アニメの感想。

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『メイドインアビス 烈日の黄金郷』

全12話視聴完了。第2期。第10話の後に声優さんの総集編が入り、第11話と第12話のまとめて1時間放送での最終回。
総集編、全然良いのだけれど、なんだろう。あと2話と思っている所に急に入れられて、最終話をちょっとだけ見せますとか、いや、普通に最終話を観るのに、そんな事前に見たくないのだが。そして「素敵な最後です」とか、そういうのは見た後にこっちが思うことなので、そんな直前に言われたくないと。録画されていたので、一応見たが、なんだか、最終回の1個前の総集編って意味なくないかと。

sobraniepinks.hatenablog.com今回の物語りは、アビスにあるとされる黄金郷を目指す旅をした「ガンジャ」隊の回想と、深界6層「還らずの都」へと進み、そして、そこにはは成れ果てたちが独自の価値観と言語で生活をしている「成れ果ての村」に辿り着いたリコとレグとナナチの物語りが並行して進む。そして、なぜ成れ果ての村ができたのか。嘗ての決死隊のメンバーが何をし、どうして成れ果ての村の住人として生活するようになったのかが次第に解き明かされて行く。
「星の羅針盤」を持っていたヴエコと、原住民の少女イルミューイ。「神がかりの預言者」と呼ばれるガンジャの隊長でワズキャン。最後まで自分を失えなかったベラフ。ようやく見付けた水により、気が付けば次々と身体を蝕まれ、倒れていく隊員たち。願いを叶えるとされる、欲望の溶岩、黄金の蜂蜜を固めたかのような卵。使わせるなら幼体が良いと。イルミューイの母を求め、自ら母になりたいという心の願いと、それを利用したワズキャン。子を求めるイルミューイはその姿を次第に変え、毎日、翌日には死んでしまう子を産み、そのスープが隊員を救い、新たに作られる世界。
そんな過去とは別に、一見、安全で平和に見える村でまるでバックパッカーのように旅をするリコたち。そして知る村の秘密。ミーティと再び出会ったナナチ。成れ果ての姫であり、イルミューイの産んだ末の子である、村を滅ぼそうとするファプタ。それと、レグとファプタの過去。
最終話の最後の最後。「かつてのボクはそんな君の姿を見ていたのか⁉」「ボクは君と旅に行きたい」とレグのたらしっぷりは発揮していた。今回、リコとレグよりも、ファクタとレグの関係の方が中心だったなと。微妙な三角関係。獣のもふもふが色々な物を緩和してくる。怖い。
「愛こそが呪い。行く末には闇しかないと知っているのに」でどうして「あんなにも眩しいのだ」となるのか。眩しさどころが、何一つ光を感じなかったのだが。

冒険譚なのに、閉塞感しかない。
どうしてこんな地獄のような世界を描ける物語を考えられるのか理解できないよ。
喉の奥に重たい何かが詰まって、特に第8話の子供の悲鳴はずっと耳に残った。
しんど過ぎて感情の処理が追い付かず、泣くということはなかったが、じんわりじんわり思い出されて、多分、これはいつかこの感情の処理ができた時に泣けて来そうで怖いわ。こんな物語で出会ったのは初めてだ。
なのに、コミカルな動きのキャラクターに、一見可愛らしくも感じるギリギリラインのデザインは、気持ち悪さと可愛さの紙一重の僅かに恐怖に寄ったデザインで。そんななか、リコの冒険にかける情熱と前向きさと純粋さはいっそ狂気。狂えないとヴエコは言うが、リコこそ別の方向に狂っていて、それがこんなどうしようもない世界で一見明るく見易くさせていることが怖かった。
もう、本当によくできているから、目が離せなくなって、夢中で12話観てしまったよ。面白いと手放しに言えない。ただ、動きも絵も綺麗な画面に、最高の音楽に、本当によくできていて、恐怖が後からじんわりと消えない。つらい。そして冒険はまだ続く。
総表として上の中。こんな怖いのに、多分、続編も夢中で観るのだろうなと思う。

