリスの持つ過去。オットーの友情。
ストーリーを理解できているのかというと、多分、殆どわからないまま見ていた。スバル君がやたらと喋るのだけれども、毎週、重要そうにいくら捲し立ても、ちゃんとわかっていたかというと否。それでも面白く最後まで見られていたのは、この物語の根底が感情論で、理論的でなかったからだと思う。

「俺が必ず、お前を救ってみせる。」とうスバル君のエミリアたんに対する行動理念の全てがエミリアたんが好きという、恋愛至上主義の感情論。曖昧で根拠のない証明しようのない個人の感情は、胸に刺さるし、強いよね。理屈が通ってなくとも、正当化されて正しいようにすら錯覚させられてしまう。スバル君強いよ。魅力的だよ。最終的に好きという理由で全てを許して受け入れる、理想の王子様でないのに、王子様になりうるよ。スバル君、超恰好良い。
キスしたら赤ちゃんできちゃうと本気で信じ、悪いことをしたらごめんなさいだよという、開き直った純真無垢なヒロインとお似合いが過ぎるね。
自分は、スバル君に対して、学生時代からの付き合いでなんとなく同棲しているフリーターの彼がハロワに通い始めて、正社員になったけれども、ブラック気味の営業職。それを応援している彼女設定で見ている時があるなと、ふと思った。
スバル君愛され系なんだよ。女神たちもだけれども、オットー君の殴ってからの友達宣言、あんな殴らんでも、落として告白とか愛が重たいね。スバル君、面倒な奴にばかり好かれる。メンヘラキラーな所あるよね。許す人間は、許されたいと言いながら許されないと思っている人間を集めるからね。苦しめているのも救うのも自分自身なのだけれどもね。ただ、きちんと今期の最後は各キャラクターの過去からの脱却があったので、スバル君に依存するのではなく、きちんとスバル君をきっかけに自分を変えたという終わりで、それが分岐で見所だったのだと思う。
スバル君の試練は、両親登場と過去の自分に折り合いを着ける。何だろう。スバル君はどうしようもないニートだったと思っていたので、きちんとした魅力的な尊敬する両親の存在に裏切られた感じがしてしまった。が、あの愛され体勢はあの両親から受け継いだ物だと変に納得はした。
まぁ、スバル君の魅力をこんな書きつつも、個人的にスバル君が好きかと言うと、全くそんなこともなく。両親の笑顔がぶっちぎっているとか、全然理論的でないことを自分でわかった上で、言い切ってしまって、伝えたいことが伝えられてありがとうとか言っちゃうのが、彼の魅力で、気持ち悪さで、個人的にはその気持ち悪さが圧倒的に勝っている。
今回、ちょっと面白かったのは、ラムがロズワールのことが好きだったということと、その気持ちに全く気付かずに戦う二人で、最終的に膝枕。Reゼロと言ったらお膝枕。
もう一つは、ベティが救われたようで何よりと。多分、400年後にスバル君は最低な男だったと笑いながら言っている未来しか想像できないが。ベティ、可愛かった。
それにしても、長かったね。現状、全50話。なんで完結したと思って見始めたのだろう。エミリアたんの王選はまだまだこれからだというのに。なんとなく、聖域の試練で各個人の問題が解決して一区切りした気になってしまった。スバル君とエミリアたんが両想いで落ち着いて、スバル君も正式な騎士になって。でも、レムはまだ目覚めてはいないし、魔女問題も解決はしていない。彼らの未来がどうなるのか全然まだわからないのだけれどもね。何年後でも続編できたら見るのだろうなと思う。
総評として中の上。

