アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『うらみちお兄さん』

全13話視聴完了。
漫画だとあまり気にならなかったのだが、アニメになると、子供が物語を動かすための小道具としてしか存在していない状況ということに対しての不自然さが際立った。そして、裏道お兄さんが情緒不安定で、大人の悲哀を語って聞かせているのが、これはちょっとした虐待ではないのかと思わずにはいられず、それをコメディとして流せない嫌悪感があった。ブラックジョークなのだろうなとは思うよ。だけれども、だからといってまだ成長途中で情緒が育っていない子供に、憧れの存在である体操のお兄さんが己の偏った価値観を普遍的な物であるかのように語るのは受け入れがたいよ。それが面白さよりも勝ってしまった。
幼児向け教育番組のパロディ的ブラックコメディ。主人公は体操のお兄さん、表田裏道。そして、裏道お兄さんの後輩である、ウサオ君の中の人であるヤンキー兎原とクマオ君の中の人である無表情な熊谷くん。下ネタ大好きいけてるお兄さん。歌の仕事を転々とした、お笑い芸人の彼氏がいるが、結婚願望強めなうたのお姉さん。彼らを中心とした、MHK教育番組「ママンとトゥギャザー」の一筋縄ではいかない出演者とスタッフたちの日常。
そもそも裏道お兄さんの人柄は個人的に愛すべき人柄だとは思うよ。ただ、「ママンとトゥギャザー」がどれほどの番組かはわからないけれども、体操のお兄さんってかなりの勝ち組職業じゃないかなと思うのだよね。イケメンで、体育大時代に全国大会で1位とか、元オリンピック選手候補とかだよね。かなり凄い人だよ。まぁ、精神を病むどうのとは関係ないけれども、いや、あんな病んだ人間を子供向け番組に出しちゃ駄目だよね。とか、根本的設定になってしまいがち。でもそんあ裏道お兄さんを受けれ入れている職場ってちょっと良いなとは思った。

誰にでも、毎日、疲れた、しんどい、辛い、何もしたくないと思うことはあるよね、それでも明日は毎日来るからね。仕方ないね。同じ明日を迎えるなら、面白可笑しい方がよいのだけれどね。難しいね。頑張ろうと思う。
総評として中の下。

youtu.be