 

『ゴールデンカムイ』

第37話~第42話+OAD第1弾視聴完了。第4期。
メインスタッフさんがご逝去されたということにより、第43話から第49話の放送は、2023年4月より改めて放送予定と。心よりお悔み申し上げます。

sobraniepinks.hatenablog.com第3期の感想が約1年ちょっと前。ロシアに行ったことは覚えていたが、すぐに思い出せず。というか、細かな人間関係など忘れていることが多過ぎて全体としての物語りの流れから完全に取り残されていたのだが、それでも問題なく見進められたのは、シーンのみでも充分楽しめるよう作られており、各個人にスポットを当てたストーリーが組み込まれているからなんだろうなと。いきなり街中での狙撃は、完全にギリギリのピンチだったのだけれども、白石がいるだけで和む。
そして、第37話。完全に命を懸けたやり取りをしていた狙撃手と杉元が戦っていた次の瞬間には言葉が通じないにも関わらず、絵を使ってコミュニケーションを取ろうとするのは、嗚呼、こういう死というものの置き方がゴールデンカムイなのだなと。畳に丸まって話す杉元は可愛かった。
第39話はいきなり冒頭での温泉回、今回もあった。あまり馴染みのない二階堂と宇佐美ではあったが、印象的だった。真面目な話しをしつつも、もう期待を裏切らない全裸。
第40話で鯉登と鶴見中尉の出会いが描かれていたのは良かった。ただでさえ愛嬌のあって魅力的なキャラクターの背景を知れると更に好きになっちゃうよね。
多分、これからどんどんアシリパは大人になっていくし、杉元のアシリパさんに抱く気持ちの変化もどうなってしまうのだろうかと。

そして冬の北海道などどう考えても過酷にも関わらず、更に命のやり取りで大変な状況にも関わらず、どうしてゴールデンカムイを観ると北海道に行きたくなるのだろう。謎。
取り合えず、4月からの放送前に原作をアニメの進行箇所まで読み返したい。
忘れないように感想を書いたが、総表は4期残り放送分を観てからにする。

 