 

youtu.be

youtu.be

『かげきしょうじょ!!』

全13幕視聴完了。
過激かと思ったら、歌劇なのだね。宝塚オマージュ。
舞台は大正時代に創設された、未婚女性のみで構成される舞台「紅華歌劇団」の人材育成を目的とする紅華歌劇音楽学校。難関試験を潜り抜け、入学した第100期生。主人公は、下町出身、歌舞伎と色々あって、今はオスカル様に憧れる高身長の規格外少女、キラキラお目々に金髪ブルーのグラデのふわふわツインテ、印象的な渡辺さらさ。そして、元国民的アイドルのななっちこと、奈良田愛。男性不振でトラブルを起こし、強制卒業。男性のいないことを理由に入学した紅華歌劇音楽学校。無表情無関心で友達童貞こじらせた彼女はさらさに出会ったことにより、彼女の横に立ちたいと思うようになる。希望と葛藤に満ちた音楽学校生活。青春スポ根ストーリー。
主人公の好感度にこの作品の面白さが大きく左右されるなと。非常識ではあるので、天真爛漫明るく素直可愛いだけでなく、ちょいちょい、第3話の冒頭のお弁当に「人が作ったお弁当美味しそう」とか、細かい所で健気で憎めないキャラクター性が出て来て調整しているなと。
まぁ一番非常識に感じたのはあのアイちゃんの親戚の太一先生。同じ生徒に受験の評価を聞かせるのとか、口が軽い一番信用ならない。孝三郎兄さんも。あの経緯でアカウントゲットして、成り済ましで大人ぶった返事。まともな男が出て来ない。ななっちのあのナンパとかヲタクの彼とのやり取りも気持ちが悪かった。結果をこう持っていきたいからこう動かしている漂うご都合主義感。
なんと言うか、大人が大人ではないのだよね。必ずしも大人が大人でならなければいけないということはないのだけれども、それでも、守秘義務も何もない太一先生。更に、第5話の山田さんの問題は、こういう生徒が他にもいるはずなので、あんな先生が寮に行って説得する以外にもっとやりかたがあったのでわとか。スクールカウンセラーとかいないのかな。全寮制の学校としてサポート体制がないって怖くないかとか。
なんというか、リアルと非現実的な描写のバランスが悪く感じた。少女漫画ならもっとふんわり。青年誌ならもっとリアルに。中途半端感。途中から、話しの雰囲気がガラッと変わるのは何なのだろうと。原作漫画の掲載先が「ジャンプ改」から「MELODY」に移動したというのを知ってなんだか納得してしまった。おそらく、個人的に、後半、一気に見やすくなったのは少女漫画に振ったからなのかなと。
前評判を先に目にし、百合という感想が多かったのだが、百合だったのかな。よくわからなかった。
毎回、引きが上手くつい一気に見てしまった。が、これからどんどん面白くなりそうなところで終わってしまったので、続きが気になる。
総評として中の上。

 

youtu.be

『100万の命の上に俺は立っている』

総集編からの第2期、13話~24話視聴完了。

sobraniepinks.hatenablog.com2つの平行世界を強制的に行き来させられ、突然命がけのクエストを強いられる高校生たち。前回、異世界がバーチャルではなくリアルで、自分が人を殺してしまったことを知る主人公という大変重たい最後で続くとなっていたが、今回はその人殺しの事実に苦悩しながらも、受け入れ、感情論を排してすべての要素をフラットに、時には冷酷に仲間の命すら駒として扱い、クエストクリアを最優先に。全人類の命を背負っているという自覚と覚悟。
5周目で仲間になった5人目のプレイヤーは、マイルドヤンキー風の陽気で人見知りをしない鳥井啓太。一見単純で短絡的、感情的な彼の行動と言動。主人公、四谷君と真逆で、彼と一緒にいるとザワザワした。そして、絶対にぶつかりそうな2人が予想外に共に行動しているのが不思議で面白かった。正反対だけれども、それを否定しない。悪意がない。決して仲良くしようという風ではないものの、こういう関係性の主要キャラクターたちって他にあまり見たことがないなと、新鮮だった。
5周目のクエストも、勇者が正義とは限らない。自分たちが絶対的に正しいわけではないということを冷静に啓太君にしている四谷君が良かった。
そして6週目のクエストと、6人目の仲間。グレンダ。異世界の存在を知り、SNSによって四谷君たち以外にも異世界に行ったことがある人間がいることを告げる。
主人公、ハーレム展開の要素はあるのだけれども、なんだろう、ヒロインの影が薄いというか、そんなことよりも四谷君は四谷君のことでいっぱいいっぱいというか。そして気が付くとクエストで出会った現地の子に好意を持たれているという。箱崎さんの立ち位置が気になりはするが、まぁ、普通に考えたら、世界を救う救わない、生きる死ぬの時に惚れた腫れたは後回しになるのは自然ではあるよね。今の主流の主人公風ではないのかなとは思うけれども。

