アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『ゆるキャン△ SEASON2』

全13話視聴完了。

待望『ゆるキャン△』第二期。嬉しい。そして見終えてしまって、寂しい。悲しい。完全に『ゆるキャン△』ロスだ。何だろう、この独特の癖になる感じ。放送開始からリアタイで視聴して、見返したりしつつ、終わってしまった喪失感。この流れでドラマ二期が始まったの、もう、流れるように見るしかないよ。アニメとはまた違っていて、彼女たち×2に再開できて嬉しい。嗚呼、これが癒しなのかもしれない。

『ゆるキャン△』 - アニメ視聴否忘失録

『へやキャン△』 - アニメ視聴否忘失録

第1話はリンちゃんがまだソロキャン初心者だった頃のお話しで始まる。今や手慣れた彼女が保護者同伴でデイキャンプから始める姿。そしてつながる今。第1期からの隙間を一気に埋められてしまったよ。

好きなエピソードはなでしこの初めてのキャンプを見守るリンちゃんとお姉ちゃんのやり取り。とても微笑ましかった。

お姉ちゃん好きだわ。一見ぶっきらぼうで愛想少な目なのに、滅茶苦茶なでしこちゃん大好きで、お姉ちゃんなの。なでしこちゃんが初めてのバイト代でカイロあげた時も、バイト先を探して来た時も。こんなお姉ちゃん素敵過ぎる。なでしこちゃんの家族は、キャンプ中のりんちゃんがなでしこちゃんのおばあちゃん家に行くのに合流する時に、お父さんが奮発してウナギを喰わせてやれというエピソードも、なんだかとても素敵な家族感がして胸が熱くなった。美味しい物大好きで天真爛漫ななでしこちゃんはこんな素敵な家族に囲まれていて、彼女ができたのかと。

また、第二期はりんちゃんのおじいちゃんに両親が描かれていたのも、とても良かった。なんだか、出て来るキャラがみんな素敵過ぎる。

浜名湖のウナギも、キャンプ飯もだけれども、ちょいちょい出て来る食べ物が美味しそうで深夜のメシテロられた。第4話のなでしこちゃんの朝食のベーコンエッグ。第5話でのきりたんぽ。りんちゃんの伊豆キャンの前日に食べる煮込みハンバーグ。

最初のキャッチコピーが「彼女たちが過ごす時間は、ちょっぴり手が届きそうな非日常。」というの、改めて良いなと思う。今、旅行も外出すら不自由を感じる日常の中、物語りの中でもこうやってちょっとした遠出やキャンプが楽しめるのはお腹の中がほっと暖かくなる。何故だか毎回エンディングを聴くとなんだかちょっと泣きそうになる。多分疲れている。落ち着いたらキャンプに行きたいな。嗚呼、でも一からアウトドアする気力まではないので、グラッピングに行こうと思う。

総評として上の中。感想書いていたらまた見返したくなってきた。良かった。

 

youtu.be

第1話 旅のおともにカレーめん

第1話 旅のおともにカレーめん

  • 発売日: 2021/01/08
  • メディア: Prime Video
 
『ゆるキャン△SEASON2』第1巻 [Blu-ray]

『ゆるキャン△SEASON2』第1巻 [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/03/24
  • メディア: Blu-ray
 
はるのとなり(アニメ盤)

はるのとなり(アニメ盤)

  • アーティスト:佐々木恵梨
  • 発売日: 2021/01/27
  • メディア: CD
 

『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』

全11話視聴完了。

なろう系の異世界転生。チートなのかな。赤子の頃から前世の記憶があったため、他の子より成長が早いのと、魔法の勉強を頑張っていたのと、異世界で本気出したから故の力なのかな。

