アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『さんかく窓の外側は夜』

全12話視聴完了。
アニメや漫画は性的趣向に対して寛容で良いなと。BLなのかなと思いつつも、BがLは好きだけれども、そこだけ拾うことに何の意味もないよなと改めて思わされたり。ただ、前半はちょっとだけえっちぃ雰囲気。
主人公は、霊感体質で視えてしまう、書店で働く三角康介。彼が偶然出会ったのは、新興宗教の元教祖と言う過去を持つ除霊師の冷川理人。「これは運命の出会いですよ」「私といれば怖くなくなる」と、三角に執着し、丁寧な口調ながらも強引に踏み込んで巻き込んで行く冷川。そしてそれに流され心霊探偵コンビを組む三角。人気占い師の迎系多。父の命令で呪い屋を営む女子高校生の非浦英莉可。刑事である半澤日路輝。謎の先生。様々な事件を解決しつつも、明らかになっていく過去。そして父親の因縁。
心霊系の怖いかと思わせておいて、最終的に人怖で、結局人が救うというマッチポンプ。「ホラー×ミステリー×バディ愛の三拍子そろった新感覚“霊感エンターテインメント”」とのことで、海外ドラマのようだったなという印象。
原作の漫画家さんが好きでデビュー当初から読んでいて、何と言うか、危惧していたのだが、絵柄とアニメの相性が悪いなと。キャラクターが安定せず、上手くストーリーが頭に入って来ず、最終回までの流れの盛り上がりに気持ちが乗らず、嗚呼、最終的に過去のトラウマと愛の力でごり押してのドラマチック日常エンドと、なんだか一歩引いてしまった。実写向きなのかな。映画、観ていないのでなんとも言えないが。時間ができたらそちらの方も観てみようと思う。と、いうか原作も2巻までしか読んでいない気がする。続き読まないと。
それと、書店の控室に『ドント、クライガール』のポスターはちょっと笑った。インパクトあったね。一番好きな作品。
総評としては中の中。

 

youtu.be

 

『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』

全13話視聴完了。
なろう系。異世界ファンタジー
自分の能力を自覚せず、過小評価をするのと、謙虚さは違うと思う。
ストーリーは、生まれつき持つ「加護」が大きな意味を持つ世界。そこで勇者パーティーでの最前線の戦いに付いて行けなくなった主人公ギディオンは、賢者の独断で戦力外通知を受け、追い出されたというか、主人公自身も納得して出て行ったような印象だった。その後、勇者パーティーは重要な裏方作業をしていた主人公が抜けたことにより、大混乱。分裂。主人公にも色々思う所はあったのだろうけれども、勇者の加護により勇者を運命付けられていた妹のルーティちゃんにはせめてきちんと説明すべきだったし、ルーティちゃんにとって急に大好きで信頼していた兄がいなくなるってどういことかちょっと考えろよと、つい思ってしまった。そして主人公が選んだのは、辺境の街ゾルタンにてレッドと名前を変え、薬屋を開くこと。そこに嘗ての仲間のお姫様でBランク冒険者のリットが住み込みでお店の手伝いを申し出て始まった、同居生活。
残念だったのは、料理上手で胃袋もガチ掴みのはずの主人公の料理の作画があれがあれすぎて、説得力がないよねと。
背景も、完全に整備された森や河原。公園だよ。家の周りの柵が、もうそれいるかとか。そんな場所に薬屋って、不便が過ぎないかと。そんな気楽に徒歩で街と行き来するきょりなのか。そもそも村と街と距離間というか地図が全く想像できない。寒さの中、急にベンチに座ってキスするシーン。あれはどこなの。急にベンチと街灯だけあるあの場所はなんなの。ロマンチックなはずなのに、そんなことばかりが気になって、もう、こういう作り込みの雑さが物語の説得力を失わせていくのだなとじわじわと来るアニメだった。
物語としては、主人公と固定ヒロインの辺境でスローライフというか、押し掛け女房にまんざらでもなく、らぶらぶ新婚生活。それも違和感なく順序立てて進展してく二人の関係はとても良いなと思ったのだけれどもね。
魔王討伐の勇者の旅が物語の軸にあるのだろうけれども、魔王の存在が薄めで、勇者の加護を持つ妹ちゃんが個を犠牲にしてまで勇者をやらなくてなはならない必要性が薄くなっていたなという印象だった。だから、最終的に妹ちゃんが兄の元に留まって冒険者を続けつつもお店のお手伝いをするということにあまり違和感もなく。多分、ハッピーエンドなのだろうけれども、それがハッピーエンドだとしたら魔王討伐は、ゆうしゃの加護亡くして大丈夫なのだろうかとか不安が残ったり。
最後にもう一点。とても気になったのはあの衣装センス。ヒロインちゃんのブラ丸出しはまだなんとなくわかるのだけれども、脇が、パフスリーブにも関わらず、脇の下だけがばっと開いているあの形がもうよくわからなかった。それに暗殺者の加護持ちで妹ちゃんのお友達になったティセちゃん。あんなお腹出して、他を隠しているだけにアンバランスさが不安になった。最終回で、妹ちゃんが急に白い四角い帽子を被っていたのだけれども、あれはファーのメーテル的な物を描きたかったのだろうか。まぁ、それまでは良いのだが、お兄ちゃんにアクセサリーを買ってもらうの、あのリボン、逆さじゃない。ああいうデザインなの。変わった形にしかたっかのか。センスがないなら無難な形にしておけば良い物を、とナチュラルに思ったので、全体的な衣装デザインと個人的な好みが全く合わなかったのだろうと思う。
総評としては中の中。