段々と明かされる世界の秘密。ドラゴンを復活させようとする集団と、それによって世界が滅ぶことを阻止しようとすることとか。あの股間に星の謎の男もだけれども、謎の麦わら帽子の少女。第2期は第1期ほどの引きはなかったものの、完全攻略に10のクエストと言うゴールが決まっており、それに向けて明かされていく謎。半分を超え、ますます楽しみ。続編もアニメ化してくれると良いな。
総評として中の中。

 

youtu.be

『ひぐらしのなく頃に卒』

全15話視聴完了。『ひぐらし遂に完結。

sobraniepinks.hatenablog.com視聴者の立ち位置が完全に神様。で、神様はベッドでだらだらiPadを見ている人風だった。
卒は主に沙都子ちゃん視点で、物語の悲劇のキーとして常に存在している。
前回、沙都子が診療所からH173のアンプルを盗む所で終わったのだが、今回まず始まった「鬼明し編」ではレナに注射して悲劇が起こる。
そして、次の「綿明かし編」では沙都子ちゃんが拳銃をゲットして起こる悲劇。
「祟明し編」は鉄平に村で虐められていると訴える一方で、学校では鉄平に虐待を受けていると偽り、悲劇のヒロインとして梨花ちゃんの関心を自分に集めてこれも良いねからの、大石に注射。
そして遂に最後の「神楽し編」が始まる。あまりにもふと殺すので面白くなってしまった。

最初は拳銃を使ってなど、殺し方にも色々と趣向があったが、最後、もう、残されるは己の拳。肉弾戦。そして手に入れる特殊能力。気と気のぶつかり合い。かめはめ波。そして再びの肉弾戦。わくわくしかしなかった。
まぁ、根本的理由はもう百合だよね。ずっと一緒にいたいという共通の願いを持ちながらも、その過程ですれ違う沙都子ちゃんと梨花ちゃん。好き過ぎて憎い。ロリっ子外見で油断したけれど、激しい百合。スク水で馬乗りはセンシティブではないかいと。
ラストのラスト、なんで線が太くなるのか。でもって、夕日に照らされて、半分川に浸かっての和解って。これはもうコメディ。いや、最初からそんな雰囲気ではあるけれども。いつの間にか本格ミステリー位の感覚で観ていたよ。グロとコメディは両立するのということをすっかり忘れていた。
親友の定義って。あれだけやりあって。思い入れが強くなり過ぎた人ほど、この最後はきつかったのではないかと思ったり。
最後、もう声優の筆頭に圭一がいる意味がわからなかったね。彼、主人公だったけ。保志さん全然喋っていなくないと。
まさかこんなハッピーエンドになるとわ。皆良い感じに収まっているとか。どこをどうしたら、こんな終わりになれるのかと。この作品、ハッピーエンドになるんだと。何はともあれ、きちんと終わって良かった。
総評として上の下。

 

youtu.be

 