『アキバ冥途戦争』

全12話視聴完了。
ネタバレあり。いつもここは個人的感想を書く場であり、ネタバレを気にする人はそもそも検索しないと思っているので、そういうことは気にせず書くのだが、今回は、確実に先に色々知ってしまうと、本当にあれがあれすぎるので注意書きしておく。
そして、ざっくりあらすじ。舞台は1999年の秋葉原。とある雑居ビルの1室にあるメイド喫茶「とんとことん」。メイドに憧れる普通の少女、和平なごみは、一緒に入店した破天荒クール系35歳の万年嵐子と新人メイドとして、無気力無能店長に、謎のパンダ着ぐるみマスコット、エースツインテメイドのゆめち、ギャルメイドのしぃぽんと共に「おかえりなさいませ、豚小屋へ」「皆様のおかえりをお待ちしておりましたブー」と、働き始めることとなる。そしてそんな2人の最初のお仕事は、ライバル店への手紙の配達。
第1話から凄かった。いきなりライバル店に喧嘩を売って、いきなりビンタからの、嵐子が紙袋に隠したあれでパァンって。クレイジーだと。コミカルな演出にいきなり圧倒された。そして続く銃撃ライブ戦闘シーン。放心と恐怖と正常値バイアスをかけようとするなごみと、紙エプロンと、歌とダンスと、残滅。あれは凄い。何度、繰り返し見たことか。もう、前情報なしで見始めたので、まさかこんな感じだとはまったく想像していなくて。そしてED。もう、これから何が始まるのかと思ったよ。
人が簡単に大量に死ぬ。メイドが冥途に行く。すぐにパァンっと打つ。あまりにバンバン死んでいくので怖いとかもなかった。何と言うか、もう、クレイジー。記号でなく、こんな普通に人がバンバン死んでいく作品って、なんだよ。と。無茶苦茶。そしてそれがもえもえきゅんと平行して最後まで続くという。
嵐子さんは格好良かった。最初の戦闘シーンから、ちょっと天然で規格外の強さで、特に第4話のバースディ回。「自分のことでは怒りません」「36歳、メイドに年齢は関係ありません」とか、そして最後の「楽しかったんです」の、まさかそんな死ぬとか、ええっとなたった。この作品はそこまでするのかと。もう、凄いよ。びっくりだったよ。
嵐子さんは終始格好良かったのだけれども、ラーメン屋の親父も最高に格好良かった。それも、嗚呼、もう。
メイド喫茶の、萌と抗争劇。
そして、一番ヤバいのが普通の少女のはずのなごみちゃんという。途中、姉妹の契りを交わしたメイドの死によって忍者になったりもするが、そりゃ忍者にもなっちゃうのも仕方ない状況かもしれないが、なんというか、もう、終始煽りよる。登場から最後の最後まで、彼女は気付かないことを武器に煽り続ける。凄かった。特に第8話の野球回。こういうの知ってる。おっさんとかでいる。まさにそれ。良い意味で酷いというか。どう言っても酷い。そして、最後の最後まで歌って踊って萌え萌えのメイドさんをして、「メイドは給仕ですよ」と普通のことを言って、ちょっと感動のシーンのようになっていて、まぁ、泣いたのだけれども、狂気だった。そしてそれを上書きするかのように、狂ったトップがなごみに打ち込んで、トップも打たれて、えぇ、そんな更なる狂気。クレイジー。こんな、こんな終わりになるだなんて、もう、誰も想像できない。最後の最後まで気が違っていた。やり切っていた。凄い。キチガっていた。凄過ぎた。
最終話のメイド喫茶のシーンなぁ。同じ言語を使っているのに会話の通じなさがなごみちゃんだけでなく、それを皆で命がけで演じている、よくわからないあれ。凄かったな。多分、あのシーンを忘れることはないと思う。可愛いと怖いは同居する感情なのだなと。
個人的に謎だったのは、なぎ様の衣装がなんでメイド服なのにどことなくロボットを連想させるのだろう。あのごつさはなんだろう。フレアーとレースなのに。そしてそれすら繰り返し見ると可愛く感じるという。彼女の行動は最後まで予想できなかったよ。
多分、もう何度凄いと呟いただろうか。兎に角、もう何と言うか全てが凄かった。正に度肝を抜かれるということはこういうことなのだと、突き付けられた。まさかそんなアキバでメイド喫茶で『仁義なき戦い』のパロディだとは考えもしなかたし、いや、私はその映画を通して観たことは確かなかったはずなのだけれども、それでもそう分かった上に、寧ろ今まで興味のなかったその映画を観てみたいなと思う程に楽しめた。凄い。こういうのを、パロディがオリジナルを越えた時だなと思う。
そんな作品を最後まで高クオリティで走り抜けて、音楽も、90年代から2000年代初頭のあの懐かしい曲調で欲しい時にちゃんとその曲が流れて、初めて聞くはずなのに、何処か懐かしかった。

こういう作品に出合いたくて、私はアニメを観ている。
総表として上の中。もえもえきゅんきゅん。

 