 

youtu.be

『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』

第12話~第23話視聴完了。第2期。

sobraniepinks.hatenablog.comどんな物語りだったのか思い返しても、なんと面倒なと思っていた。第1きがとても面白かった記憶はあるのに、すぐに第2期を観る気になれず。一度録画の再生を止めてしまうと、次を再生するまでに、面倒なキャラクターにストーリーに、私は一体何を観ているのだろうかと。ただ、一度、再生してしまうと滅茶苦茶面白い。もう次から次へとテンポ良く展開が気になり、一気に観たくなってしまう。不思議なアニメだった。
異世界転生から更に転移させられてしまい、主人公ルーデウスとわがままお嬢様だったエリス。そしてデッドエンドの異名を持つ魔族のリュジェルドとの、故郷を目指す旅。
原作者の「理不尽な孫の手」さん。本当に不意打ちで理不尽が次から次へと降りかかってくるので、名前がそのまま物語りに直結しているなと毎回OPを見る度に思った。
何と言うか、もう完全に騙されていた。主人公3人組の冒険譚だと思ったのだよ。まさかあの転移事件がルーデウスとエリスだけに起きた悲劇ではなく、国そのものに起こった大災害であったとは。
それまでのエルフの村で捕らえらたのも、理不尽ではあったが、完全に第2期の序章だった。軽いノリなのに、起きているのは残酷な悲劇。牢にも関わらず全裸で寛ぎ、新たな投獄者を「新入り」と涅槃の体制で迎えるルーデンスに油断されされていた。
まさか、その後、第16話で父親との再会で、いきなり喧嘩。あの父親の最低さは知っていたが、そんなルーデウスを責めるのは違くないかとか。宿の店主がおごりだと出した温かい飲み物のハードボイルドさ。そこからの仲直りのルーデウスの大人さ加減。ちょっと泣くよね。
そこから、もう、災害というものは誰からも何かしらを理不尽に不条理に何かを奪うよね。あの音楽にのせて見せられる、父や母、妹たちに起こった悲劇。そこからどう進むのか。そして、急に現れた龍神からの攻撃。帰れた先にあった、なくなった故郷。こんな重たいのに、作り込みが凄い。世界観も、ルーデウスのキャラクターと声優の演技力と構成と演出とで、もう、こんな面倒なのにさらりと観れちゃう。ルーデウスの旅と言うか、二度目の人生はまだまだ続くのだけれど、後味悪くもならなかった。そして、サブタイトルの「異世界行ったら本気だす」がちゃんと本気。
最後、個人的にちょっともうよくわからなくなったのは絵柄の問題なのだけれども。ルーデウスとの年齢が、もう、ずっと変わらず子供に見えていたので、あのベッドシーンと引きこもっている姿。周囲からの扱いが段々と子供から大人に変わってはいた気がするのだが、見た目の問題でずっと子供に見えて、最後、15歳云々が、あれ、そんな大きくなったっけ。子供が子供作ることしてとか、違和感が出てしまった。
急にルーデウスに釣り合う人間になるためと、旅に出たエリス。落ち込みながらも、母の存在を探そうとするルーデウス。人神の思惑と龍神との因縁。まだまだ物語は続くので、第3期アニメ化希望ではあるのだけれども、やっぱり、観始めるまではちょっと面倒だなと思うのだろうな。
総評として上の下。間違いなくとても面白い作品ではあるのだが、何と言うか、人に勧めにくいのは何だろう。