ストーリーは引き籠りニートの男が実家から追い出され、トラックに轢かれて死亡する所から始まる。そして剣と魔法の世界に転生することとなる。過去の記憶と後悔を生かし、独自に魔術を勉強をし、魔術の家庭教師ロキシーと出会う。そして外に出られないトラウマを克服し、そして出会った幼馴染のシルフィエット。彼女と仲良くし過ぎることを懸念した父パウロにより、シルフィエットと2人で通うための魔法大学の学費を溜めることもありつつ、急遽、ルーデウスの貴族の家庭教師としての働き口を見付け、送り込むこととなる。家庭教師仲間のパウロの古い知り合いで獣人族の剣王ギレーヌ。そして、我儘じゃじゃ馬お嬢様のエリス。誘拐事件とか、ダンス講習とか、色々ありつつ、語学の勉強もしつつの平穏な家庭教師生活。だけれども、10歳の誕生日翌日に起きた、ロアの街上空で起きた魔力暴走によるフィットア領転移事件。エリスと共に転送させられた魔大陸。神との接触。更に魔族の戦士ルイジェルドと冒険者パーティー「デットエンド」を組み、帰還を目指す。

結構さっくり解決させたけれども、父親パウロが母親とメイドを同時期に妊娠させてルーデウスに妹が2人できたり、強制出稼ぎによりシルフィエットと全く連絡手段を絶たれたり、エリスの架空誘拐事件が実は本当の誘拐事件であったり、魔大陸に転移させられたことも、そこで出会ったルイジェルトの倫理観がルーデンスたちと異なっていたことも、よくよく考えるとかなりヘビーな内容なのだがそこまで重たくならずにサクサク観られたのは、構成や演出もあったのだけれども、なにより、主人公ルーデウスの声優さんが『銀魂』の銀さんのイメージが強い杉田さんだったので、どことなく感じる駄目さというか、脱力感が良い感じに作用していたと思う。ルーデンスのちょっとエッチな性格とかもコミカルに描かれていたり。声優さんのイメージをここまで上手く使えるのだなと、最初は銀さんの顔がちらついていたけれども、今やルーデンスはこの声だなと思える。また、子供の姿の時と心の声の変化も良かった。

印象的だったのは、物語り冒頭のリアルなシーンと、エリスの誘拐事件時に女の子、ヒロインの1人にも関わらず顔をボコられていたの。そんな強烈な場面とルーデンスの軽い冷めたノリの対比が面白かった。

物語はまだまだ途中なので、続きが気になる。アニメ2期を期待するか、コミカライズを読むか悩む。多分、アニメだからこの重たい内容を楽しめた気がして、原作とか読むのちょっと怖いのだよね。

総評としては中の上。

 

youtu.be

『天地創造デザイン部』

全12話視聴完了。

教育アニメ。個人的に生き物がとても苦手なので、興味がないというよりも、生き物について深く考えることが怖いと思っているので、確かに生き物の生態やどうしてその姿になったのかなど、興味深気な話しが盛り沢山だったのだけれども、とても面白くはあったのだけれども、やっぱりちょっと怖いなと思った。先に漫画が家にあったのだけれども、1巻の冒頭で挫折していたのが、アニメは受動的でも問題ないので最後まで観られた。そして、生き物以外の魅力的なキャラクターとストレスなく進む構成に予想外に楽しめた。ただ、やっぱり自分はキリンが鳩を食べるとか知りたくなかった。キリン睫毛ばさばさで可愛いだけで、それ以上は知らなくても良いと思っているのだよ。なんだろう、知ること自体が怖いと思っている部分がある。

ストーリーは、世界を創った神は、そこに住む生き物を造るのが面倒になり、下請けに出した。その名も天地創造社。クラインとは神様。生き物の姿形、生体。どうしてそうなったのか。デザイナーとエンジニアたちの独創的なアイディアで生まれたこの世の生き物たち。「面白くて、ためになる」生き物創造お仕事コメディ。

愛され系真面目新入社員の下田君が物語りの進行に需要な役割を担い、先輩方や上司の会話で進むのだけれども、生き物の描写と複数のキャラクターでの会話劇で動きがあり、退屈しない。そして絵だからできる架空の生き物。仮にこうだったらという架空の話しもわかりやすく描かれていた。

