アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『星合の空』

12話視聴完了。中途半端。打ち切りなのか。なんか、全てが途中。残り12話作るのかな。このまま不完全燃焼の完結しない物語のまま放置されるとか、本当に耐えられない。が、ストーリーがしんどくて、観るのも辛い。すっきり終わるのだろうか。彼らは救われるのだろうか。なんか、何もかもが許されざる中途半端さ。

男子中学生の群像劇。舞台は廃部寸前のソフトテニス部。

主人公は、ストーカーでDVで金の無心に来る父親から逃げるために母親と引っ越して来た桂木眞己。彼の幼馴染だった新城柊真はソフトテニス部の部長で、夏の大会で一勝するために、眞己をお金で入部させる。そして、真面目で一直線で、優秀なプレーヤーで母の愛を一心に受ける兄を持つ。副部長の布津凜太朗は養子で養父母の期待に応えようとする一方で、本当の母親の影を追う。曽我翅は父親とサッカーを辞めたことをきっかけに上手くいかなくなり、試合前に揉み合って階段から落ちて手首を骨折する。竹ノ内晋吾は異母兄妹の杏ちゃんと仲良しだが、義母は娘ばかり可愛がって二人が仲良くすることに難色を示している。雨野樹は幼少期に母親に虐待されていて背中に火傷の痕があり、姉はソフトテニス女子部の副部長。月ノ瀬直央は過干渉な母親を持ち、そのストレスで虚言癖がある。石上太洋は両親が過保護。マネージャーの飛鳥悠汰はジェンダーで悩んでいて、母親とそのことで確執がある。そして、主人公と同じマンションで絵を描くことが好きなオタク女子的御杖夏南子ちゃん。

皆、これでもかという位に問題をため込んで、色々あるさ。大変だよ。そんな問題を抱え不真面目だった彼らは、眞己君の並外れた運動神経と体力と、アドバイスに次第にソフトテニスに夢中になっていく。

なんだろう。何も解決していないのだけれども、コートの中では自分とソフトテニスしかなく、別の世界なのだなと。試合は各々の抱える問題とは別のところで進行するから、もやもやして観ていたはずなのに、なぜか達成感がある。個人的に、スポーツのこういう所が良くて、苦手だ。

曲、OPもEDも良かった。でも、EDのダンス、良かったけれど、あの問題はいつの間にかクリアになっていて、これは単純に良いなと言って良い状態になったのかな。謎で良かったと言えない。

総評としては中の中。完結したら良い作品だったと言えるのだろうなという気配はあるが、中途半端過ぎて誰にも勧められない。

 

youtu.be

youtu.be

第1話

第1話

  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: Prime Video
 
水槽/髪飾りの天使 [星合盤]

水槽/髪飾りの天使 [星合盤]

  • 発売日: 2019/11/06
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
籠の中の僕らは

籠の中の僕らは

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: MP3 ダウンロード