youtu.be

youtu.be

『金装のヴェルメイユ〜崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む〜』

全12話視聴完了。
異世界ファンタジー。使い魔召喚でセクシー悪魔でおねショタチートの学園生活。からの、悪魔を取り巻く謎の陰謀あれやこれや。からの、セクシー悪魔おねえさんの過去に迫り、更なる絆からのレベルアップ。
ストーリーは、王立オルティア魔法学院で、実技である召喚魔術ができずに留年の危機に瀕していた主人公の少年、アルト。かれは偶然発見した古い召喚魔術の本によって、その本に封印されていた厄災をもたらす強大な力を持つ悪魔、ヴェルメイを呼び出すこととなる。一見人間に見えるヴェルメイ。前代未聞の人間を使い魔とし、ヴェルメイの影響もあり、己の持つ強力魔力濃度に気付き、更に強くなろうとするアルト。定期的に魔力供給が必要な使い魔となったヴェルメイするちょっとエッチな魔力供給。そんな二人の関係にやきもきする幼馴染のピンク髪のクラスメイトのリリア。そして、悪魔を巡る様々な各所思惑が犇めく中、アルトの、ヴェルメイを守る位強く、そして、偉大な魔法使い「魔導を極めし者プラチナスクエア」を目指す成長物語。
大体、おっぱい。ヴェルメイさんのおっぱいが兎に角気になる。ふとした瞬間に揺れる。ご都合主義に、アルト君が手違いに持っていた姉のお洋服、童貞を殺す服によく似た形状の、セクシーミニスカニットワンピも。そして、アルト君から借りた、サイズの合っていない、どうやって着たのかという、主に気になるパンツのボタンが留められない、むっちりボディ。更には、そんなおっぱいにはならんやろという制服。専用に誂えたのなら、大きめのワイシャツ着せてやれよと。こんなん、気になって仕方がないよ。それと、制服と言えば、生徒会の眼鏡のシャツだけスタンドカラーフリルなのも気になったけれども。
物語りは、アルト君の成長物語とか、悪魔の力を巡るあれやこれや、ヴェルメイさんの過去など、色々あるのだろうけれども、おそらく主軸がアルト君とヴェルメイさん、人間と悪魔との、生徒会長曰く奇跡の愛の物語りなのだろうなと思う。だけれども、11話ラストから最終話の冒頭の告白が、オレ以外にお前の味方はいないんですみたいな言い回しでラブになるの、なんか、怖かった。アルト君の胸の中で過去の記憶に泣くヴェルメイさん。宥めるアルト君。「よく頑張りましたね」「ヴェルメイさんを嫌いになりません」「例え世界中の全てがあなたの敵になっても、僕だけは傍にいます。僕はあなたとずっと一緒に生きていたい」「好きです。ヴェルメイさん。もうあなたを絶対に1人にはしない」「厄災がなんだ。誰もヴェルメイさんを見てはいないじゃないか」「もう二度と僕のヴェルメイさんには触れさせない」書き出してみると、そんなおかしなことは言っていないのだけれども、言い方と状況なのかな。なんだか、2人の世界を築きたくて、他の介入を望んでいない雰囲気で、自分だけに依存させようという感じ、主人公、サイコパスっぽい。支配的。いや、召喚士と使い魔という関係性上、これで良いのかもしれないけれども、駄目だ。多分、見せ場だったのだろうけれども、盲目的に感動できなかった。
終始、アルト君とヴェルメイさんの2人がメイン過ぎて、他のキャラも良いのだけれども、活かしきれていない感じかちょっと残念だった。マルクスとか結構特徴的で良かったと思うのだけれども、リリアだってもうちょっと活躍してもと思ったり。なんだろう、本当に脇役でしかなかったなと。
最後、しおらしくなったヴェルメイさんが、個人的に優位な感じのお姉さんを望んでいたので、こうじゃない感が凄かった。そんなギャップ萌えとか、デレとかいらないから、もう、もっとおネショタでいて欲しかった。そんな一歩後ろに控えるヴェルメイさんなんて望んでいなかったのだよと思ってしまった。
結構色々伏線的な物が詰め込まれていたが、なんだか、女神の存在もあったりして、すっきりはしなかった。まぁ、最終的にヴェルメイさんがアルト君の元で救われたので、それはそれで終わったのかなと。原作が続いているから仕方がないのかもしれないが、もやっとはする。
総表として中の中。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

