アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『刻刻』

全拾弐刻視聴完了。

絵が派手になっている。先に漫画を読んでいて、凄く綺麗にまとまった面白い作品だな。だた、本当に面白いのだけれども、とても地味。漫画としてもストーリーとしても構成も画力もとても良いのに、とにかく華がないな。そんな印象だった。だから、アニメ化と聞いたとき、萌的要素が一切ない、寧ろ絵的には微妙なおっさんばかりなこの漫画をどうするのだろうと。特にお父さんとか画面アップとか、絶えられない絵面だろうとか。大丈夫なのかと。

目が大きくなっていましたね。主人公の佑河家の次女の樹里ちゃんの目が凄く大きくなって、髪型も変わって、で、エプロンではなく白いロングカーデとか。イメチェンが激しいぜと。エプロン好きだったから、ちょっと残念。更に、佑河家の希望の星で樹里ちゃんの甥っ子の真君も目が大きくなってちょっとした美少年。この2人、女子供が可愛くなると随分画面も華やぐものだと思ったわ。尤も、アニメ化に辺り色が付くというだけで、大分印象は変わるし派手にもなるのだけれどもね。なんだろう。漫画が地味な分、凄く頑張ったなと。

主人公の就職活動中の佑河樹里。無力の父の貴文。ニートの兄の翼。隠居の祖父と母親。シングルマザーの妹の早苗。甥の真。貧乏ながら平凡な暮らしをしていた何てことない家族。しかしそんな佑河家には代々伝わってきた「止界術」という秘密があった。森羅万象が止まった“止界”に入る事が出来るという。ある日、真と翼が誘拐され、その救出のためにやむを得ず止界術を使うが、そこにいるはずのなかった自分たち以外の動く人間たち、襲われる。その止界術を崇める「真純実愛会」と、止界術を使用する際に必要な石を巡り、止界とは何か。家族を守るため。佑河家の、樹里ちゃんの奮闘物語り。

アニメ、凄く良かった。『刻刻』はとても良い漫画であったけれども、だからこそ印象に残らない。このまま面白い漫画の海に埋もれて消えてしまうのかと思っていた作品だった。それをアニメの良いところをプラスして、華やかな作品に消化された気がする。

個人的に好きだったのは、漫画だとさらりと読み流していた、お兄ちゃんが真を助けるためにナイフを持った真純実愛会のメンバーと戦うシーン。最終的にお兄ちゃんは後ろから服で首を絞めて殺すのだが、それをアニメでは㐧陸刻冒頭にて動いているからこそ栄える格闘シーンで魅せて来たなと。ヘタレながらやる時はやるお兄ちゃん、良かった。

ラストは、止界に留まることを選んだ樹里ちゃん。赤子になった佐河を育て、止界から出し、一人になって静かに狂っていくのだが、そこに突如現れた石を作った人の嫁という、ご都合主義的終わりで賛否両論あるような終わりではあったのだけれども、個人的には好きだった。樹里ちゃん、止界から帰れたし。ハッピーエンド的な。

総評としては上の下。EDで樹里ちゃんが何故か下着姿を披露しているのはちょっとし意味がわからなかった。いや、そんなキャラクターでもストーリーでもなかったでしょうとか。でも脱いだら華やかだし。なんかお洒落演出されているし。なんか、あんな地味な作品が、OPとEDで一気にお洒落アニメにされた気がする。

 

youtu.be

 

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]

 
刻刻(1) (モーニングコミックス)

刻刻(1) (モーニングコミックス)