アニメ視聴否忘失録

日々ただ消費するアニメの個人的感想帖です。

『かげきしょうじょ!!』

全13幕視聴完了。
過激かと思ったら、歌劇なのだね。宝塚オマージュ。
舞台は大正時代に創設された、未婚女性のみで構成される舞台「紅華歌劇団」の人材育成を目的とする紅華歌劇音楽学校。難関試験を潜り抜け、入学した第100期生。主人公は、下町出身、歌舞伎と色々あって、今はオスカル様に憧れる高身長の規格外少女、キラキラお目々に金髪ブルーのグラデのふわふわツインテ、印象的な渡辺さらさ。そして、元国民的アイドルのななっちこと、奈良田愛。男性不振でトラブルを起こし、強制卒業。男性のいないことを理由に入学した紅華歌劇音楽学校。無表情無関心で友達童貞こじらせた彼女はさらさに出会ったことにより、彼女の横に立ちたいと思うようになる。希望と葛藤に満ちた音楽学校生活。青春スポ根ストーリー。
主人公の好感度にこの作品の面白さが大きく左右されるなと。非常識ではあるので、天真爛漫明るく素直可愛いだけでなく、ちょいちょい、第3話の冒頭のお弁当に「人が作ったお弁当美味しそう」とか、細かい所で健気で憎めないキャラクター性が出て来て調整しているなと。
まぁ一番非常識に感じたのはあのアイちゃんの親戚の太一先生。同じ生徒に受験の評価を聞かせるのとか、口が軽い一番信用ならない。孝三郎兄さんも。あの経緯でアカウントゲットして、成り済ましで大人ぶった返事。まともな男が出て来ない。ななっちのあのナンパとかヲタクの彼とのやり取りも気持ちが悪かった。結果をこう持っていきたいからこう動かしている漂うご都合主義感。
なんと言うか、大人が大人ではないのだよね。必ずしも大人が大人でならなければいけないということはないのだけれども、それでも、守秘義務も何もない太一先生。更に、第5話の山田さんの問題は、こういう生徒が他にもいるはずなので、あんな先生が寮に行って説得する以外にもっとやりかたがあったのでわとか。スクールカウンセラーとかいないのかな。全寮制の学校としてサポート体制がないって怖くないかとか。
なんというか、リアルと非現実的な描写のバランスが悪く感じた。少女漫画ならもっとふんわり。青年誌ならもっとリアルに。中途半端感。途中から、話しの雰囲気がガラッと変わるのは何なのだろうと。原作漫画の掲載先が「ジャンプ改」から「MELODY」に移動したというのを知ってなんだか納得してしまった。おそらく、個人的に、後半、一気に見やすくなったのは少女漫画に振ったからなのかなと。
前評判を先に目にし、百合という感想が多かったのだが、百合だったのかな。よくわからなかった。
毎回、引きが上手くつい一気に見てしまった。が、これからどんどん面白くなりそうなところで終わってしまったので、続きが気になる。
総評として中の上。

 

youtu.be