『黒の召喚士』

全12話視聴完了。なろう系の異世界転生と転移の複合型。
ストーリーは、主人公ケルヴィンが異世界転生をした所から始まる。しかし、ケルヴィンには前世の記憶がなく、それと引き換えに高ランクのスキルを得ていた。そして、女神メルフィーナすら配下にしていた。ケルヴィンは異世界で女神をガイドとし、冒険者として生活を始めるが、その特質した能力と、戦闘狂の性格によってあっという間に注目の高ランク冒険者となり、更には英雄へと成り上がる。
バトルストーリーとあるのだが、なんとなく、主人公に明確な目的がないと、物語りがぼんやりするなと思った。
転生前の記憶がないのもこの主人公の特徴なのだけれども、記憶ってその人の人となりを作るのに重要な要素で、主人公人もその記憶に対して無頓着に見え、この異世界転生は主人公がチート能力を得る理由付けための概念でしかないのかと思ったが、途中、女神による転移召喚と転生召喚の説明があり、勇者パーティーの最早拉致とも言える異世界転移の状況を語る場面があたったり、主人公自ら新たな勇者を異世界転生させたりと、チート無双ハーレムを基盤としているが、何と言うか、主人公が異世界転移、転生を自ら行い、神化していく物語りになるのかなと思ったり。そのために前世の記憶はない方が都合が良いのかなとか、まぁ、原作を読まないと何とも言えないが、そんな印象を受けた。
ただ、前世の記憶がなくても「お米が食べたい」と身体が求めるの。何処までも炭水化物。わかりみしかない。そしてそう願って、和風ファンタジーワールドがあり、お米がある程度にご都合展開。仲間になった魔王の愛娘が米俵を担いでいく姿は面白かった。
異世界冒険者、宿屋に住むパターンが多いのだけれど、気の良い女主人と食堂併設の宿屋って暮らしやすそうと、Booking.comでドミトリー検索しちゃったよ。1泊3000円で30日間90000円。水道光熱費込み。宿に寄るけれど、ドラム式洗濯機もあるし、共同キッチン、ドリンクバーなども、ワークスペースやカフェバーだって併設されているところもあるし、このお値段だと座敷牢みたいなお部屋なら個室も可能で、これは寧ろちょっと暮らしやすいのでわと。まぁ、ケルヴィンは自分の家に城を買うのだけれどね。
個人的に良いなと思ったのは、奴隷のいる世界観で、主人公は冒頭でハーフエルフの可愛い奴隷を購入し、戦えるメイドとして仲間になるのだけれども、奴隷に対して奴隷だからと言うのがなく、だからと言って、奴隷の善悪に触れることなく、宿屋の女将すらそれを受け入れいていて、不思議な印象だっったけれども、嫌いじゃないなと思った所。
物語りは主人公がS級冒険者になり、更なる強い対戦相手にわくわくしたところで終わり、物語はまだまだ続くという最後で、全然、きりが良くないよと思った。第2期があるのだろうな。すっきりしない。そんな感じ。
総表としては中の中。なんだろう、すぐに忘れてしまいそうな作品ではある。

 