 

youtu.be

『岸辺露伴は動かない』

アニメ「懺悔室」「ザ・ラン」「富豪村」「六壁坂」の4本。ドラマ第1話「富豪村」第2話「くしゃがら」第3話「D・N・A」第4話「ザ・ラン」第5話「背中の正面」第6話「六壁坂」視聴完了。
ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ。そしてジョジョは原作も読んでいたけれど、大分前にざっくりだったので、殆どキャラを覚えておらず。露伴先生と言われてもピンと来ず。なので、自分の中での露伴先生はあの一昨年の年末から話題のドラマの露伴先生だった。素敵な洋館に住んでおり、兎に角お洒落で、己の美学を追求し、仕事熱心で、何処かに刺さって引っ掛かりそうなGペン先のピアスを揺らす。再放送に録画に、こんな3回も見返したドラマって初めてかもしれない。
何処を見ても素敵。特に富豪村お屋敷に、案内役の子供の眉を潰したデコ出しビジュアルが素敵過ぎる。次に、同業者の志士十五。野武士のような佇まいに久々に3次元でめっちゃ好みだとなったよ。『野獣死すべし』の松田優作、『まほろ駅前番外地』の松田龍平、『仮面ライダークウガ』のオダギリジョー以来。と、初めて並べてみたがなんだか統一感あるね。「背中の正面」の乙雅三は、漫画をここまで実写で再現できるのかと驚いた。「六壁坂」では、あの景観のあのお屋敷。あんな素敵ば場所があるだなんてと、食い入る様に見てしまったよ。『世界遺産』を見ている時と同じ感覚だった。担当者の泉京香のキャラクターと、現実離れした衣装。クールな露伴先生との対比が良くて、とても面白かった。
アニメは、とてもカラフル。多分『黄金の風(『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』 - アニメ視聴否忘失録)』を観ていた時もそうだったのだろうけれども、ドラマの印象が強かった分、急にこれこそがジョジョだと見せられ、一気に世界観を引き吊り戻された感。良かった。
印象的だったのは「六壁坂」の死んだはずにも関わらず、血が流れ続ける彼氏を簀巻にして冷蔵庫の上に乗せ、そこから滴る血を飲む、大郷楠宝子。あれはもうあんな臨場感溢れた場面からの流れは笑った。もう意味が分からくて最高で、こういう所がこの作品も見所なのだろうなと。
そして、露伴先生の宿無しにも関わらず堂々と居候宣言。ドラマとは違ったクズ感はちょっとキュンとなった。
アニメとドラマ、両方を見比べて楽しい作品って貴重な気がする。どちらも良くできていて、違った魅力があるなと。まだ漫画が未読なので、読んでみたいのと、やっぱり他のエピソードも映像化してほしい。
総評としては中の上。今期から始まった『ストーンオーシャン』編も楽しみ。

 