好きだったのは、デザイナーの海原さん。筋肉質の大きな身体、髭の長髪の男性なのだけれども、カワイイ物が大好きで、優しい話し方にピンクのベスト。ラッコのやり取りが好きだった。もう、彼が可愛いかったよ。可愛い大事。下田君のシャツの襟の羽のデザインも可愛い。OPの「Give It Up?」も可愛くて良かった。

総評としては中の上。

 

youtu.be

天地創造デザイン部 1 BD [Blu-ray]

天地創造デザイン部 1 BD [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Blu-ray
 
案件1

案件1

  • メディア: Prime Video
 
天地創造デザイン部 オープニングテーマ「Give It Up?」

天地創造デザイン部 オープニングテーマ「Give It Up?」

  • 発売日: 2021/02/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

『ワールドウィッチーズ発進しますっ!』

全12話視聴完了。

ストライクウィッチーズ』と『ブレイブウィッチーズ』のスピンオフの15分アニメで『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』の第2期。

『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』 - アニメ視聴否忘失録

『ブレイブウィッチーズ』 - アニメ視聴否忘失録

『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』 - アニメ視聴否忘失録

ネウロイが殆ど出現しない平和な少女たちの日常。そして、今回は今まで501部隊に502部隊のウィッチ大集合。

戦い以外の彼女たちの日常に、和むというよりも、どんな状態でも日常になってしまうことってあるよねと思ってしまう。それと、アニメで同人誌という印象。
第1話宮藤が魔法力を失って不便したのが、揚げ物の時にシールド貼れないことと。便利そうな使い方にちょっと笑った。
第2話502部隊で「ネウロイは空気読んで襲ってくる」も、だよねと。改めて言われると、力が抜けるよ。アニメ、直近が501部隊の宮藤さんだたので、今回、502部隊のウィッチ大集合で、久々にひかりちゃんに会えたのは嬉しかった。

総評として中の下。好きな人向けで、なんとなくこのシリーズを見ていただけの自分には付いて行けない部分が多かった。

 

youtu.be

『のんのんびより のんすとっぷ』

全12話視聴完了。

『のんのんびより』『のんのんびより りぴーと』 - アニメ視聴否忘失録

第3期。多分、完結。今まで季節は巡っても止まった時間を生きていた彼女たちが最終回で、お兄ちゃんが学校を卒業し、しおりちゃんに妹が生まれて小学校1年生になって、今まで最年少だったれんげちゃんがお姉さんになり、急に時間動き出すとか、ちょっと泣いた。

れんげちゃんと駄菓子屋の交流がなんだかやっぱり凄く好き。親以外の身近な大人の存在に憧れがあるからかだろうか。第11話で特にれんげちゃんの家で呑んでいた駄菓子屋がれんげちゃんが起きて来るとしゃきっとするの。いい加減な風で真面目なのよいね。それと、やっぱりれんげちゃんの性格が、幼女の中にそこはかとないおっさん感、いや、おっさんが好みそうな発言と言うのか、好きだわ。「若かったときは」とか年下に言っちゃうのとか。達観した子供。可愛い。ちょいちょい笑う。お口が三角になるのもとても可愛い。

ここ暫くずっと遠出できないので、田んぼ。畦道。山。そんな風景に癒された。最初はリアルな田舎の背景と、アニメ的キャラクター造形の違和感があって抵抗があったけれど、慣れるね。

総評として中の上。

 

youtu.be

『真・中華一番!』

第13話~第24話視聴完了。第2期。途中から途中まで。

裏料理界とのあれやこれ。中国大陸各地の伝説の厨具を“裏料理界守る旅。

キャラクターの髪がどんどんボリュームアップされている気がしてならない。個人的に、料理人には清潔感を求めがちなので、せめて髪を結ってくれないかなと思ってしまう。あと、裏料理界最高幹部で五虎星の筆頭カイユ、やっぱり髪に目が行きがちではあるのだけれども、タレ目は個人的にエロくて好き。