youtu.be

youtu.be

『後宮の烏』

全13話視聴完了。
中華系ファンタジー。絵が綺麗で丁寧に作られているなという印象。
ストーリーは、後宮の奥深くにある前王朝時代から存在する夜迷宮。そこに住むのは、妃でありながら夜伽をしない特別な妃、烏妃(うひ)。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまでなんでも引き受けるという。普段、人と関わることなく、年齢不詳、その存在自体が謎多き孤高の存在だった。烏妃の名は寿雪(じゅせつ)。物語りは、その寿雪の元に皇帝である高峻(こうしゅん)がある落し物の持ち主を探すために訪れた所から動き出す。ずっと一人だった寿雪の侍女となった、元飛燕宮の宮女だった九九(じゅじゅう)を始め、次第に様々な人と関わる様になる。そして、後宮を中心に、幽鬼が関わる不思議な事件をその能力を使い次々と解き明かして行く。そして、次第にそれは歴史を覆す秘密を暴くこととなっていく。
主人公、寿雪の黒髪に黒い衣装に白く浮き上がる肌。赤を使った化粧。金色の飾り。単純に美しいなと思う。そして、その能力、髪に飾った大きな薄桃色に光る花を手に取り、息を吹きかけて発動させる術も綺麗で、思わず見惚れてしまう。あれは頭の花なのだろうか。急に元に戻るので、何処にスペアがあるのか気になって仕方がなかった。なんだか謎だなと。ただ、その存在やデザインの大人びた設定に対して、人と関わらず過ごして来た故の鈍感さというか、世間知らずさ、幼さのアンバランスさが見ていて面白かった。食いしん坊キャラも可愛かった。第1話で出て来た蒸したての蓮の実の餡の包子は美味しそうで、それに夢中になる姿は印象的だった。
第11話で「私は人と関わって弱くなった」という寿雪に「16の少女ということを思い出せ」という高峻は、鳥妃から解放しその運命から自由にしようとする高峻の気持ちが、単なる寿雪の不思議トラブル解決物語りの後ろで動いている物語の主体なのだろうなと。前半の高峻と恋愛関係になるのかなと思わせぶりな流れからの、奇妙な友人関係。どうなってしまうのだろう。
色々な思惑や暗躍があるのが前提なのだが、根本的にメインのキャラクターが優しいので、物語の舞台との違和感があったように思えた。最終的に比喩的表現で終わるのも、小さな物語は把握しやすいが、全体としてはじっくり見ないと難しいなという印象。きっとあの白い髪を黒く染めて、隠さなければならない血筋的問題も重要になってくるのだろうが、取り合えずなんとなく寿雪は前鳥妃から愛されていて、前鳥妃も寿雪の存在に救われていた所があり、寿雪には高峻がいる。それに留まって終わったのかなと。原作も面白そうだなと。
総表として中の中。

 

youtu.be

youtu.be

『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』

全12話視聴完了。
悪役令嬢、パーティーで婚約破棄から始まるバッドエンド回避物語り。乙女ゲーの世界への異世界転生。魔法が存在し、魔王のいる、中世ヨーロッパ風の世界。婚約破棄をきっかけに前世の記憶を取り戻すパターン。基本ラブコメ
ストーリーは、そんな主人公アイリーン。破滅ルートフラグ回避のために、ラスボス魔王クロードに求婚する。フラグ回避のための強引で無茶苦茶な行動のはずか、次第に、クロードの魔物を大切にする優しい人柄に、その不器用さに、実はエルメイア皇国の第一皇子にも関わらず、魔王の生まれ変わりの証である赤い目を持って生まれたが故に追いやられたその立場など。アイリーンは次第に魔王に惹かれ、魔王も、破天荒ながらもその魔王城の抱える問題を解決しようと懸命に動き、魔族を大事にする彼女に惹かれ。
原作漫画を読んでいたのだけれども、アイリーンが魔王の従者であるキースが魔王城を救うために魔物の密売をしていたことを突き止め、その事態収拾に奮闘し、暴走しかけた魔王を止め、無事に二人が婚約を。までで綺麗に終わっていたので、それで終わりだと思い込んでいた。まさかその続きがあったなんてと。男装学園潜入編。結構無茶苦茶。ただ、個人的にそんな展開でもアイリーンとクロードの間にある淀みないラブな関係性が見ていてほっこりした。
ただ、悪役令嬢物に続編版を作って面白かったことってそんなないなと。キャラクターで押し切るにも、長くなると無理が出る。悪役令嬢の出て来る乙女ゲーム自体、何処にあるという所があるので、悪役令嬢自体が最早、概念だからなと。
最後、どうしようもなくなると復活をして皆を持って行く魔王は、なんだか、それまでがボロボロ過ぎて素直に格好良いとならなかったよ。完全ヒロインポジション。色々やったリリアを許し愛する第一皇子セドリックの方が寧ろお前成長して、ちょっと冷めた感じのどうしようもなさが良いなとなった。
結婚式で終わるって、ちょっと童話っぽくて良かった。
音楽好きだった。OPもEDも格好良い。特にEDの曲調と切り絵風の絵が動くのは癖になるので繰り返し観たいなと思った。
総表として中の上。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be