『現実主義勇者の王国再建記』

全13話視聴完了。
勇者としての異世界転移。特殊能力はあるものの、スタートからチートというよりは、主人公の能力が高く、それを活かせたという印象。
祖父を亡くして天涯孤独になった相馬一也。中世ヨーロッパ風の世界観。弱小国で傾きかけていたエルフレーデン王国の勇者として召喚された彼は、自らの富国強兵政策を披露したことにより、国王に王位を譲られ、元王女リーシアと婚約することとなる。そして、多種多様な能力を持つ人材を集め、食糧難や財政難に経済不況、難民流入、他国の侵略などなど、山積みの問題を解決し、王国を再建させようと奮闘する。
主人公がわかりやすく好感が持てた。リーシア王女と仲良く、そして完全にハーレム展開になるのだが、それもご納得のお人柄とハイスペックさ。そのハイスペックというのも無茶がなく、合理的精神と現代知識、歴史好きでそれに倣って温故知新的な考えと、生真面目な性格と真面目さ。更に、やるときはやる。気が回る。そして物腰穏やか。これはもうもてる要素しかないよ。彼と子孫を残したいと思うのは自然な思考だし、王の座に置きたくなるねと。
リーシア王女に始まり、ダークエルフアイーシャ。歌姫のジュナ。動物の声が聞こえて、娘的立ち位置のトモエ。夢中になるよ。
ただ、ハーレムはハーレムなのだけれども、他の全ての主要キャラがお年頃の女性ではなく、ちゃんと主人公の参謀的立ち位置に黒髪青年ハクヤ。食の探究者で王国の食糧難対策に一役買っているポンチョ。単純素直な友人的位置のハルバートと、男女比のバランスが良いのも見やすかった。
個人的に印象的だったのは、歌姫ジュナに国民放送で祖国の元気が出る曲と『スレイヤーズ』を歌わせたのが、もう、そればかり思い出す。あれは笑った。元気にあるけどね。
コミカライズを先に読んでいたので、アニメ、綺麗にできていて良かったなと。特にイメージと相違があることもなく。第2期も楽しみ。
総評として中の中。

 

youtu.be

Give a reason

Give a reason

  • KingRecords
Amazon

『チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜』

全12話+最終話のオーディオコメンタリー視聴完了。
社畜のチート異世界転移。イージー日常。ハーレム。
主人公の青年、レイジ。出勤中に迷い込んだ異世界の森。与えられたスキルは鑑定と創薬。美味な回復薬を量産し一儲け。悠々自適なスローライフを目指して、異世界にドラッグストアをオープン。
次々舞い込む相談事を創薬のスキルで生成した薬で解決していく。カップルの痴話喧嘩に、領主夫人の見栄であったり、体臭問題に、食器洗い洗剤、魔獣狩り大会でエルフを優勝させるための魔獣を呼び寄せる薬に、武器屋の資格更新試験のために記憶させる薬。薬ではなんでもできないよと言いつつ、結局、薬を作ってあげて、完全にドラえもんの道具みないな。
起承転結が、主人公に相談する→薬を作る→解決する。という単話が積み重なっているのと、キャラ萌えで構成されているのだが、あまりに単純過ぎて、これは面白いのかどうかわからないというか、個人的には楽しめなかった。
物語は、急に異世界の薬局の主人である彼と、その家に住む幽霊のミナ。レイジが助けて懐かれた狼少女のレイラ。彼女たちとの日常から始まる。物語の冒頭は回想でしか語られないので、あれ? 2期だったっけ?? とちょっと混乱してしまった。多分、コミカライズを読んでいたのもあるのだろうな。
主人公、毎日楽しそうだけれども、なんだか目標とか希望などがあるようには思えず、穏やかそうな雰囲気にも関わらず、言葉使いが乱暴になるので、ちょっと怖かった。語尾が「~じゃねー」と言うのは聞いていて気持ちよくはないなと思った。神と崇められるほどに凄い能力を持っているのに親しみやすい人柄というのを表現したかったのか。
そして社畜時代にあった嫌なことを度々思い出して鬱っぽくなっているの、病むということは自覚なく、異世界に行ってイージーモードになったからといって急に癒されたりはしないのだろうね。
総評として下の上。

 

youtu.be