アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『私に天使が舞い降りた!』

全12話視聴完了。

女子大生と女子小学生の百合でロリ。まぁ、百合は良い。ロリもロリで良い。だけれども、女子小学生の精神年齢を上げて、女子大生の精神年齢をコミュ障がなどで精神年齢を下げて見せて、犯罪感を軽減させて見せているように思えて、どうにもこうにも受け入れ難かった。

オタクで人見知りのコミュ省な女子大生のみやこ。ある日、みやこの妹である天真爛漫な小学生のひなたが連れてきた天使のような小学生のはなちゃん。みやこはその愛らしい少女であるはなちゃんに夢中になる。どうにかこうにかはなちゃんに近付き、自作のコスプレ衣装を着せ、写真を撮りたい。そのためらなば、得意なおかし作りで餌付けして。もう、大人気ない行動の数々。更には、隣に引っ越してきた、ひなたたちと同じ歳の自分が世界一可愛いと思っているハーフの乃愛ちゃん。高校時代の同級生でみやこのストーカーの香子さん。そんな彼女達のどたばた百合的ほんわか日常コメディ。

第一印象としては、もう、性格が悪い。ちょっと不快に成るレベルで、だった。はなちゃんに一目惚れしたみやこがはなちゃんを呼んでお菓子を振舞うのだが、まず、そのお菓子の量が、夕飯前の小学生に与える量ではなく、何も考えずに自分の欲求を叶えるために、というのが創作物ながら眉を顰めてしまった。でもって、ちょっとセンスのよろしくないはなちゃんの私服を「くそみたいな服」と言っちゃったり、そもそもはなちゃんのことを良く知らず、ただビジュアルを重視して惚れ、人格を無視し、着せ替え人形的扱いをする印象を受けたり。ただ、みやこの性格やら行動の良し悪しがどうのではなく、一貫してその行動に迷いがないんだよね。

一見、ほんわか可愛らしい絵柄だから、可愛らしい癒し系ストーリーを期待しちゃったけれども、そもそもそれは単なる視聴者である自分自身の勝手な思い込みと希望でしかなかったのだよなと、ふと気付いたのだよね。そもそも、可愛らしいキャラクターの性格が全て良い必要性などないし、日常物だってほんわか癒し系である必要性など何処にもないのだよねと。そんなことを教えてくれるアニメだった。

ロリ、基本的に大好きです。二次元限定で。なので『苺ましまろ』とか夢中で観ていました。そんな自分が個人的に大ヒットだったのは、第4話「ちょっとお話よろしいですか?」の水着回のOP前の冒頭のシーン。いや、水着が良かったとかではなく、ビニールプールサイドで優雅にみやこの作ったしろくまを受け取るはなちゃんのお手手。ソーダ水を一気飲みし、与えられる事を当然とした風情で、でも幼さ故の単純さを残しつつ、手のを伸ばし、すっと受け取って、スプーンでそれを口に運ぶ一連の流れ。滅茶苦茶良かった。その後のスク水苦手なみやこが乃愛ちゃんが一番と安易に嘘を吐き、はなちゃんは誰が一番とか言うのやめましょうと言いつつ、嫉妬している風で。その一方でみやこはそれを総スルーしてはなちゃんが一番と言う所。そういう作られた無神経さがこのアニメの見所なのかなと。

最終回は一個前からミュージカルで作中作品。みやことはなちゃんの関係性を表した感じなので好き嫌いは別れると思う。

総評としては中の中。

 

youtu.be

『もにょっとした気持ち』

『もにょっとした気持ち』

 
私に天使が舞い降りた!: 1 (百合姫コミックス)

私に天使が舞い降りた!: 1 (百合姫コミックス)