アニメ視聴否忘失録

日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。

『ステラのまほう』

全12話視聴完了。

もう、タイトルで勝手にまほう少女物であることを疑わずに見始めちゃったよ。最も、あんな可愛い女子高生がきゃっきゃうふふで同人ゲーム作っちゃうとか、自分には魔法度同じくらいファンタスティックではあるのだけれども。

ストーリーとしては、安定の芳文社。ゆるっとふあっと可愛いねだった。田舎の中学から都会の高校に進学した主人公。頑張り屋さんの真面目な、本田珠輝ちゃん。同人ゲームを作る「SNS部(死んだ魚の目日照不足シャトルラン部)」に出会い、みんなが楽しめるゲームを作ってみたいと、入部することとなる。先輩や幼馴染たちと、右も左もわからないけれど、みんなで一からゲームを作ってイベントで売っちゃうよ。そんなお話し。

全体的に印象が凄く薄かった。キャラクターも、主人公が頑張り屋さん。凄く偉いな。色々なことに真っ直ぐに向き合うね。悪意に弱いけれど、意外と図太い一面もあったり、とにかく一生懸命なんだよね。思わず応援したくなるね。ということだけが残って、他の先輩方とか、あまり記憶に残らなかった。多分、個人的にツボが合わなかったのだろうなと。その分、ゆるっとふわっと見られるので安心。

第1話で、素人にも関わらず入部する事に心配するたまちゃんにきつい事を言ってしまった部長さんに、関先輩が「失敗も挫折もあるだろうけれど、4人もいたらなんとかできると思うんだ」と言っていて、ゲーム作るのに4人ってすくなくないかい? ともやっとしたのが、作品全てに通しての印象と同じだった。

因みに『ステラのまほう』というのは、たまちゃんが入部して最初に作ったゲームの名前だった。

総評としては中の下。EDにキャラクターが一切でなくて、電子な感じだったのが意外で良かった。

 

 

 

ステラのまほう 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ステラのまほう 1巻 (まんがタイムKRコミックス)