印象的だったのはマオの生家「菊下楼」で働いていたジュチという少年がメイリィに猛アタックをしてちょっと心傾くエピソード。何というか、ちょっとやきもちを焼かせたい乙女心とかそんなのもあるのだろうけれども、あんまりあっさりジュチに付いて行く軽率さが、そういう所が豆腐料理の時とかの爪の甘さにつながって、反省していないのなと思ってしまったり。メイリィちゃん可愛いけれど、なんだろう、あんまりその特筆した能力的な物が見えないから大丈夫かとなりがち。いや、可愛いから良いのか。あと、圧倒的ビジュアルでマオの方が良いじゃんと思ってしまった。母親譲りの美人さん。出会って急に口説いて来る男なんぞ信用できないよと。

最終回、マオが急に「まっぴらだよ!こんなにもの凄い腕を持った偉大な料理人が、何で料理勝負なんかで死ななきゃいけないんだよ」「お前ら可笑しいよ」と癇癪を起して食材に当たるの、真っ当だけれども、今更な気もしなくはないなと。「料理は人を幸せにするもんだろ」と。そこまではわかるのだが、「罪を償えばいいだろう」はちょっと子供っぽくて、嗚呼、世界は難しいなと。でも、美味しい物は幸せだよね。美味しい物大好き。飲茶食べたいな。

総評として中の中。

 

youtu.be

真・中華一番!  Blu-ray BOX

真・中華一番! Blu-ray BOX

  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: Blu-ray
 
第13話 超絶豆腐勝負!

第13話 超絶豆腐勝負!

  • 発売日: 2021/01/12
  • メディア: Prime Video
 

『ピーター・グリルと賢者の時間』

全12話視聴完了。

久々にこんな気分の悪いアニメを観た。コメディなのかエロなのか、全てが中途半端。笑えない。エロに振り切るには地上波だし。これ、主人公が女だったらわかりやすく最低の行為だし、逆でなくても最低で犯罪。本人の同意なしに無理矢理性行為を迫り、実行に移すのはレイプ以外何物でもないよ。なんでこれをアニメとしてテレビで放送できるのか、自分には全く理解できない。例えばこれが年齢宣言を設けた上で、然るべき場所にあるならば良いと思う。レイプものエロ小説漫画アニメなりのを全てなくせとは思ってはいないし、それが存在する必要もあると思う。当たり前に物語としいてありだと思っている。が、それでもこれは主人公が性的搾取を受けていることを軽視した状態で、悲惨なことを、男であるということで軽く流そうと、更には笑いにしようとしている所が本当に胸糞悪い。

ストーリーは、戦士ピーター・グリルは恋仲のルヴェリアとの仲を義父に認めさせるために、武闘祭に勝ち抜き、地上最強の男の称号を手に入れた。しかし、彼を待ち受けていたのは、恋人との結婚ではなく、最強の男の遺伝子を求めるオーガ、エルフ、オーク、異種族の女たちだった。ピーターの子種を狙う手段を選ばない積極的な彼女たちのアプローチ。望まぬハーレム。翻弄されるピーター。

据え膳とか、そんなレベルじゃなかったよ。自分は、どこも笑えなかった。そして異種族ハーレムなのだけれども、ビジュアルはそれぞれだが、性格的には皆同じような感じで特にその異種族の特性がどうのという所までのフェティズムも感じられず。これで多少なりとも主人公が楽しんでいる様子があったらまだましだったのだろうけれども、なんか、ただただ可哀想だった。何もしらないルヴェリアも後味が悪いし。エロコメって何だろう。誰かの不幸は笑えない。

後半ほぼ裸のピーターの筋肉はちょっと良かった。あのボディに惚れる気持ちはわかる。テンポも良く、サクサク物語の進み方としてはストレスなくサクッと観られて良かった。

総評として下の中。