『やくならマグカップも 二番窯』

全12話視聴完了。第二期。今回も、前半のアニメと、後半の『やくならマグカップも-やくもの放課後-』というメイン声優4人よるバラエティ番組。

sobraniepinks.hatenablog.com新たな公共事業の形。そしてスポンサーが太そう。ついスポンサーでデンタルクリニック検索したよ。それと、やくもの放課後はすでにご当地アイドル番組的雰囲気。車とトラックはちょっと笑った。
今回は、前回の美濃焼コンテストに出品したことにより、陶芸に対する向かい方に変化した姫乃ちゃん。陶芸家であった亡き母の存在。空回る気持ちとか。陶芸が好きでメキシコから来たヒメナ・バルデスさんとの出会い。陶芸家の祖父を持つ十子先輩のあれやこれやも。そして新たな作品作り。そして、父に任された喫茶店の棚に置いた作品は。
相変わらず急に土目線とかファンタスティックな回もあったが、前回の夢ほど突飛でもなく、ちょっと面白かった。
そして、前作よりちょっと成長した姫乃ちゃんは、ちょっと見易かった。そしてこんなな手足が長くて大人っぽい体系だったかなと。個人的に、あの愛らしいこけしのような顔とのバランスは苦手だったけれども。
相変わらず背景と人物の比率とか手の大きさとか、画面を直視するとちょっと酔うという演出ではあった。
印象的だったのは、男性陣。ロン毛眼鏡のお父さんは相変わらずで、陶芸部の元顧問であり、陶芸を通して海外と交流をする政府の文化事業に携わり、コンテストの審査員だった草野先生。何だろう。あの二人が揃って文化祭を回っている姿が、厄介そうな男二人がいるなという雰囲気がして、単なる主人公たちのサポート役では終わらない存在感があった。
声優パートは、地元紹介と各々の作りたいものを作る陶芸。おしりを作っているのは意味がわからなくてつい完成が気になってしまった。顔料を混ぜて薬液を作るのとか、初めて見たので面白いなと思ったり。あんな鮮やかな色が出るのかと。面白そう。美濃焼きに興味が出てきたし、多治見市にはますます行ってみたいなと思う。一度、ろくろを回してみたい。
総評としては中の中。

 

youtu.be

youtu.be

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ』

12話視聴完了。第3期。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 - アニメ視聴否忘失録

『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』 - アニメ視聴否忘失録

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』 - アニメ視聴否忘失録

久々に見る度にヘスティア様ってこんな小っちゃいのに煽情的衣装でおっぱい丸かったっけとなる。そして相変わらずベル君可愛い。
今回は、異端児と呼ばれる言葉を解するモンスターの存在。モンスターは人を殺すので倒すべき存在であるという常識に、彼らと心を通わせることを選んだベル君の取った行動は、彼らを救う。
あの一人だった少年は、今やたくさんの信頼できる仲間がいて、皆に愛されて、それも本人の愛されるべく性格もあってと、こんなほっこりするハーレムならやっぱり良いなと思った。そして、第10話で囮なったベル君が入れ替わり立ち代わり女の人に囲まれているのを見たアイズさんが「女の人ばかり」と今更気付き「不良なんだ」というのは良かったなと。あの鈍感というよりも、何の感情もない現状を見て思う感じに、個人的にベル君は愛されるべき人物で今更だが、最後の見せ場を前に作品全体を通した感想がやっぱり自分もそう思うだったので、ちょっと笑った。
第4期の今年放送予定。ベル君の成長を楽しむというよりも、変わらないベル君がそのまま英雄になっていくのを愛でる感じ、楽しみ。
総評として中の中。

 

youtu.be

youtu.be

2021年面白かったアニメ10と、印象的だったアニメ5。

今年視聴したアニメは70本ちょっと。

これが多いのか少ないのか全くよくわからないのだが、これだけ観ても毎シーズン観きれないアニメはたくさんある上に、過去には無数のまだ見ぬ名作がある。

相変わらず情勢はまだまだ落ち着く気配もなく、更にきな臭い事柄が増えている。だからこそ物語は自由でなくてはならないし、漫画もアニメも小説も映画もドラマもたくさんある世界は素晴らしいなと思う。

