アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『空戦魔導士候補生の教官』

全12話視聴完了。

あれ? これって二期目なのかな。続編なのかな。そんなスタートだった。最終回でさらりと魔甲蟲の力どうので種明かし的な感じの言葉があったけれど。

物語りは、突如現れた人類の敵である魔甲蟲の脅威により空へと追いやられた人類は、その居住区を浮遊都市に移した。そこで魔力をもって対抗する「空戦魔導士」を生み出し、その育成機関である学園「ミストガン」。そこに通うカナタは元エースでありながら「裏切り者」の烙印を押された学園一の嫌われ者であったが、連戦連敗である学園際弱である「落ちこぼれ小隊」の指導教官に任命される。

ピンク髪のツンデレ単純おばかなミソラ。ロリ巨乳で小動物系で極度の上がり症のレクティ。自称女神の生まれ変わりであり自意識の高い黒ロングヘアーのリコ。以上の3人が落ちこぼれ小隊のメンバーで、他にツンデレツインテのカナタに憧れていたユーリが最終回でカナタの小隊に入ることになる。ツンデレ、二人は多いと思うが、最近、ツンデレたくさん出て来るアニメ増えたよね。

まぁ、よくある学園主人公のハーレム物で女の子が戦いますってやつでした。ストーリーの流れも、当初嫌われていた主人公が各美少女キャラを攻略し、最後は敵と戦って終わり的な。特徴的な部分は主人公が教官であり、美少女を指導する立場であるという事位かな。

最終的に魔甲蟲の力を手にし、ユーリに恋をした勘違い男であるレアルが敵だったわけだが、なんというか、魔甲蟲って何だったの、敵って何? で、結局カナタは何で裏切り者だったわけ? 2期あるのかな。凄く長い冒頭って感じのアニメ。そして落ちこぼれ小隊は結局うやむやになった「ミストガントーナメント」の戦いで優勝とかそういう、周りに認められることもなく。何一つすっきりしなかったよ。敵を倒しても、知っている人がいれば良いやみたいな感じで、なんというか、なんだかな。敵と戦うために作られた軍事学園みたいな所で修行しながら、学園トーナメント。良いのだけれど、そこをメインにされてしまうと結局何と戦うのとわからなくなるよ。

総評としては中の中。原作とか知らない人にあまり向けられて作ってなかったかなという印象。後はOPが好きだったかな。

 

 

D.O.B.(初回限定盤)(DVD付)

D.O.B.(初回限定盤)(DVD付)