今年も昨年に引き続き面白かったアニメのランキングにした。それと同時に、今年見たタイトルを見返していたら、やはり面白いか否かとは別に印象的だったアニメ多かったので、そちらもちょっと番付けしてみた。

配信されている物も多いので、年末年始、家に籠ってアニメをと思う人は参考になればと思う。そして、このブログ自体が基本的に私個人の健忘録的意味合いが強いので、ネタバレがあるのでリンクを踏む際は注意して欲しい。

 

【2021年面白かったアニメ10】

第1位 『ましろのおと

音楽と映像が上手くはまると最高。三味線が滅茶苦茶格好良い。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第2位 『スーパーカブ

青春群像劇。女子高校生がカブに出会ってどんどん世界が広がって行くのが最高に素敵。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第3位 『ゴールデンカムイ

死と食と生きるという事が凄く近く、同じテンションで物事が進む。シリアスとコメディとの表裏一体。サウナ、全裸、戦闘、もう最高。演出が兎に角凄かった。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第4位 『ゆるキャン△ SEASON2』

最高の癒し。ちょっとした中毒症状が出る位、癒された。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第5位 『ひぐらしのなく頃に

あの物語が遂に完結。古い作品を上手く今に落とし込んでおり、こんな綺麗に終わるだなんて思わなかった。良かった。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第6位 『BEASTARS

昨年に引き続きの第2期。入りにくい世界観なだけに、まとめて観たい作品。良くできたストーリーと映像。一応綺麗にまとまっている。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第7位 『進撃の巨人』The Final Season-Part.1

1月から最終章が始まる。楽しみしかない。アニメの完結が待ちきれず、先に最後まで漫画の方を読んでしまったのだが、こんな壮大な疲れる物語りが世にあるだなんんて、だからもう物語りと言うものは最高過ぎる。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第8位 『魔女の旅々』

色々な国や人と出会いと別れのオムニバス形式で進む作品。旅が遠くなった今だからこそ、こんなファンタジーな旅が余計に楽しい。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第9位 『かげきしょうじょ!!』

宝塚オマージュの少女たちの青春群像劇。突っ込み所は多々あるも、引きが上手い作品なので、あっという間に一気に見られる。主人公のキラキラした目が可愛い。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第10位 『天晴爛漫!』

明治後期に色々あってアメリカに流れ付いた発明家と武士が大陸横断レースに参加するストーリー。全くかみ合わない二人の関係性の進展とコミカルな画面。エンターテイメントとしてよくできているなと思った。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

【2021年印象的だったアニメ5】

第1位 『ぼくたちのリメイク』

モデルになった学校が母校で下宿も近く、兎に角、背景見たさに観ていた。懐かしさで胸がいっぱいだったよ。が、それはそれとして、主人公が最低過ぎて絶句した。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第2位 『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』

綺麗に物語の形ではあるけれども、警察案件。軽率過ぎてびっくりした。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第3位 『やくならマグカップも』

地元スポンサーの太そうな新たな公共事業の形なのかもしれない。岐阜県多治見市に行きたくなる。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第4位 かくしごと

ストーリーが破綻しているように思えたのは自分の読解力のなさからなのか。数少ない友人が面白かったと言っていただけに、どうにもわかならい。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

第5位 『ピーター・グリルと賢者の時間』

性別が男でも警察案件。大概に人権侵害。

sobraniepinks.hatenablog.com

 

今年も、本当にたくさんのアニメがあって、相変わらず家のHDの容量はいっぱいで、来期のアニメもだけれども、年末特番どうしようとなっている。が、それと同時にこんなにたくさんアニメがあるだなんて、もう次は何を観ようかとわくわくがいっぱいで仕方がない。来年はもっとたくさん観られと良いなと思う。嗚呼、アニメ最高。アニメ大好き。